「トンネルを抜けると~」

神戸から有馬温泉に行くには
以前は 六甲山を越えて行かねばなりませんでした。
息子たちは自力で山越えしていたけれど
私は無理なので 車かバスを利用するしかないですが
車やバスでの山道越えという条件は
車酔いする私には苦手でした。

近場にも関わらず
これまで 有馬温泉に泊まったのは たった一度だけ。
その時は 行きはバスで山越え 帰りは電車でした。

今回 高齢の母と姉の孫のちびっ子達も一緒の旅を企画したのですが
行き先は 有馬温泉がいいかなと決めたものの
さて どうやって行けばいいのだろう。。。??

色々ネットで調べていると
神戸の中心地である三ノ宮駅前から
トンネルを抜けると 高速バスで30分ほどで行けることがわかりました。
そうなんだ トンネルというモノが出来てたんだ。
車では 何度も通ってはいますが ここを通って有馬へ行ける高速バスの存在は
知らなかったのです。

ということで
あっという間に 現地到着。
宿に荷物を置いて~
さて どうしましょう。
年寄りとお子ちゃまの両方が楽しめるような そんな最適の場所?

あったんですよ~(^^)/
有馬玩具博物館です。
主にドイツ製の木製玩具が多く展示されています。
実際に手に取って遊べるスペースもあります。
子供だけでなく 大人である姪が一番喜んでいたような(笑)
絵本でお馴染みの くるみ割り人形や 機械仕掛けの人形
そして ろうそくに火をつけると まわりだす こういう仕掛けも~

f0322282_16212312.jpg
他のお客さんが ほとんどいないので
のんびり じっくり 楽しめました。

後は宿へ戻って のんびり過ごしました。
私には孫がいないので
小さい子供達との旅は何十年ぶりでしたが
聞き分けの良い4歳のおねえちゃんと
まだ ちゃんとしゃべれない 甘えん坊の1歳半の弟との
賑やかな情景を 楽しく眺めていました。







f0322282_16213774.jpg









 

[PR]
Commented by middle-angel at 2016-12-17 23:13 x
へえ、有馬温泉にそんなおもしろそうなところがあったなんて全然知りませんでした。娘一家とだったり、義母とだったり、亡き母とだったり、関西の奥座敷にはこれまでけっこう行ってたんですが(苦笑)次回行く時には訪れてみたいです。
そういえば母とのふたり旅、最後は有馬温泉でした。確か梅田から高速バスで行ったかと。わりと快適だったと記憶しています。
Commented by nonkonogoro at 2016-12-18 09:07
***
angelさん

angelさんの方が 私より有馬温泉に詳しそうですね。
近すぎると 意外と行かないもので~
(というよりは 旅館が高すぎるせいかも・笑)
この博物館は十数年前にできたようです。
angelさんもお母様との思い出の温泉なのですね。
大阪からも近いですもんね。
Commented by blue-robin2 at 2016-12-18 17:36
こんばんは
なんだか編み物に取りつかれすっかりご無沙汰。
お母様を囲んで姪御さんたち。。。いやいやその一代先のお子さんたちを連れられたのしい温泉旅行でしたね。
有馬温泉といえば、炭酸せんべいを思い出しますが、今も名物お菓子なんでしょうね。
この季節、近場の温泉でゆったりというのもいいですねえ~~。
↓、楽しい省エネスリッパですねえ。
省エネといえば、最近はもっぱら湯たんぽを使っています。
実はそれを入れる袋も編んじゃいました。
残り糸がずいぶん減ってきました。
でも、
考えてみると捨てられない糸を整理するつもりで始めた編み物ですが、糸が形になっただけで、またまた、ものを増やしただけともいえます。。。とほほ~~
Commented by ☆彡異邦人 at 2016-12-18 21:02 x
☆彡 nonさん☆彡
有馬温泉へは、20年近く前に仕事で行ったことがありました。
噂に聞く名湯ですよね。
六甲山は、新田次郎の孤高の人で、出てきたので知っていました。
再び有馬温泉へは行ってみたいです。
Commented by nonkonogoro at 2016-12-19 08:36
***
blue-robin2さん

編み物
編む物を決めて
ようやく目を作りました。
こたつで居眠りの合い間に
ぼちぼち編んでいく予定。

炭酸せんべい
今も 有馬名物で売られていますよ。
今風に 色々なバージョンが登場しています。

湯たんぽも買ってありますが
お湯を入れるのが面倒で~(笑)
せっかくあるのだから
今度使ってみよう。。。



***
☆彡異邦人さん

☆彡異邦人さんんも有馬温泉に行かれたことが
あるのですねえ。
秀吉の頃の 蒸し風呂の遺構も発見されて
展示されています。
新田次郎の作品には 神戸の町も登場していますね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2016-12-17 16:29 | Comments(5)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧