「今日は祝い事」

哀しみの後には喜びが~

今日は姉の家へ
甥の結婚のお祝いを持って行きました。

甥は30代後半ですが
母の5人の孫で最期まで独身生活を楽しんでいました。
うちの息子たちは だいぶ年下なのですが
20代で結婚したので 彼が一番後になってしまいました。
母がいつも お墓で 「○△君に 早くいい人が見つかりますように」
と熱烈拝みしていたのが 効いたのでしょうか?


関西では
現金の結婚祝いの際には
一割を「おため」として返します。
聞くところによると
これは関西だけの風習とか?
結納やさんなどでは
この「おため」を入れる封筒と 便箋や封筒がセットになった物が
売られています。

なんだか 訳の分からない風習ですが
我々は今でも律儀に実行しています。
でも 自主的にその習慣を廃止している友人もいます。
関西以外の方にお祝い金を送っても
もちろん 「おため」はないのでしょうね。

だとすると
関西人だけが 損している~ 
ということになるのでしょうかねえ。(´-`).。oO








 

[PR]
Commented by papricagigi at 2016-08-05 04:15
ええ?こんな風習があるなんて。。。知りませんでしたっ!
友人や妹の結婚祝いに「おため袋」なんて入れたことが無いです~。 こういう地方独特の風習、面白いですね!
Commented by nonkonogoro at 2016-08-05 08:20
***
papricaさん

papricaさんは
西日本エリアのご出身でしたっけ?
これは関西だけの風習のようですね。
我々は昔から馴染んでいるので
少々変だなあとは思いながらも続けていますが
たぶん 次の世代では 消滅するのでしょうね。

自分がお祝いする側に立ってみれば
「おため」は なんだか ちょっと得した気分になれます。(笑)


結納自体も
関西と関東では かなり差があるようです。
関西の結納飾りの方が派手です。
うちの息子たちも 結納はしませんでしたし
これも 次第に消えていくのでしょう。
Commented by ☆彡異邦人 at 2016-08-05 12:05 x
☆彡 nonさんへ ☆彡
喜怒哀楽ではなく、喜哀楽が短い間に来たようですね。
関東では「おため」という風習はないです。聴くのも初めてでした。
でも、入院した時にお見舞いとしてのお返しなどと同じなんでしょうね。
分かるような気がします。
Commented by nonkonogoro at 2016-08-05 14:54
***
☆彡異邦人さん

そうなんですか~
聞くのも初めてでしたか~(^^)
地方の風習って
良いことは 広まっていくかもしれないけれど
こんな面倒な風習は どこにも広がりませんよね(笑)

「おため」とは別に ちゃんとお祝いのお返しもするのですよ~
Commented by iris304 at 2016-08-09 22:39
こんばんは^^

ところ変われば。。。。ですね。
初めて聞きました。
ましてや封筒がセットになって売られているなんて
二度ビックリです。
Commented by nonkonogoro at 2016-08-10 08:33
***
irisさん

ここにコメントくださる皆さんは
関西以外の方が多いので
「おため」について知らなかった~という方が
多いので 私には それも驚きです。(^^)
その地方にとっては
当たり前のことも 他の地域では
びっくり~! ということも 色々あるのでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2016-08-04 17:27 | Comments(6)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧