この頃思うこと cellonon.exblog.jp

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧

「どくだみチンキとアレチヌスビトハギ」

今年の6月に 庭の片隅に生えていた どくだみの葉で
「どくだみチンキ」なるものを作りました。
ただ 葉っぱをホワイトリカーに漬けるだけなので
簡単にでき しばらく寝かせておきました。

先日 
それを少し薄めて 蚊に刺されたときや
ひっかいて傷が治りにくかった箇所につけてみました。
なんだか 効果があるような気がします。
蚊に刺された跡は まだ残っていますが かゆみはすぐ消えましたし
ひっかき傷も もうかゆくはないのです。

ドクダミの葉を入れなくても ホワイトリカーの消毒効果なのかもしれませんが
なんとなく うさんくさい 「どくだみチンキ」という名前も気に入ってます。

以前作った 「びわの葉エキス」も 喉のイガイガなどに
効いているような気がします。

もっと他にも何か 我が家に勝手に生えている草木で
利用できるものはないものでしょうか? 


こちらは
今 美しい花を咲かせてくれている
「アレチヌスビトハギ」です。

f0322282_12093811.jpg


なぜ 同じ枝に ピンクの花と ブルーの花があるのか不思議でしたが
昼間 花が開いている時は ピンクで
花が閉じると 薄いブルーになるようです。

可愛い花だし たくさん咲いていると 美しい秋の風景なのですが
この実は とてもやっかいな めいわくな種子なのです。
毎年忘れて 花を愛でているのですが
その後 多量のひっつき虫攻撃を受けて 泣くはめに陥るのでした。

そう この「ひっつき虫」という言葉は 方言なのですよね。
とにかく 衣類にくっついたら 何があっても 離れない 強靭な接着力です。
洗濯してもダメ 1年経ってもまだへばりついています。

だから 花が終わるまでに 刈り取っておかなくてはね~(^^)

この「アレチヌスビトハギ」は 国立環境研究所のデータベースに
「侵入生物 北米」と登録されているようです。
いわゆる外来種と呼ばれているものは 侵入生物と表現されるようです。










[PR]
Commented by 加代子 at 2017-09-11 15:44 x
私はよく蚊に刺されるので 作ってみたいですが
ドクダミがないので残念です。
そう言えば 枇杷の葉も手に入らないわァ・・・
枇杷は中東のお店で時々売ってはいますが
美味しいのに当たるのは珍しいです。
Commented by nonkonogoro at 2017-09-11 16:07
***
加代子さん

そちらにも きっと同じような植物は生えているのかも
しれませんが わかりませんよね~

蚊には まず刺されないことですよね。
さきほど 洗濯物を入れようとして
ちゃんと蚊取り線香をぶら下げていたのに
噛まれてしまいましたよ~( ̄□ ̄;)
蚊に耐性ができてきたのかなあ。
また ドクダミチンキを塗らなくては(笑)

Commented by wood-land at 2017-09-12 23:08
ドクダミエキスとかではなく
この「チンキ」という言葉でグッと効き目がありそうな感じになりますね^^
子供の頃、私も「ひっつき虫」と言っていたと思います。
いろんな言い方がありそうですね!
Commented by nonkonogoro at 2017-09-13 08:11
***
wood-landさん

そうですよね。
「チンキ」という響きが
なんだか 胡散臭そうで 楽しいです。
自分で作ったので 絶対インチキではないのですけれど(笑)

以前 ここで 「ひっつき虫」と書いたら
それは何? というコメントがあったので
地域によって違う呼び方をしているのだなあと
わかった次第です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2017-09-11 12:18 | Comments(4)