この頃思うこと cellonon.exblog.jp

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧
植木をチョッキンチョッキン刈ることを
私達は「葉刈り」と言っていますが これは地域限定用語のようで
実際には 枝も切るので 剪定というのでしょうか?

とにかく 年に一度の植木屋さんのお仕事の日です。
今回は 屋根の樋(とい)のお掃除もしてもらうので
昨日と今日お願いしました。

昨日は二人 今日はお一人で
朝から夕暮れまで チョッキンチョッキン ガーガーぶーぶー
おかげさまで ジャングル小庭は 期間限定で 庭らしく変身しました。
冬の間は雑草も生えないので 春までは 大丈夫でしょう。

自分ちの庭とは思えない画像です(笑)

f0322282_16234017.jpg



ここに引っ越してきた頃は まだ30代だったし
植木も小さかったので 私達だけで 刈っていました。
でも寄る年波で~ いつからかプロにお願いすることにしたのです。

植木屋さんの料金は 高いなあ~と常々思ってきましたが
うちは年に一度しか頼まないので
私が毎月ヘアーカットするより安いことに気づきました。
(でも私は 三ヶ月に一度しか行かない 省エネ主婦なのですが(笑))

たくさんの木を刈り込んで 下草の処理もして
オマケに今日など 屋根に上って 樋のおそうじまでするとなると
危険を伴いますし 大変なお仕事です。
でも チョッキンチョッキン切っている時は
とても楽しそうに見えます。

樋には 枯葉が積もって 土のようになってしまい
まるで北欧の屋根のように ちらほら 雑草が生えていました。
午前中 私の留守の間に 一人で屋根に登られたので
落ちないようと願っていました。ロープをつけると言われてましたが
目撃できなかったのは残念~(・_・ゞ-☆


ちょっと コワイこと

夫が夏ごろ 某デパートのカードを持つようになったことは
覚えています。
でも 今は名義が違う人のは使えないはず、たとえ夫婦でも。
それなのに 私宛にバーゲンの案内が届いたので不思議でした。
夫のカードでも買えるのかどうか 電話してみたら。。。

ちゃんと私用の家族カードも発行されていると言われました。
今朝 夫に尋ねたら 家族カードは作ってないと言っていたのに
まあ 物忘れがひどいわねえ 失くしてしまったのかしら???

でも何気なく カードなどを入れている引き出しを見たら~~~
あったのです。私名義の家族カードが ( ̄□ ̄;)
そして ちゃんと自分でサインまでしてありました。

じっくり記憶をたどると 
たしかに サインして しまっておいた場面が
よみがえってきました。

これって 夫といい勝負?
いや 私の負けかしら(笑)

私がほとんど行かない大阪のデパートなので
私の頭の中には必要事項として記録されなかったのでしょう。
そういう分析にしておくことに。。。


















[PR]
# by nonkonogoro | 2017-11-17 16:42 | Comments(3)

「不思議な店」

隣町には 一風変わった店があります。
私のウォーキングコースの最終点なので
何度も その店の前を通ってはいるのですが
開いているのか それとも閉まっているのかもわかりにくく
道路側のショーウインドウに飾られた商品は
いつ見ても同じようで
骨董品のようでもあり 古着もあるような~

そんな 思い切り ウエルカムな雰囲気ではない店なのです。


でも先日 どうしても時間つぶしする必要にせまられて
近くの店を物色しましたが。。。
もう一軒ある宝飾店は こんな場所には不釣合いなほど
高価な商品が飾られていて~
お気軽に足を踏み入れてはいけないようなオーラが出ていたので
パスしました。 後は塾とコンビニと お花屋さん。

ということで
初めての挑戦! その不思議な店に突入。( ̄▽ ̄)V
年を取れば もう何もコワくはないわ~

迎えてくれたのは 品の良いおばさまだったので ほっとしました。
(胡散臭いおじさんバージョンも想像していたので)


内部は 狭く 細長く
一面にガラクタのような物が置かれてありますが
棚の中には キラキラ光る物があるようです。
覗いてみたら
素敵な指輪もありました。
値段をお尋ねしましたら。。。

19万円   ( ̄□ ̄;)


えっ えっ こんな店なのに(失礼な)
これは 彼女が仕入れてきた新品のようです。
とっても素敵だけれど 今は持ち合わせがありません(笑)
まだ 時間があるので
あれこれ 商品を眺め お値段を尋ね~

結局 買ったのは この2点


f0322282_10005534.jpg

左側のは スパンコールで
右側のは 一応 象嵌細工?

両方で  1000円でした。
と~っても安くて これからの季節に 気軽につけられるブローチです。

この雑多な商品の中から
一番チープな物を選び出す自分の能力に 乾杯~(^^)/



明日植木屋さんが来るので
今日のうちに 記念撮影。


f0322282_10034850.jpg


 ↓これは。。。

 夏に白い花を楽しませてくれた タカサゴユリの 成れの果て(笑)
 でも 私は この姿も結構気にいっているのです。

じっと見つめると
ほうかむりした顔に見えます。アラブの女性?


f0322282_10040289.jpg








[PR]
# by nonkonogoro | 2017-11-15 10:10 | Comments(2)

「ミュシャ展」

チェコ出身の画家・ミュシャの作品展に行ってきました。
京都駅にある 美術館「えき」で 26日まで開催されています。

私は 特にミュシャの作品のファンではないのですが
今回の展覧会のテーマ曲を「マリオネット」が担当しているというので
行くことにしたのです。
JRの伊勢丹デパート内にあるので とっても便利です。

入るとすぐに 解説映像が流れていたので(8分)先にそのビデオを見ることにしました。でも音楽ばかりに集中しているので 解説は半分位しか耳に入ってきません(笑)

ミュシャは
フランス アメリカでも活躍し
有名な女優のポスターなどで有名になったそうです。

これまでにも ミュシャの作品は見たことがあったのですが
ずっと女性だと思っていました。 なんとなく 女性っぽい名前のような~
でも これは名字なんですよね(笑)

今日は平日なので 京都駅も そう混雑はしていませんでした。
神社仏閣は 混んでいるだろうから すぐ帰ろうと思っていたのですが
あまりにもお天気が良いので やっぱり ちょっとだけ。。。

歩いてすぐの 渉成園という東本願寺の別邸に行くことにしました。
以前にも何度か訪れたことがあるのですが 以前に比べて
園内がすっきりしたように感じました。あちこち整備されたのでしょうね。



この変わった建物は 「傍花閣」で なかなか凝った造りです。
階上の部屋から花見をしたのでしょうね。


f0322282_17130051.jpg


f0322282_17124288.jpg

橋の上のカップルは着物姿です。
結婚式の前取り写真撮影をされていたようです。
これだけ遠景だと 写しても大丈夫でしょう。















[PR]
# by nonkonogoro | 2017-11-13 17:23 | Comments(7)
母が80歳を迎えた頃から
母と姉と私+姪 とで 母の誕生日の頃に
小さな旅をしてきました。
毎年 これが最後の旅になるかも~と思いつつ
今年も 無事終了することができました。

母はまあ 一応元気に暮らしてはいますが
あまり遠くへ行くと疲れるし
たくさん歩いて観光~などというのも無理なので
あれこれ行き先を検討しましたが
今回は同じ兵庫県内にある 有名な温泉 「城崎温泉」へと
出かけてきました。
意外なことに 城崎温泉は 姉以外は 初めてだったのです。

三ノ宮(神戸市)から昼過ぎに「特急はまかぜ」に乗ると 
二時間半ほどで城崎に到着します。乗り換えのないのが とても楽です。

駅前から旅館までは たくさんのお店が続いています。
カニの店が一番多いです。
水槽の中では 松葉ガニが 元気に動いています。
そして 温泉客で とても賑わっていました。


f0322282_16422605.jpg


お土産を買って 温泉に浸かるだけの のんびり旅で
外湯めぐりもしませんでしたが 城崎にて 楽しいひとときを
過ごすことができました。

旅館に飾ってあった 白い花に
姉が異常な興味を示したので(笑)
仲居さんにお尋ねしたら 「みやびフローラ」という品種だそうで
ネットで検索しても あまり詳しい説明は見つかりませんでした。

こんな花です。

姉が 何故 格別の興味を示したのかは謎ですが
どうやら 珍しい花のようです。



f0322282_16443003.jpg


大好きな蟹をお腹いっぱい食べることができて しあわせでした。(^^)
娘のいない私には 姪との会話も とっても楽しいです。























[PR]
# by nonkonogoro | 2017-11-11 16:50 | Comments(5)

「詰まっちゃった」

昨日は 父の命日で実家へ。
お坊さんが帰られ

姉がトイレに行き
次に私が行き
そして母が入ったら~
ぎゃ~~~( ̄□ ̄;) という叫び声が!

どうやらトイレが詰まったようで
あっという間に トイレの床は水浸し
まだまだ どんどん 水位は上がってくるようだ。
とりあえず 水道栓を閉める。

しばらくして
水が引いたので また流してみる~~(>_<。)~
何度かやっても無駄なので
あきらめて ランチタイム (笑)


食後 作業を再開したが 変わりなし。
床の水は 新聞紙で吸い取った。

道具がないことには どうしようもないので
近くのショッピングエリアへ 3人で行くことにした。
母の住んでいるのは 山をくずして造られた小さな町なので
高台には スーパーと 少々の小売店しかない。
昔あった市場は消滅してしまった。

トイレ詰まりを直す あの スッポンスッポンする道具は
どうも見つかりそうもないよね~と姉と話していたら
「スーパーの横に 何でも売っている店があるから
そこには あると思う」と母が言うので
半信半疑で その店を覗いてみると
一番奥の隅にあったのです。
正式名称はなんていうかわからなかったのですが
ちゃんとわかってくれたようで
ゴム製のおわんのような物に棒のついた道具を
ゲットすることができました。

その店のオジサンが 登場してきて
使い方のこつを教えてくれました。
水が飛び散るので 大きなビニール袋をかぶせれば良いとのこと。

やってみました。
何故か 私が作業員になってしまったようです。
オジサンの言うとおり ビニール袋をかぶせて
腰に力を入れて すっぽん すっぽん~ スッポンスッポンと
やり続けてみたら 。。。。、成功。(^^)/

実は私は この作業は これまでにも
何度かやったことがあるのです。
でも ビニール袋をかぶせなかったので
水浸しになったような遠い記憶が。。。

ネットで検索してみたら
あれは ラバーカップという名前のようで
他にも 少し形の違う 「パッコンバー」や
真空吸引ポンプなどもあるようです。


その貴重な道具をゲットできたお店は
昔市場にあった 荒物やさんだったようで
狭い店内には オモチャのような物から
食器 鍋 など 一応なんでも揃っているようでした。



庭の隅っこでは つたが静かに紅葉中。。。


f0322282_17412080.jpg











[PR]
# by nonkonogoro | 2017-11-09 17:42 | Comments(5)