「隠岐へ」

ウインドウズI.E.騒動大変でしたね~~(>_<。)~
このままずっとネットができなかったら フラストレーションがたまってしまったことでしょうね。でも私はうまい具合に旅行の日程と重なっていたので
ヤキモキ度は低めでした。
個人の楽しみでやっている分には 我慢すれば良いだけですが 会社や大学・官庁など本当にひやひや物だったことでしょう。

さて 旅の話ですが…
連休の谷間だったので どこも空いていて良かったです。
目的地は 夫も私も 行きたいな~と思いながらも まだ一度も訪れたことのない地「隠岐」にしました。飛行機よりも船の方が不安度数は低い私ですが 今回は先日の勧告の船の事故があったばかりなので ちょっと恐かったです。

隠岐で一泊し 2泊目は同じ島根県の温泉でも~と思ったのですが 有名処は予約が取れず 以前行ったことのある 京都府北部の「夕日ヶ浦温泉」にしました。
かなり移動距離が長いので 鉄子さんにでもなったような気分~(^^)/

 
朝7:35新神戸発の新幹線で岡山へ
岡山からは伯備線で米子まで
米子からは 鬼太郎列車に乗り~境港へ
隠岐へは 境港から レインボージェットという高速船で1時間20分ほど。
隠岐の西郷という港に着いたのは 1時過ぎです。
ふ~っと 一休みするまもなく
レンタカーに乗り込み~
いざ 観光へ・・・
夫は慣れない軽自動車なので 私はやや(かなり)不安(笑)
せめて ナビ入力のお手伝いでも…

まずは 北の端の 「白島展望台」へ 
曇り空なので 残念ながら青い海は望めなかったけれど
竹島まで 161km という標識を見て身が引き締まる思いがしました。
竹島はこの隠岐に所属しているようです。

f0322282_22233876.jpg
隠岐は 大昔は島根半島と陸続きだったり 離島になったりを繰り返してきたそうで 世界的にも珍しい不思議な生態系が存在しているそうです。

「油井の池」という湿地帯は 湿地の真ん中に浮島があって
とても幻想的な風景でした。我々意外には誰もいなくて ただたくさんのさまざまな種類の鳥の声が聞こえてくるだけ…

f0322282_22324386.jpg
「壇鏡の滝」

ここもスピリチュアルなムード満点のスポットでした。
滝への入り口には 鳥居がありました。
雄滝と雌滝の二つがあり 雄滝は なんと滝の裏側から滝を見ることができるのです。

「屋那の船小屋群」
これは 小さな船小屋が連続して長屋のように並んでいます。
杉皮葺きの屋根に浜辺の小石が乗せられていて かわいいです。

f0322282_22392105.jpg
ちょっと疲れてきたので 続きは また 明日…





[PR]
Commented by iris304 at 2014-05-04 21:41
こんばんは ☆
隠岐 興味がありますね〜
私は飛行機より船が苦手です。
海育ちですし海に対する恐怖心等はないのですが
何時の頃からかフェリー苦手です。

竹島まで161キロって やっぱり 目と鼻の先ですよね。
緊張します。

Commented by non at 2014-05-04 22:43 x
irisさん

irisさんは 船の方が苦手なのですか~
飛行機だと 伊丹から50分位で
あっという間についてしまうので
船の利用者の方が少ないかもしれませんね。
この高速船は 1日一便しかないのですよ。

今まで竹島がどのあたりにあるのか
はっきりわかりませんでしたが
標識は矢印になっていたので
だいたいの方向はわかりました。
Commented by アイマイ at 2014-05-05 09:58 x
おお~、隠岐ですか、いいなぁ^^
良い景色ですね。う、羨ましい。

「油井の池」というのがいいですね、鳥の声が聞こえるのですか
世界的にも珍しい生態系なのですね
う~~、見てみたいよ~(夢に終わりそう)

連休はおこもりしてたのです^^;
Commented by non at 2014-05-05 16:40 x
アイマイさん

隠岐は 若い頃から訪れてみたい場所リストに入っていたのですが
なかなか機会がなかったのです。

油井の池
誰も他にいなかったせいもあって
静寂と 小鳥たちの声 浮島の風景など
とても素敵な空間でした。

夫はたまたま連休の谷間に休めたので
ラッキーでした。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2014-05-03 22:43 | Comments(4)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧