「メール便で~」

いかなごを炊いたので
関東在住の息子①へ送ろうと思いましたが~

一昨年初めてなので 遠慮がちに小さい密閉容器に入れて送ったら
「もっと多くて良い」ということだったので
昨年は 大きな容器に入れて送ったら
「食べきれないので もっと少量で良い。
 容器は使い捨ての方が良い」と 注文の多い息子でして~( ̄▽ ̄)V

ちょうど良い大きさのパックは なかなかなくて
う~んっと 悩んでいたら…
「保存ビニール袋に入れて メール便で送れば~」と
夫が提案してくれました。

え~っ そんな食料をメール便で送ってもいいのかな~
と 疑問に思ったのですが…
手紙以外は 別にダメな物は指定されていないので
やってみました。

1cm未満だったようなので 速達にしても 185円~
ちゃんと翌日届いたので 良かった~(^-^)/

近場の息子②へは 夫が無料配達してくれました。

ここしばらくは
関西から各地へと
いかなごの佃煮が 飛び交うことでしょう。。。










[PR]
Commented by blue-robin2 at 2015-03-10 11:46
こんにちは
関東の息子さんへのイカナゴのお届、その季節がくると毎年届く実家の懐かしい味を楽しみにされていることでしょうね。
食品を送るのって結構、気を使いますね。
私も、関東にいる息子の家へ月1回ペースで思いつきの食品を入れた、息子の妻いわくの「お楽しみ箱」を送っています。
瓶ものなどは緩衝材でぐるぐる巻きにしたりして・・・・。
双方の実家とも遠かった私達、若いころは時々送られてくる母や、義母からの小包嬉しかったのを思い出します。
義母からの、じゃがいも段ボールひと箱にはちょっと参りましたが・・・・芽が出てくるんですもの(笑)

Commented by nonkonogoro at 2015-03-10 16:10
***

blue-robin2さん

息子が一人暮らしをしている頃には
色々送ろうと思ったのですが
いつも 要らない~というので
今でも ほとんど送ることはないです。
帰省した時に 自分の要るものだけ持ち帰っていきます。
イカナゴだけは 一応少量いるそうなので
送っています。

息子がまだ一緒に住んでいた頃は
母が毎年どっさり炊いてくれていたので
彼にとっての懐かしい味は 祖母の味なのかもしれません。


母は 数年前から もうしんどくなって
炊かなくなりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2015-03-09 00:05 | Comments(2)