この頃思うこと cellonon.exblog.jp

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧

「大エルミタージュ美術館展」

私がずっと家にいても
業者さんのお手伝いをするわけでもないので
今日は雨もおさまりそうだし
神戸市にある 兵庫県立美術館で開催中の
「大エルミタージュ美術館展」へ行ってきました。

駅まで 十数分 電車で10分 歩いて10分で 美術館に到着します。

前売りは買ってなかったけれど
コープさんのカードで 100円引き。

チケット売り場も 内部も
混んでいなくて ゆっくり鑑賞できました。

東京 愛知県 そして 神戸で開催。
東京の説明の方が わかりやすいので リンクしますね。こちら

17世紀の作品が多かったです。

フランドル(ベルギー)
スペイン イタリア フランス ドイツ・英国 のエリア別に展示されています。

フランドルの絵画が 私の好みにあったようです。

印象に残っているのは とてもふっくらして 色白のクレオパトラ。

それから 人物画は どれも 顔の表情がすばらしくて
どうやったら あんなふうに 人物のこころが表現できるのか不思議です。
衣装も どれも本物みたいで ずいずい~と顔を近づけて
凝視してしまいました。 布を貼っているんではないかと 疑うほどでした。

このエルミタージュ美術館の生みの親とも言うべき エカテリーナ2世は
ドイツからお嫁に来られたそうですね。  

大きいサイズの絵が多かったので とても見やすかったです。
もっと たくさん見てみたかったなあ。(あまり多いと 見疲れしますが・笑)



f0322282_17280976.jpg











[PR]
Commented by blue-robin2 at 2017-10-17 23:37
こんばんは
エルミタージュ美術館展、リンクをはってくださっているのでこちらから拝見しました。ブリューゲルの絵もあったりしてなかなか充実したいい展覧会ですね。ブリューゲルには物語性があって楽しめるので好きな画家です。最後のゲインズバラの貴婦人を見て、子供のころ父の本棚の美術全集でこのような美しい女性の絵を選び出して好んで眺めていたなあと懐かしく蘇りました。
写実的に描かれた肖像画、画家の手にかかればやはり写真を越える良さがありますね。
Commented by nonkonogoro at 2017-10-18 08:07
***
blue-robin2さん

そうですね。
物語を感じる作品が多かったので
楽しめました。
肖像画も直立生真面目なのではなくて
人間性が感じられるものが いくつかありました。

絵力のすごさを実感しました。
印象派の絵とは異なる魅力ですね。
顔の表情も興味がありますが
当時の華麗な衣装 庶民の暮らしぶりなどを
知ることができるのも 楽しいですよね。

たしかに 写真を超えているのではないかなと
思わせる作品も多かったです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2017-10-17 17:28 | Comments(2)