「ミニチュア飾り着物」



ネットのお友達のaokitukiyoさんは
ミニチュア飾り着物の製作家さんです。
今日は 京都で開催されている個展にお邪魔してきました。
高台寺前のGallery圓夢さんで明日まで。

f0322282_17545209.jpg
阪急電車の終点である 四条河原町で降ります。
個展は12時からなのですが 早く家を出てしまったので…
早いけれど 高島屋でランチタイム(まだ11時なんですけど~)
店のオープンと同時に入ったので
どこでも好きな場所にすわっていいと言ってくださいました。
だから 一人だけれど4人席占領。
野菜主体の あっさりヘルシーランチです。

さて これから 四条を東へ~
平日なのに人通りが多いです。
花見小路という昔ながらの街並みにも
人があふれています。
聞こえてくるのは お隣の大きい国の言葉ばかり~

でも 急に静かになりました。
私は ここから 秘密の小路を抜けて行きま~す。

f0322282_18011337.jpg
 石塀小路と呼ばれる 楽しい小路です。
会場の「Gallery圓夢」さんは 高台寺前の「ねねの道」に面しています。

aokitukiyoさんとは 以前にも作品展でお会いしたことがあります。
今日は ネットのお友達のアイマイさん とも会う事ができました。
待ち合わせはしなかったのですが きっとご縁があればお会いできるのではないかなあ~
と思っていたら ホントにそうだったのでびっくり!!

飾るミニチュア着物なので
市松人形に着せているのではなく
特別に考案された アクリル板を使った展示です。
繊細な柄 大胆な構図 一つ一つの作品から作家さんの情熱が伝わってきます。
柄のデザイン・染め・仕立てまで 全てご自身でされています。
こんな気の遠くなるような細かい作業を~それも芸術的な作品を創造しているご本人が
目の前にいるのは なんだか不思議な気がします。
あまりにも自分の性格と正反対のようで…
でも とっても明るくて楽しい方で 博識で~
今日も色々なことを教えて頂きました。
でも ま 全部は覚えていませんが(笑)

「小袖」とは着物の古い呼び方だとか
「お女中」とは一昔前の「女中さん」とは異なるものだとか~

さて 
せっかく京都に来たのだから
清水さんまで 少し足を伸ばすことにしました。
いっぱいおしゃべりしたので 時間があまりないので
二年坂・三年坂だけ歩いて また戻ろうとしましたが
ここも とても賑わっています。
坂をどんどん上り
あれえ~ ここから三重の塔が見えるはずなのに変だなあ~と
近づいていったら
塔は消えていた!! のではなく 白い布が掛けられていて 修復中のようです。
じゃあ 舞台(本堂)の方だけでも~と探すが見えません。 どうやらこちらも修復中。

それでは Uターンしましょう。
坂の上の方から見下ろした光景も なかなか情緒があっていいですね~
おみやげに 栗きんつば二つ買って帰りました。
f0322282_18222482.jpg


[PR]
Commented by アイマイ at 2014-10-27 19:19 x
nonさん、お疲れ様でした。
初めてお目にかかりましたが、とても可愛い奥様という感じでしたよ。aokitukiyoさんとは、当を得た質問をされ、お二人の博識に感心していました。
私も「お女中」は良家の子女の行儀見習い、「小袖」が着物の意味だったこと、江戸時代の女性は立て膝で座っていた、などなど、とても興味深いお話でしたね。

あの後、清水さんまで行かれたのですね、私は神宮道を通って帰りましたよ。雨上がりの景色が良かったです。

今日はnonさんにお会いできて、しっかり者の主婦~、可愛い少女のまま、というnonさんのイメージが出来てしまいました^^
Commented by アイマイ at 2014-10-27 19:51 x
こちらにアップしてます^^
http://blog.livedoor.jp/tosiko2/
Commented by non at 2014-10-27 20:59 x
アイマイさん

ついにお会いできましたね~(^-^)/
先日 アイマイさんの あっかんベー画像を見せて頂いたので 初対面とは思えませんでした。(笑)
赤いリフォーム着物 とってもお似合いでしたよ。
本当に 今日はたくさん勉強しましたよね。

私は博識なのではなくて
しったかぶり専門なのです。( ̄▽ ̄)V

Commented by blue-robin2 at 2014-10-27 22:08
こんばんは
素敵な一日になりましたね(*^_^*)
花見小路には素敵なギャラリーなどもあってよく行くのですが、今日行かれた秘密の小路はしりません。京都は建物同様、奥行きの深い素敵な路もあるようですね。
清水寺は修復中なのですね。
秋の京都、あの舞台から見事な紅葉を見たなあと思いだしています。
Commented by non at 2014-10-28 08:04 x
blue-robin2さん

今度花見小路あたりに行かれるときには
こっそりお教えしますね~(^-^)

清水寺の舞台
本当に素晴らしい建築だと思います。
ずっとずっと あそこに建っていてほしいですから
修復は仕方ないですよね。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2014-10-27 18:29 | Comments(5)