この頃思うこと

「歩いたところ」

私たちは山登りはできないので
冬はスキーコースとなっている斜面の小道を
ひたすら歩いていくだけです。
たまには 少し上り下りの箇所もありますが
小さな子供や お年寄りや なんと
生後4ヶ月の赤ちゃんを抱っこした若いママもいました。
f0322282_09093345.jpg

道ですれ違うと
ハローとか グッドモーニングとか その他色々の国の言葉で
挨拶し合います。
こんな感じの道が続いています。
しゃがんでいるのは 私。
花を撮影しているのです。

f0322282_08503181.jpg
一時間ほどの短いコースもあれば
二時間以上のもあり~
この画像の道も 森林限界を越えているので 木は見当たりません。
森林限界とは(極端な環境条件のため森林が成立できない限界線)のことで
地域によって違うようですが スイスの森林限界は1800~2500mだそうです。

そう そして 問題は森林限界ではなく…
私のトイレ限界なのです。( ̄□ ̄;)
私のトイレ限界は ほぼ二時間なので
それ以上歩くと 困難が生じるわけです。
ロープウエイや電車の駅などには ちゃんとレストランとトイレがありますが
それ以外の道には ほとんどないので 我慢するしかないのです。
トイレにあまり行かない人がうらやましいです。

さて
ここらへんには 野生動物はあまり見当たりません。
たまに マーモットという可愛い動物が 姿を現してくれますが
熊もリスもタヌキもキツネも見えません。
牛だけは 至る所に のっそりいて
むしゃむしゃと 草を食べています。
お腹が減ったら いつでも食べていられるという 幸せな環境です。
そして 排泄物もしたい放題なので
この一見美しい風景にも
彼らの 落とした物体が 大きい顔で散乱 道を占領しております。
一応避けては通ってますが…

牛はおとなしいので 決して人間に害を加えたりはしませんが
私たちが歩いていると じ~っと見ているような(笑)
f0322282_09054221.jpg



[PR]
by nonkonogoro | 2014-07-28 09:08 | Comments(4)
Commented by blue-robin2 at 2014-07-28 14:57
こんにちは
スイスにいかれたのですね。毎年でしょうか~~
グリンデルワルド、懐かしく拝見しました。クライネシャイデックまでの高山植物を見ながらのハイキング。アイガーの麓を歩きグリンデルワルトまでのハイキングなどを思い出しました。あのときは何人ものヨーロッパの人たちとあいさつを交わしたりして楽しかったなあなど~~
後、ツェルマットでも湖を巡りながらずいぶん歩きましたが、もっと時間があれば向こうの人たちのように何日も滞在したいななど名残惜しかったのを思い出します。
Commented by non at 2014-07-28 18:27 x
blue-robin2さん

blue-robin2さんも
グリンデルワルトに旅されたことがあるのですね~(^-^)
私は 山としては
アイガーよりマッターホルンの形の方が好きですが
少し遠方になるし 険しい道が多いそうで
もっぱら グリンデルワルトのなだらかな道を歩いています。
夫は何日でもいたいようですが~
そういうわけにも行かず・・・
Commented by アイマイ at 2014-07-28 20:51 x
森林限界ですか、これもまた自然の姿なのでしょうか?
草原の輝きという歌がありましたが、それにぴったりのような?
トイレの限界、はい、私も2時間くらい。スイスは涼しいですから、何か飲めば、もっと短くなりますね。

牛ののんびりした姿、「あなたはだあれ?」と聞いているような~?(笑)
Commented by non at 2014-07-29 08:00 x
森林限界

面白いものですね~
それまであった高い木が 急に見えなくなり
一面の草原のようになる・・・

トイレ限界 3時間くらいに 伸びてほしい(笑)
別に山登りではなくても
日常でも それくらいだと便利ですよね。

牛さん
夫は丑年のせいか 牛の写真ばかり撮っていました。
まつげが長くて 可愛いですよ~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「旅をして思ったこと」 泊まったところ >>