この頃思うこと cellonon.exblog.jp

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧

「ラムネ菓子作り再挑戦」

皆さんが
あまりにもたくさん 「ラムネ菓子作り」の記事に反応してくださったので
頑張って 再挑戦しました!

今度は ネットでレシピを検討して。。。
水少々ではなくて ちゃんと数量が出ているのを採用。



できましたよ~ ┗(^o^)(^o^)┛

型ではなくて 計量スプーンを代用。
ちゃんと こねたので
このままでも食べられるようです。
f0322282_18433902.jpg

なんだか
すっごく うれしい~


私が採用したレシピ

粉さとう 40g
コーンスターチ 20g
クエン酸 小さじ1
水    小さじ1
レモン  小さじ1
ベーキングパウダー 小さじ1/4

粉さとうとコーンスターチを 混ぜてから
真ん中にくぼみを作り クエン酸と水とレモンを入れて
よくこねる。(今回はスプーンでやってみた)
水気がなくなったら ベーキングパウダーを加える。
形が作れるくらいになったら 好みの形に成形する。


今日 阪急電車の宝塚駅で乗り換えたら
宝塚歌劇のテーマ曲「すみれの花咲く頃」がホームに流れていて
帰りは 「鉄腕アトム」のテーマ曲だった。(^-^)





[PR]
Commented by ayating at 2015-12-18 00:56 x
ラムネって手作りできるんですね〜!
作ろうと思ったことがなかったのですが、
ノルウェーでは買うことができないので、
今度挑戦してみようかな。
とっても綺麗な形で美味しそうです。
Commented by nonkonogoro at 2015-12-18 07:30
***
ayatingさん

ノルウエーでは
ラムネ菓子はないのですね~
材料は簡単に入手できるものばかりだと思うので
是非作ってみてくださいね~(^-^)
おいしいです。
手作りだと甘味も加減できるし~
Commented by ☆彡異邦人 at 2015-12-18 09:54 x
☆彡 nonさんへ ☆彡
凄いですね。参考にしてやはり作ってみたいです。
nonさんが掲載した「真似っ子」やはり☆彡異邦人も
苔を採取して作ってみました。
Commented by nonkonogoro at 2015-12-18 15:10
***
☆彡異邦人さん

お料理もお菓子作りも
お得意な☆彡異邦人さんなら
ラムネ菓子も OKだと思いますよ。

我が家の苔くんも
まだ元気ですよ~(^-^)

Commented by ブラちゃん at 2015-12-19 19:25 x
わぉ〜私も作れそうで嬉しいわ〜♪
シュワ〜って、口の中で溶けて行く様を
想像しただけでも楽しくなりました♪
失敗は、成功のもと!ダメ元で挑戦してみます。

都会の駅のホームでの電車待も
楽しいですね(笑)。
Commented by nonkonogoro at 2015-12-19 23:07
***
ブラちゃん

私が作れたんですから
ブラちゃんなら 一度で作れるでしょう~(^^)/
色んなバリエーションもできそうなので
是非試してみてくださいね~

宝塚は
夢のある街なので
こういう音楽もぴったりです。

Commented by Kippis_Y at 2015-12-21 07:04
すごいですね~ 手作りでラムネが出きるとは!
材料を拝見したら、すごく手で触るのも気持ちがよさそうですね~。子供達とやってみたら楽しそうですね。でも子供達は作っている最中から、きっとつまみ食いしますね、、。

ラムネと言えば、瓶入りの中にビー玉の入った炭酸飲料でラムネってありましたよね?今もあるのでしょうかね~ あの名前がずっと気になっていて、笑。

↓嬉しいです、本の紹介をして頂いて♪ あ~御ひいきありがとうございます。本当に恵まれていまして、編集者の方もサクサクッと仕事が出きる方で、デザイナーさんはお洒落なイラストをちょこまか描いてくださったんです。なのになのに、最後の出版社云々の詳細がかかれた場所には編集者の方の名前が掲載されていないんですよ、、。そういうルール?になっているそうです、、。

ついうっかり長居してしまいました~!
Commented by nonkonogoro at 2015-12-21 08:54
***
Kippisさん

フィンランドには
ラムネ菓子はあるのでしょうか~?

ドリンクの方のラムネは健在です。
昭和の懐古ブームで
昔ながらのビー玉の入った瓶入りラムネも
よく目にします。(お祭りやイベントなどで)
つい手が伸びてしまいます(笑)

Kippisさんの御本
今もパソコン作業台に置いていますが
表紙もとっても可愛いですね。

CDなどでは special thanks として
色々なスタッフや協力者の名前が書かれていることが
多いですし 普通のハードカバーでも
イラストの作者や 表紙デザインの方のお名前が
入っていることが多いので 素敵な表紙のときは
必ずチェックしています。(^-^)
でも出版社の方だと書かないルールなのかも~

Commented by blue-robin2 at 2015-12-21 10:49
こんにちは
気がつくとあっという間に一週間!!
毎日更新、そしてninさんの文章力に感心しています。

美味しそうにできましたね。
ラムネがしといえば、
いりんな色のセロファンに3個づつだったっけ、包まれていたのを一つずつ口に入れるのを楽しんだ時代があったなあと懐かしく思い出します。

振り返って楽しく読ませていただきました。
予備費を入れておく。。。いいアイデアですね。もっとも私はよく使うバック数個それぞれにという必要ありそうですが・・・・(*^_^*)
糸の色が素敵ですね。ちょっと北欧を連想してしまうような素敵なストールができましたね。すぐに形にするというのはさすがnonさんです。形にして初めて持ってる意味のある"糸"私も押し入れに突っ込んである沢山の毛糸をなんとかしなきゃ。やっぱり編み物がちょっとした合間にすぐとりかかり中断し、また取りかかりが可能だから冬の手仕事としてはいいですよね。
kippisさんの「フィンランドの暮らし」興味あります。
実は、ここ数年海外に行く機会をなくして、ことしもISが怖くて(>_<)行かずジマイ!・・・・長時間の飛行機を思うとなるべく早くと焦るわけですが、ヨーロッパだとフィンランドが一番近いですよね。向こうの陶器類にも興味があるし、この御本、検索してみましょ~~というかその方のブログを訪ねてみようかなって思いました。海外在住の方のブログって楽しいですよね。
Commented by nonkonogoro at 2015-12-21 14:19
***
blue-robin2さん

ラムネ
セロファンに包めば
私のラムネも高級感を増すかも(笑)
今日も作ってみましたが
先日の方が うまく成形できたようです。
同じ分量のはずなのに 今日は湿度が高いからかも。
とても 手作りラムネ菓子屋さんにはなれそうもない。。。

Kippisさんのブログ
是非 お訪ねください~(^-^)
彼女のお家では ホームステイも受け入れてらっしゃいます。
フィンランドは
日本から一番近いヨーロッパかもしれませんね。
本はアマゾンで買えます。


Commented by iris304 at 2015-12-22 09:41
こんにちは

ラムネって家で作れるのですね。
しかも計量スプーンでころころと可愛らしくできましたね。
カラーセロファンでラッピングすると
お洒落なお菓子になりますね。
高校生の頃 キャラメルを作ってセロファンで包むと
途端に素敵なお菓子に変身した事を思い出しました。

宝塚の駅は 季節に関係なく
スミレの花咲く頃 なのですね。
鉄腕アトムのテーマ曲は
今聴いても胸がたかなりますね〜

空を越えて〜♪ 
ら、ら、ら
星のかなた〜♫
Commented by nonkonogoro at 2015-12-22 17:16
***
irisさん

手作りキャラメルもおいしそうですね~(^-^)
次回ラムネ菓子を作ったときの為に
セロファンを買っておかなくては~製菓コーナーに
あるのかなあ。

鉄腕アトム
スーパーマン
七色仮面 月光仮面
子供の頃の ヒーローはたくさんいるけれど
あの頃 女の子が主役のは 少なかったですねえ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2015-12-17 18:50 | Comments(12)