「謎の写真リクエスト」

グリンデルワルトから電車に乗って
ロープウエイに乗って
また 電車に乗って
そして こんなケーブルカーに乗って
アルメントフーベルに到着します。
ここのハイキングコースは 家族連れが多いです。

f0322282_13052414.jpg

そして又同じコースを戻って
クライネシャイデックという駅で降りました。
ここは ユングフラウヨッホ展望台への電車の乗り継ぎ駅でもあるので
いつも たくさんの観光客で賑わっています。

この駅前にあるホテル~私の大好きな風景です。

f0322282_13101203.jpg

ここから ゆるやかなハイキングコースを歩きましたが
高校生だと思われる団体に出会いました。
楽しそうに 賑やかに 歩いているのを 微笑ましく眺めていましたが
コースの最後の地点で
その中の一人の男の子が話しかけてきました。

私達に一緒に写真に写ってほしいと言うのです。
写真を撮ってほしい~との聞き間違いかと思ったのですが
どうやら そうではないみたい。
自撮り棒もないのに デジカメをこちらに向けて
彼と我々夫婦を写していましたが
あれで ちゃんと写っているのかな~ どアップの顔は こわいなあ~
歩きつかれて よれよれだし・・・
なんで こんなくたびれた中年夫婦と一緒に写りたいと思ったのでしょう。
英語で話しかけてきたので 日本人ではないと思うのですが
髪の毛は黒く 顔も東洋系だったので 不思議です。

「何人の外国人と一緒に写真を写せるか~?」というゲームでも
やってるのではないか? と夫が推測しました。(笑)



一週間泊まったのは こんなアパートです。
自炊なので ペンションではなく ウイークリーマンションのような形態です。
オーナーご家族が同じ建物に住んでいます。
居心地良く 景色も良く 本当に素敵なアパートなのですが
ただ一つだけ難点があります。

ハエが いっぱ~いいるのです。
以前も ハエには悩まされたので ハエタタキとハエ取り紙も持参。
(100円ショップに売っていた)
一度テラスで食事をしかけたら ハエが数匹寄って来たので
追い払いながら食べていたが やはり落ち着かないので 室内に避難。
でも なぜか 室内にも たくさんのハエが入り込んでいる。。。

あっ! と 夫が言った。
窓が開いていたのだった。
ここのハエは動作が鈍いので (やっつけられることに慣れてない)
夫のハエ叩き作戦は次々と勝利をおさめていったが(笑)
私がやると なんとか一匹倒せたけれど
ハエ取り紙が アパートの備品の案内書に ひっついてしまい
糊だけがベタベタ残ってしまった。 ハエ取り紙作戦 失敗~(・_・ゞ-☆

でも 日本の蚊攻撃よりは ましかも。
スプレー缶は スーツケースに入れてもダメだと思うので
自分たちが ハエになれるしかないのかも。
f0322282_13184864.jpg








[PR]
Commented by ☆彡異邦人 at 2015-07-26 19:19 x
~☆ nonkonogoro さんへ ☆~
☆彡異邦人が行った時は冬でしたので、
ハエはいませんでした。
クライネシャイデックの駅にはセントバーナードがいて人気者でした。
Commented by weierud at 2015-07-26 20:11
スイスはどこを撮っても 絵になりますね。
とっても綺麗♪
借りたシャレーも素敵ですねェ。

近くに牛が放牧されているとハエが多いですよね。
フランスの田舎の借家に住んでいた時は
毎晩寝る前にハエタタキで奮闘するのが 日課(笑)
Commented by nonkonogoro at 2015-07-26 20:46
***
☆彡異邦人さん

☆彡異邦人さんは冬山に行かれたのですねえ。
冬は 何もかも真っ白になっているのでしょうね。
セントバーナード ちらっと見かけたような~
あの辺りは とても人が多いですよね。

***
加代子さん

加代子さんのお家の近くの風景も
どれも絵になる美しさですが
スイスの山も建物も どれも素敵ですよね。

蚊は蚊取り線香が有効ですが
ハエは ゼラニウムなどの花しか
対策はないのでしょうか?
殺虫剤は使わないのですね。

Commented by blue-robin2 at 2015-07-27 11:51
こんにちは
連日スイスの風景を楽しませていただいています。
山は天気次第で何倍にも楽しめますが↓ユングフラウがくっきりと見え好天に恵まれたいい山歩きをなさいましたね。ハイキングコースには沢山の高山植物も咲いていたことでしょうね。カウベルをつけた牛たちがすぐ近くに寄ってきたことでしょう。長閑ですね。スイスアルプスは、乗り物を使って登り、ゆっくり散策しながらグリンデルワルトへと下っていくといったルートがうれしいですね。ユングフラウからの帰路、アイガー北壁の下を歩いて下山したこと、ドイツ人の家族やカップルと出会ってともに写真を撮り合ったなど、nonさんの旅での出会いを読ませていただきながら思い出しています。
お部屋を借りて、実際に生活体験しながら滞在というのもいい経験ですね。楽しく拝読しました。
Commented by nonkonogoro at 2015-07-27 13:32
***
blue-robin2さん

スイスは
今年の夏は晴天続きだそうです。
健脚のblue-robin2さんだから
私達より もっとハードなコースをたどられたのだと
思いますが~現地の方や旅行者とのふれあいも
旅の魅力の一つですよね。
私は普通のデジカメなので 植物を美しく撮るのは
あきらめましたが それでもたくさん撮っていたので
アップしますね。
部屋を借りるのは はじめ反対したのですけれど
ホテルの部屋より広いし 慣れると楽しいです。

Commented by iris304 at 2015-08-01 10:49
こんにちは〜

お出かけだったのですね。
お天気も良く 素敵なリフレッシュになりましたね。
このクライネシャイデックの風景懐かしいです。
ここに『うどん』の旗がたっていて 皆うどんを召し上がっていましたが
今もあるのでしょうか?
私達が登山電車に乗った時は そうでもありませんでしたが
360度日本の方だったりしますよね。

のんびりゆっくり 空が近い事を実感しますよね。
高山に咲く花も可愛らしいですし、
色々珍しい植物も見る事が出来て楽しい山歩きでしたね。
懐かしく拝見いたしました。
ありがとうございました^^
Commented by nonkonogoro at 2015-08-01 12:58
***

「うどん」の旗
どうだったかなあ~
気づきませんでした。

以前は日本人の団体ばかり目だっていたようですが
今では 中国人の団体が一番多いのではないかな~
そして 韓国の若いカップルも増えてきました。
日本人は旅なれてきたので 割合静かになってきたような~

ヨーロッパで暮らしていると
色々な国に気軽に行けていいですよね。
陸続きだし 何時間も飛行機に乗らなくていいし~


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2015-07-26 14:21 | Comments(7)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧