「お経ではなくて…」

実家の母がよく「かこちょう」という言葉を口にしているが
それは「過去帳」と言って その家の歴史のようなもので
家人が亡くなったとき 四十九日に書き入れていくものらしい。

それは なんとなくお寺に置いてあるものかなあ~と思っていたのだが
どうやら 我が家にもあったらしい。
夫が「過去帳」を探していて
仏壇に置いてある あの本みたいなのが 過去帳ではないのかな~と
言っていたが。。。
私は以前 中身を覗いてみたら
お経だった~という記憶があったので
そう言うと 夫は確かめもせずに 私の言うことを信じていた。


今日
もしかして~と 中を見てみたら・・・
義父の戒名と命日が記入されていた。


こっこれって!
「過去帳」だったのねえ。
表に「過去帳」と書いておいてくれれば良かったのに。

しっかり者で 何でも取り仕切っていてくれた姉が
義母より先に亡くなってしまったので
頼りない二人が残されてしまい
仏事に関しては
とんちんかんな やり取りばかりしている。

ネットで調べれば 何でも解決するというのにね。
知ったかぶり 思い込みは排除して
謙虚に何でも チェックすることにしたい。



















[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2016-08-10 17:40 | Comments(0)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧