「釣り人はいなかった」

実家へ寄ってから 須磨寺へ。。。
喪中なので神社の初詣はしないけれど
「喪中でもお寺参りはOK」という母の教え(笑)で
喪中の姉と私も 須磨寺へ~

実家から須磨寺へは 歩いて行ける距離だけれど
母が高齢になってからはタクシーを利用しています。

須磨寺はいつもより たくさんの人がお参りに来ていました。

ニューフェイスの甥のお嫁さんが参加したので
普段は見学しない展示物なども見ることにしました。
須磨寺には
「オモロイ寺にしたい」という住職の希望で
いろいろとオモロイものが置かれています。

宝物館には
青葉の笛などの平敦盛公と源平ゆかりの宝物や須磨寺の歴史的宝物が展示されています。


さて
実家に行くときには
最寄り駅であるJR須磨駅のテラスから 海を眺めて撮影するのが
定番となっています。

今日は暖かいので
数組の家族連れやグループが 波打ち際で たわむれていましたが
さすがに いつもなら たくさんの釣り人がいる堤防には
誰もいませんでした。


f0322282_16235801.jpg









[PR]
Commented by uransuzu at 2017-01-03 20:15
喪中でもお寺はオッケー、こちらでもそう言いますよ〜♪
穏やかな代わり映えのしないお正月が一番ですね。
息子さんのノロは大丈夫ですか?
Commented by nonkonogoro at 2017-01-04 08:47
***
てぶくろさん

そちらでも 喪中でもお寺詣ではOKなのですね。
神様だけが 喪中を嫌がるのですね(笑)
実家には 自分勝手な法則が多いので
どれが世間一般の慣わしなのか不明なのです。

息子②は ピークを過ぎたようです。
てぶくろさんご家族は 大丈夫ですか?
1人なると 連鎖反応になることが多いですもんね。
まだまだ要注意ですね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2017-01-03 16:55 | Comments(2)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧