この頃思うこと

「トイレに行くのもひと苦労」

今日は用事があったので三宮へ~
軽くランチしてから帰ろうと
駅に隣接するターミナルホテルの一階のパン屋さんへ。
店内で食べて トイレに寄っていこうと
店を出たところにある(ホテル内スペース)のトイレに行ったら
鍵がかかっているようだ。
ま どなたか入室中なら当たり前なのだけれど
鍵穴がついていて どうも普通のトイレではないみたい。

あきらめて帰ろうとしたら
パン屋さんから出てきた女性が
レシートに書かれている暗証番号を入れるように言われたと言う。
たしかに ドアの横には こんなものが取り付けられている。
f0322282_15305600.jpg
でも 数字が見えない。。。
二人で ヘンですねえ~と言っていたら
隣の男性用トイレから出てきたオジサンが
「どこかにタッチしたら 数字が出るんですよ」と教えて下さった。

その女性は わけがわからないようだったので
私がタッチしてあげた。
あっ出た出た! その女性はようやく入室。
ドアは すりガラスのようになっていて
手前の手洗いに立つ人は 外からぼんやり姿が見える。
さあ 私も入ります~
でもその前に 番号が現れた所を写そうとしたら
カメラをオンにしている間に 素早く消えてしまう(数秒)
二度も失敗したので もうあきらめて 番号無し状態のを写した。

レジで
「トイレはどこですか?」と尋ねたら
このやり方を教えてもらえるのだろうか?
私はトイレの場所はだいたい知っていたので
勝手に行ったので このシステムを全く 知らなかった。
暗証番号はずっと皆同じなのかなあ~

kのパン屋さんは
以前はレストランだったけど 普通のトイレだったと思う。
きっと海外からの観光客がトイレだけ借りに来るので
こういう対策を取っているのだろうけれど びっくり~
海外では有料のトイレを利用したことがあるけれど
これからは 日本でもこんな風になっていくのかなあ~







[PR]
by nonkonogoro | 2015-06-03 15:42 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「図書館は高齢男性の憩いの場?」 「バナナミルク」 >>