この頃思うこと cellonon.exblog.jp

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧

「せせらぎの小道」

「セラピーロード」という言葉を耳にされたことはありませんか?

セラピーロードとは、フィールド生理心理実験に基づき、専門家による科学的効果の検証がなされて認定された散策路を指します

このセラピーロードに認定された道が二本以上あると
「セラピー基地」というものに認定されるそうです。

そのセラピーロードの一つである
高知県 梼原町(ゆすはらちょう)の (久保谷セラピーロード)
行ってきました。

このセラピーロードをイメージして
マリオネットの吉田剛士さんが 「せせらぎの小道」という曲を作曲され
そのご縁で 私の所属する 「マリオネットマンドリンオーケストラ」の有志が
ゆすはら学園の生徒たちと それぞれの「せせらぎの小道」を演奏することに
なったのです。

私はこれまで結構全国各地を旅してきましたが
まだ高知県を訪れたことがなかったのです。
だから とっても楽しみにしていました。
ここは高知県とは言っても
愛媛県に近いエリアで 関西からの交通はとても不便です。

新幹線で岡山に出て
そこから チャーターしたバスで現地に向かいました。
勢い込んでこの演奏ツアーに参加希望したとは言うものの
実は私は かなり車酔いする方なのです。
さて 困りました~(・_・ゞ-☆
4時間以上もバスに乗るので 酔い止めの薬を飲めばいいようなものですが
薬を飲むと 即眠くなるので
午後からの演奏中に寝てしまいそうです(笑)

何度も深呼吸を繰り返しながら なんとか無事到着しました。

ゆすはら町の家並みです。

f0322282_14352030.jpg


私達が訪問したのは梼原学園という町立の学校です。

平成23年度に開校した梼原学園は 1年生(小1)から9年生(中3)までが一つの施設で学ぶ小中一貫教育校だそうです。
小学生による器楽演奏と 中学生による フルートとお琴の演奏でした。
広い体育館に全児童が座り込んで 私達の演奏を聞いてくれました。
とても広い会場だったので 後ろの方まで ちゃんと音が聴こえたのかなあと
心配でした。

夜には
町の施設で 地元婦人会の手料理を味わいながら
色々な方の演奏も楽しむことができました。
高知県と言えば 「皿鉢料理(さわちりょうり)」が有名ですよね。
私ははじめてだったので わくわくしながら 眺めて 味わいました。

本当にたくさんの種類のお料理が大皿に盛られていました。
(写真撮るのは忘れてました・笑)

さば寿司 鶏の唐揚げ 薄焼き卵で巻いたお寿司 タルトも~
「リュウキュウ」と呼ばれる 「ハスイモ」の茎も初めて食べましたが
とってもおいしかったです。
もちろん タタキも大皿にどっさり。
それから びっくりしたのは 
大皿に お汁ごと おうどんが盛られていたのです。

中華料理みたいに 「これ何だろう?」と賑やかに頂きました。



この町のキャッチフレーズは
「雲の上の町」だそうです。
残念ながら 今回は雲の上には乗れませんでしたが
朝 ホテルの窓から眺めた風景は
こんなに幻想的でしたよ。

f0322282_15363980.jpg

長くなったので
セラピーロードの散策は 別枠にて 書きますね~(^-^)





[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2015-11-13 14:59 | Comments(0)