「とり天 りゅうきゅう やせうま 」

大分には うまいもんが いっぱい~(^^)/
タイトルには書ききれなかったけれど
関さば・関あじ・だんご汁 かぼす しいたけ 
今回の旅では 地元料理を堪能できました。

鶏肉苦手な私でも とってもおいしく食べられたのは
「とり天」 これは 鶏のてんぷらですが
唐揚げのようにスパイシーに味付けしてあって
鶏もほんわり やわらかいのです。

「りゅうきゅう」
これは 琉球から伝わったという説と
「千利休」に由来するという説があるようです。

どんな料理だと思います?

アジやサバ ブリなどの新鮮な魚の切り身を
醤油 酒 みりん ショウガ ゴマなどを混ぜ合わせたタレに
漬け込んだもので とってもおいしかったです。
私が食べた魚は かんぱち だったかな~


「やせうま」

これは 名前から想像すると・・・
脳内で「痩せ馬」と変換されたので
一体どんな味~と思ったのですが

実は これは うどん系~(^^)/
地元の方の説明では
「やせさん うまいねえ」という感じ~
やせさんという人がいたようです。

平安時代から伝わるおやつで
平たい麺を 短くカットし
黄な粉と砂糖をまぶした物です。


「だんご汁」は
↑の同じ平麺と しいたけや野菜などの具を入れた煮込み料理です。


大分の方は とってもおもてなし精神があるようで
一緒に演奏された方のうち お1人が 竹田の原尻の滝見学にも参加され
また別の方は お昼のお食事をご一緒されました。
こういうのって 大分の方にとっては 当たり前のことなのかもしれませんね。

旅終えても
まだ温かさの余韻が残っています。


岡城址を下から見た風景ですが
なんだか 日本の城というよりは
西洋の城のような感じを受けます。
階段などの排水部分の傾斜や
かまぼこ型の塀の上部など
とても合理的に作られていて
これは 当時この地に住んでいた西洋人の知恵が
生かされているのかもしれない~ということでした。


f0322282_10003161.jpg












[PR]
Commented by 加代子 at 2016-10-19 20:19 x
大分には同級生が何人か住んでいるので
何度か行った事があります。
福岡も美味しい物が沢山ありますが
また違ったのがあって面白かったです。
演奏旅行で色々食べられて良かったですね。
Commented by nonkonogoro at 2016-10-20 08:40
***
加代子さん

大分には新幹線が通ってないので
こちらからは ちょっと不便な地だと
思っていましたが
フェリーだと 直行なので
寝ている間に到着するというのは
寝台列車のようで 面白い体験でした。
12時間あれば
ヨーロッパまで行けるなあ~(笑)

Commented by れんげ at 2016-10-21 16:49 x
「やせうま」はきな粉をまぶしたきしめんみたいな細長い団子だったでしょう?
私大好きなんですよ。
やせさんは、幼君の乳母さんのお名前なんですよ。
「やせ、うまうま」とせがまれて、よく作ってあげたそうです。
Commented by nonkonogoro at 2016-10-21 19:04
***
れんげさん

やせうま
名前からは想像もできない 形 味ですよね。
とっても美味しかったですよ。 
そちらでは 丸くなくでも 団子と呼ぶのですね~
団子汁の麺も だんご状態ではないですよね。
関西では だんごと言えば まるまった状態のもののことです。

やせさんは
乳母さんだったのですねえ。
それで よく理解できました。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2016-10-19 10:09 | Comments(4)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧