<   2014年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「ライブハウスでバイブルカフェ」

今日は
神戸の老舗ライブハウス「チキン・ジョージ」のライブに行ってきました。
「神戸バイブルカフェ10周年記念ライブ」です。
バイブルとは
聖書のことで 今日のライブはキリスト教会のイベントなのです~
面白い取り合わせでしょう。。。

私たち世代なら 誰もが知っている~
「異邦人」の久保田早紀さんは 結婚を機に久保田早紀としての音楽活動はやめて
今では「久米小百合」さんとして 音楽宣教師という肩書きを持たれています。
彼女はキリスト教会やミッションスクールで 教会音楽家として 音・言葉・絵画を
組み合わせた新しいスタイルのチャペルコンサートをされているのです。

今日のこのライブを主催されている教会でも年に二度 
久米さんによる「神戸バイブルカフェ」が開催されているので
以前もお誘いを受けたことがありましたが やはり教会へはちょっとお気軽に行きにくく…
今日は ライブハウスなので わくわくして やってきました。

この教会と私のご縁は 話せばとても長くなるのですが…

私はクリスチャンではありませんが
昔この教会付属の幼稚園に通っていて 日曜学校にも通っていたのです。
そして 十数年前に知り合った女性も ここの教会員だったし
姪もこの幼稚園に通っていたし・・・
その他にも色々 不思議な糸で結ばれているようで。

さて
ライブに話を戻すことにしましょう。

久米さんは もう50代半ばになったそうですが
話し方も姿も とっても可愛いイメージが残っています。
賛美歌や唱歌だけでなく 久保田早紀時代の曲も歌ってくれました~(^-^)/
もちろん 「異邦人」もね。
ご主人である 久米大作さんのピアノと小原直子さんのバイオリンの伴奏です。
それから 素直な楽しい子供の詩の朗読もありました。

前座には
教会牧師と教会員によるミニライブもありました。
牧師さんとは面識がないのですが
その昔 私が高校生だった頃に 教会のクリスマス会で一緒に演奏した高校生(今はオジサンだけど)も
ギター演奏されていました。
実に 46年ぶりのご対面であります。

会場には 教会の方ばかりではなく
久保田早紀時代からのファンの方もたくさん来られていたようです。
会場は満員でした。

盛りだくさんの内容のライブで
なんと 3時間も…
ラスト曲は アメージンググレース
アンコールは グリーンスリーブスでした。

帰り道駅へ向かう途中で
不思議な格好をした若い女性たちに遭遇しました。
そう 今日はハローウンだったのですね~





[PR]
by nonkonogoro | 2014-10-31 23:06 | Comments(10)

「久坂葉子-神戸文学館」

私と母は同じ女学校出身ですが(姉も伯母もいとこたちも)
私の知る限りでは その学校卒の文学者はほとんどいません。
ま 有名な芸能人も 科学者も… (元アイドルと宝塚歌劇の人はいます)

でも今 
神戸市にある「神戸文学館」で企画展が開催されている「久坂葉子(くさかようこ)」は
その貴重な作家さんなのです。
と言っても この作家さんを知っている人も数少ないと思います。
19歳で発表した「ドミノのお告げ」が芥川賞候補となり 次々と作品を生み出しますが
21歳の大晦日に自死しました。
私は 彼女が私の大先輩であることを学校の冊子で知ってから
彼女の作品や 彼女のことを書いた作品を読みましたし
今も キンドルに一作入れてあります。
当時としては斬新な感覚の恋愛小説です。

母は 彼女の在校当時を知っているので (母が少し先輩)
この企画展に行きたいというので
今日は 一緒に行くことにしました。
神戸文学館の場所は 王子動物園の西隣です。

私は前に一度だけ 訪れたことがあります。
神戸文学館の存在を全く知らなかったのですが
ちょうど その前のクレープ屋さんで クレープを食べながら
風景を眺めていたら…
あらっ あの赤いレンガ造りの素敵な建物は何?
…と 行ってみたのでした。

この建物は 元は関西学院のチャペルだったそうです。
関西学院の建物は あのボーリズの建てたことで有名なのですが
この建物も同じ時代の 同じような様式だと思います。
(この建物はM・ウイグノールが設計)
画像は 神戸文学館のサイトで見てくださいね~
建物全体を写すのが難しかったので…

この文学館には
神戸ゆかりの作家さんたちの展示もされています。
今日は中学生か高校生の生徒が二人ほど来館して
熱心に資料を書き写していました。

懐かしい昔の神戸の風景写真もたくさん展示されていたので
母はとっても楽しそうに見学していました。

とても小さいスペースですが 無料なのもうれしいです。


帰り道に咲いていた たぶん さざんか~
あんまり可愛いので パチリ。。。


f0322282_16251706.jpg





[PR]
by nonkonogoro | 2014-10-30 16:27 | Comments(6)

「課長 島耕作」

子供の頃
私は「なかよし」
姉は「りぼん」を買ってもらっていた。
当時はコミックと言う言葉もなく…
「リボンの騎士」や 薄幸の母子の物語などの漫画が大好きだったと思うのだが
中学に入ったら ばったり漫画を読まなくなった。
それからは文学作品(ルパンも読んだけど)ばかり読んでいたなあ。
(今読んだら ちっとも面白くないけれど)
そして 再び私がマンガを読み始めたのは
息子たちが幼稚園に入った頃だったと思う。

そのときまで マンガは子供が読むものだと信じていたら
あるとき 新聞に「課長 島耕作」というコミックがあって
どうやら それは大人の読むコミックらしいと知った。
早速 買って読んでみたら なんだか 面白い。
島さんが課長の間の分は全部買ったかもしれない。

その後 何年も経ってから読み返したら
男性優位 主人公に都合の良い女性ばかり登場していて
どうして こんなコミックに熱中したのだろう~と思ったのだけど
それでもまあ 私に 再びコミックへの道を開いてくれた
記念すべきコミックでもあったわけで…

なんで今頃 「島耕作」の話をするかといえば…
先日購入した 電子書籍リーダー「キンドル」の無料コミックに
島耕作の課長・部長・常務・取締役・社長の第一巻だけ読めるようになったので
無料なのでダウンロードしたのだ。
まだ読んでないけれど(笑)
一巻だけ無料~というのは 続きは有料で読んでもらおうという 魂胆なので
ま 実にうまい作戦のようだ。(私には効かないけれど)

30代後半の頃
「島耕作」にはまった後は 北条司の「キャッツアイ」と「シティハンター」にも熱中してしまった。
それからは 少女コミック・女性コミックなど楽しんで
また ここしばらくは 休憩 ときどき 読む~という感じだったので
キンドルでは無料版だけで 充分満足なのだ。

あっテレビで放映されて話題になった「仁」も無料版がある…
テレビの俳優さんのイメージとはかけ離れた 主人公の顔だけど
でも まあ読んでみよう。。。





[PR]
by nonkonogoro | 2014-10-28 19:33 | Comments(6)

「ミニチュア飾り着物」



ネットのお友達のaokitukiyoさんは
ミニチュア飾り着物の製作家さんです。
今日は 京都で開催されている個展にお邪魔してきました。
高台寺前のGallery圓夢さんで明日まで。

f0322282_17545209.jpg
阪急電車の終点である 四条河原町で降ります。
個展は12時からなのですが 早く家を出てしまったので…
早いけれど 高島屋でランチタイム(まだ11時なんですけど~)
店のオープンと同時に入ったので
どこでも好きな場所にすわっていいと言ってくださいました。
だから 一人だけれど4人席占領。
野菜主体の あっさりヘルシーランチです。

さて これから 四条を東へ~
平日なのに人通りが多いです。
花見小路という昔ながらの街並みにも
人があふれています。
聞こえてくるのは お隣の大きい国の言葉ばかり~

でも 急に静かになりました。
私は ここから 秘密の小路を抜けて行きま~す。

f0322282_18011337.jpg
 石塀小路と呼ばれる 楽しい小路です。
会場の「Gallery圓夢」さんは 高台寺前の「ねねの道」に面しています。

aokitukiyoさんとは 以前にも作品展でお会いしたことがあります。
今日は ネットのお友達のアイマイさん とも会う事ができました。
待ち合わせはしなかったのですが きっとご縁があればお会いできるのではないかなあ~
と思っていたら ホントにそうだったのでびっくり!!

飾るミニチュア着物なので
市松人形に着せているのではなく
特別に考案された アクリル板を使った展示です。
繊細な柄 大胆な構図 一つ一つの作品から作家さんの情熱が伝わってきます。
柄のデザイン・染め・仕立てまで 全てご自身でされています。
こんな気の遠くなるような細かい作業を~それも芸術的な作品を創造しているご本人が
目の前にいるのは なんだか不思議な気がします。
あまりにも自分の性格と正反対のようで…
でも とっても明るくて楽しい方で 博識で~
今日も色々なことを教えて頂きました。
でも ま 全部は覚えていませんが(笑)

「小袖」とは着物の古い呼び方だとか
「お女中」とは一昔前の「女中さん」とは異なるものだとか~

さて 
せっかく京都に来たのだから
清水さんまで 少し足を伸ばすことにしました。
いっぱいおしゃべりしたので 時間があまりないので
二年坂・三年坂だけ歩いて また戻ろうとしましたが
ここも とても賑わっています。
坂をどんどん上り
あれえ~ ここから三重の塔が見えるはずなのに変だなあ~と
近づいていったら
塔は消えていた!! のではなく 白い布が掛けられていて 修復中のようです。
じゃあ 舞台(本堂)の方だけでも~と探すが見えません。 どうやらこちらも修復中。

それでは Uターンしましょう。
坂の上の方から見下ろした光景も なかなか情緒があっていいですね~
おみやげに 栗きんつば二つ買って帰りました。
f0322282_18222482.jpg


[PR]
by nonkonogoro | 2014-10-27 18:29 | Comments(5)

「のどミスト」

通販生活の最新号が届いたので
以前から 欲しかった 「超音波吸入器 のどミスト」を購入しました。

冬 寒くなると
のどの繊毛とかが乾燥して 細菌を押し出せなくなるので
風邪をひいてしまう~という説を信じているので
冬場はマスクをするように心がけているが
このタイプの器具も ずっと気になっていたのです。

通販生活を読むのは
波があり しばらく遠ざかっていたのだけれど
今年から復活してから
コードレス掃除機と
コスメ(コンシーラーと インスタント毛染めなど)を購入し
どれも 気にいっているので
この吸入器も買うことにしたのです。

さっき 届いて
早速 電池と水を入れて使ってみました。
えへん エヘンっとむせてしまいましたが
口や鼻との距離を加減すれば うまくいくのでしょう。

このスイッチを下へおろせば
そこには 噴出口があって ミストが飛び出してきます。
鼻にも入ってくるので いいかな~と思っています。


f0322282_09534230.jpg

さて 昨日 何十年ぶりかに 学生時代のクラスメイトに再会し…
向こうは私の名字まで覚えてくれていましたが~
私は その存在すら 思い出せなくて
大変申し訳ないことをしたのですが(でも ちゃんとわかっているふりはできた・笑)
一晩寝たら ぼんやりと 彼女の姿が 浮かんできたような~
あと一息で もっと クリアに思い出せる(のだろうか)
学生時代は 同じクラスだといっても あまり付き合いがない人が多かったもんね。
(言い訳だらけ)
そうだ! 卒業アルバムがあったはず (^-^)/

玄関にある戸袋を探索・・・
すると おや! こんないいもの見つけ~
銅製の鍋物用の鍋発見。
ちょうど同じようなのが古びてきたので 交代させよう・・・

などと 寄り道をしてしまったが
やっと 短大の卒業アルバムにたどり着く。
どうやら この人らしい人を見つけるが
イマイチ 確実感がわかない。
姿は似ているけれど 顔がやっぱり違うかも
・・・振り出しに戻る…

まあ この謎は
いつか また解明されることもあるかもしれないので
一応 今の状態を記録しておこう。



[PR]
by nonkonogoro | 2014-10-26 10:22 | Comments(6)

「珍しくお風呂に入らなかった…」

多少の風邪気味でも 疲れていても
たいていお風呂に入ってから寝るのが日課なのに~
昨夜はなぜか パスしてしまった。

別にしんどいわけでも 疲れているのでもないのにねえ。。。

私はたいてい食後 すぐ 一旦寝てしまって
一時間半後くらいに起きてから 入浴する習慣なのだけれど
その目覚めが悪かったので そのまま再び寝た方が良いと
思ったのだった。

ま そんなことは どうでもよいのだけれど…(笑)


私が起きるのは 毎朝6時頃。
日増しに夜明けの時間は遅くなってきているが
夜明け間近に 家々を眺めていると(少し高台なので 見晴らしはまあ良い)
家が赤っぽく見える。 先日は一軒だけ 真っ赤に見えたので
スワッ!火事か!と ドキッとしたけれど
すぐに 普通の色合いに戻っていった。

赤富士のように 夜明けすぐに 山々が赤く染まるのは 知っているが
そうなんだ~ 家やビルも 夜明けで赤く染まることもあるのねえ。
街の家やビルが 朝日に輝いているのは 私の好きな光景だ。

夕焼けよりも 朝日が好き。
ということで
今朝は 庭の秋に 朝日が注いでいる風景を撮ることにした。

f0322282_09532159.jpg
ツゲの一種で ボックスウッドと呼ばれている。





f0322282_09534108.jpg
柚子の実は 今日は脇役。
主役は朝日を浴びる葉っぱです。






f0322282_09535868.jpg
我が家の庭の紅葉一号さん。





f0322282_09541825.jpg

いったい どんな虫が こんな風に穴を開けたのでしょうね~( ̄▽ ̄)V
なかなかデザイン感覚にあふれているようです。





[PR]
by nonkonogoro | 2014-10-25 09:59 | Comments(4)

「掃除はきらいだけれど…」

私は掃除好きではない。
どちらかと言えば きらいかもしれない。
家事の中では アイロンかけとワースト首位を争うくらい(笑)
でもね
掃除用具・便利グッズは好きなのよ~(^-^)/

我が家のリビングと子供部屋には
カーテンとブラインドの両方が掛けられていて
冬場の寒い時期には 両方することもあるけれど
日頃は便利なブラインドを利用している。
そして ブラインドには ほこりが積もってくる…

まだ 100円ショップが近くにできる前に
ブラインド掃除器具を買ったのだけれど
それは ブラインドを一枚だけ 挟み込むタイプので
へナヘナと頼りなく どうもうまく ほこりをふき取れなかった。
それで 平らにして 不織布雑巾で拭いたりもするけれど
これもまた のれんに腕押しにみたいで~うまくいかず

・・・

ほりっぱなし ( ̄▽ ̄)V

でも 今日は 二股で頑丈そうなのを 100円ショップで見つけたので
買ってみた。
早速 ほこりをいっぱい吸い込みながら 掃除をした。

f0322282_18420994.jpg
わりと うまくいった。
でも 窓一つ分で 飽きたので~
他のブラインドは 又今度ね。





[PR]
by nonkonogoro | 2014-10-24 18:47 | Comments(2)

「雨のち開花」

f0322282_15344743.jpg
数日前 まだつぼみだった つわぶきの花が

今朝は 開花していました。

早速 虫もやってきています。


つわぶきの花は

昔 祖父母宅の玄関前に ひっそりと咲いていて
大好きな花でした。

冬の寒さと一緒に記憶に残っていますが
まだ こんな暖かい季節なのに咲いています。
つわぶきも せっかちになったのでしょうか(笑)

それが 何年か前から
我が家の庭にも 咲くようになりました。

日陰の花は ひょろひょろしていますが

これは 日の当たる場所なので

割と元気がいいようです。

f0322282_15342610.jpg



[PR]
by nonkonogoro | 2014-10-23 15:39 | Comments(6)

「だまされてきました」

何にだまされたかって?

ふっふっふ~

それはね
兵庫県立美術館で開催されている
「だまし絵Ⅱ」展です。

2009年にも各地で開催され 好評だったそうですが
私はその時には行かなかったので
今回が初めてです。

私も長年日本画を習っているので
絵というのは 目の錯覚を利用して
立体的に見せたり 強調したりすることは理解できていますが
それでも どうして なんで こんな風に見えるの?と
驚く作品もありました。

実際に目が動くのもあったり(ちょっとこわい)
実物は どう見ても ピアノのパーツの寄せ集めにしか見えないのに
あら不思議 鏡の中ではちゃんとピアノに見えている!!( ̄□ ̄;)
針金をぐしゃぐしゃに丸めたものに ライトを当てると とかげやら虫に見える!! 

だまされそびれたら損なので(笑)
どれも真剣に見たので ちょっと目と神経が疲れました。

美術館に行く前に 近くのレストランで食事した際に
この入場券を見せたら 一割引してくれたので うれしかったです。






[PR]
by nonkonogoro | 2014-10-22 17:55 | Comments(6)

「ミニデカンタ」



義姉のスペイン土産にもらったのは これ。
デカンタ(デキャンタ)というものです。

f0322282_17280076.jpg
デカンタ(デキャンタ)というのは
ワインを一旦別の容器(ガラス製)に移すことによって
ワインの「オリ」を除いたり
空気に触れさせることによって 風味を変化させる~という役割があるようです。

これは
ワインの口に直に差し込むタイプです。
早速 使ってみましたが
元の味がわからないので 変化したのかどうか不明です。
でも とっても楽しい形なので アップしました~(^-^)/



[PR]
by nonkonogoro | 2014-10-20 17:32 | Comments(8)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧