「キリマ・ンジャロ」

アフリカのタンザニアにある山 キリマンジャロは
山の名だけでなく コーヒーの銘柄としても有名だ。
赤道直下にあるにもかかわらず 以前は氷河も存在したという。

そんな キリマンジャロ だが
この名前 実は 「キリマ」と「ンジャロ」という二つの単語からできているらしい。

キリマンジャロの「キリマ(kilima)」はスワヒリ語で「山」、
「ンジャロ(njaro)」はチャガ語で「白さ」であり、全体として「白く輝く山」を意味するというのが通説だが、実は正確な語源ははっきりしていない。(ウィキ)

これを知って以来
私の頭の中では キリマンジャロは 存在しなくなり
キリマ・ンジャロ~ と分割されてしまう。(笑)

アフリカの原語には この「ン」が最初につく言葉が多いようだ。
カリンバの奏者で 「ンコシ」さんという名も聞いたことがある。
なんとなく 楽しい響きがする。。。


さて お隣のメタセコイアの伐採は
今朝から始まったようだ。
山中ではなく こんな街中なので
ばっさり根元から切る~というのではないとは思っていたが
今日は 枝を伐採しただけだった。
枝と言っても 小さい木ほどの大きさなので
先に切っておかないと やりにくいのだろうね。
まだ 2本しか枝を切ってないので
明日も枝切り作業なのかな~









[PR]
Commented by iris304 at 2015-08-28 07:30
おはようございます。

キリマンジャロは二つの言葉がくっついて出来ていたのですか?
確かにダラダラと発音ひていますが、
山の名前は そういうのが多いですね。
言葉って面白いですよね。
日本語になっている外来語でも本国では意味が通じなかったり。

いよいよ始まったのですね。
どんな姿になるのか?
何れにしても伐採後の枝も大変なものですよね。
Commented by nonkonogoro at 2015-08-28 08:01
***
irisさん

おはようございます~(^-^)

日本語でも
元々の意味は そうだったんだ~とか
色々驚くことが多いですよね。
語源をチェックするのは楽しいです。
すぐ忘れてしまいますが(笑)

伐採
お隣の木なのですが
どんな風に伐採されていくのか
興味津々です。
うちも以前ヤマモモの大木の上部を
伐採しましたが 1日で終わりました。
クレーン車の貸出料金はとても高いそうです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2015-08-27 22:21 | Comments(2)