この頃思うこと cellonon.exblog.jp

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「ところてん第二弾」

先月 鳥羽へ墓参りに行ったときに購入したテングサで
ところてんを作った話は 以前書きましたが
100gのうち25gだけ使ったので 残り75gは そのまま…

昨日ようやく 水に浸けておいて
今朝 煮詰めました。
50gで 3リットルの水がいるのですが
そんなに大きなお鍋はなくて ようやく探し出した大鍋でも
少し水が残ってしまいました。
後で足していけばいいよね~と思いながら 煮始めたら
そうなんだ! 二つの鍋で煮ればよかった~と気づき
それから 残りを小鍋に分けました。(頭の回転速度が落ちているらしい)
やはり 二度目は手際よくできました。
少し堅い目にしたので 突くのも楽で
今回は煮詰めすぎなかったので たくさんできて 残りは冷凍しておきました。

今日も良いお天気ですが
出かける予定がなかったので 案の定午後から昼寝に突入。
目覚めてすぐに 「ピンポーン」
ああ まだちゃんと覚醒してないのに~
「郵便局です。書留です」
でも 昼寝直前まで 刑事物小説を読んでいた私は やや不安。

ホントにこんな制服だったかしら?
いつもヘルメットなんてかぶっている?
郵便局員さんへと向かう私の足取りが重いのは 寝起きのせいだけではないような(笑)
名前を見るといつもの配達員さんでしたし 郵便物も爆発物ではなく 普通の封筒でした。

突然ですが・・・
皆さん テレビドラマの「相棒」って見たことありますか?
私は 最近はテレビは見ないし
それに 主役の水谷豊さんは あまり好みではないので これまで全く興味なかったのですが
一度 相棒の脇役である鑑識課の米沢守を主人公にしたノベライズを読んだら とっても楽しかったので
それじゃあ 本体の方のノベライズも読んでみよう~と読み始めたら
今ではすっかりはまってしまいました。
でも たぶんテレビの方は見ないと思います。
自分で勝手にイメージして 脳内に作品の世界を作り上げていく方が
私には楽しいようです。
主役の右京さんは 私の脳内でも 水谷豊さんです。。。今では 割と好きになってきましたから。。。



[PR]
by nonkonogoro | 2014-11-16 15:31 | Comments(0)
産経新聞の私のお気に入りコーナーの一つは
尼崎の医師・長尾和宏さんの 「和の町医者日記」です。

ここでは  老人医療や病気別にシリーズが設けられていて
今は「腸と心」シリーズです。
そして 今日は とても面白いことが書かれてありました。

口から肛門までは 間違いなく一本の連続した管であり
口から挿入した胃カメラと肛門から挿入した大腸カメラは
小腸内でお見合いをすることができます。
分子生物学者の福岡伸一氏は
「人間はチクワである」と言います。
なるほど 胃や腸はチクワの穴の表面で外の皮とつながっています。
だから胃腸の中とは「身体の外」だそうです。


え~っつ
そうやねえ。
たしかに 一本の管だと思えないこともないかも。
ミルクのみ人形のように 口から入れると 下方からすぐ出てくるということは
ないのだけれど それでも 飲み込んだ異物なども 1~2日後くらいには出てくるようだからね。

なんだか
これって とても楽しい発想だと思います。
だから どうなんや!? といわれても
それは まあ 返答できませんが(笑)

それから
これは とても重要な見解ですが~

肥満の人が持つ腸内細菌叢(そう)は
少し食べただけでも ますます人を太らせる効果があり
いい腸内細菌叢を確保できれば 太ることはないそうです。
ガンやアレルギーのリスクも減らすことができるとも…

脳は常に腸の支配下にあるそうです。

だから今朝はヨーグルトを少し多い目に食べました。(^-^)/

 

[PR]
by nonkonogoro | 2014-11-15 09:35 | Comments(6)
10月半ばに 姫野カオルコさんのエッセイに触発されて
コスメ改革を実行している私は
今日も ファンデーション抜き 白粉なし
眉墨と口紅だけの 簡単メイクで出かける予定だった。

鏡に顔を近づけてみると
あら まあ 少し鼻の下の産毛が気になる~ので
旅館でもらってきたカミソリで ちょいちょいとひげそりをした。

しばらくして
鏡を見ると
口紅を塗ってないはずの私の唇の端っこが 真っ赤~

もしや これは! ( ̄□ ̄;)

やはり 少し唇の端が切れていたようで
それは 口紅ではなく 自然の赤
自分の血であった。。。
しばらく押さえていたら 止まったので ほっと安心。
でも きれいな真っ赤だったなあ(笑)


今日は 日本画のおけいこだった。
最近家でも描いたので
いつもより早く完成した。

沖縄・竹富島の 古い民家の屋根です。
18年前に訪れてから ずっと描きたいと思っていた 沖縄独特の屋根です。


f0322282_16392917.jpg






[PR]
by nonkonogoro | 2014-11-13 16:40 | Comments(2)
夫と雑談していて
「二期作と二毛作」の話になって…
二人共小学生の時に習ったのに
今でもちゃんと覚えているよね~エライよね~と ほめあって(笑)
二期作は同じ土地に同じ作物を作ること
二毛作は別の作物。と確認する。

でも それって
二期作の一回目の収穫はいつ?
秋に田植えをしているのを見たことはないし…
「日本では やってないんちゃう?」と夫が言う。
「でも たしか 四国かどこかでやっていると習ったはず」とわたし。
不思議 ふしぎ・・・で ネット頼み…

謎が解けました。
たしかに 1970年頃までは 平均気温16度以上の土地(高知・宮崎・鹿児島・沖縄など)で
行われていたようだが…
高知平野は二期作で知られていた。
たとえば、1回目は3月中に籾蒔きをし7月中に収穫され、2回目は7月中に籾蒔きし11月ごろに収穫されることになる。

そうなんだ。とても忙しそうね~
私が小学生の頃は まだ高知県では 二期作が行われていたのだろう。
2010年現在では沖縄県で行われていると ウイキに書かれていた。

小学生の頃習って覚えたはずの国名なども
どんどん変わっていくし
いまだに ロシアなのかソ連なのか わからなくなるし(笑)
それでも 首都などはちゃんと覚えていたりもして~
ああ あの頃の記憶力よ カムバック!!

それにしても いつの間に 「お勉強シリーズ」ができたのだろう・(笑)




[PR]
by nonkonogoro | 2014-11-11 21:48 | Comments(0)
遠い昔のことになってしまったが~
嫁入りの際には
なんやかや あれこれ 新家庭で使うものを準備していった。
新しい服も買ったし
たしか ティッシュペーパーなども買ったような~
まあ実際に 結婚してからは つつましい暮らしが続いたので
それらの備品はとても役に立った。

…で 何の話かと言うと(笑)
そのとき おそろいのガウンも持参した。
ウールで裏つきの これぞガウン!というような感じの
重くて 長くて でも割合温か~

それは いつ頃からか 着ないようになってしまったのは何故?
私の方が長く着用していたが
ロングサイズだし 育児には不向きだったので
いつの間にか仕舞われ 今では 軽い温かいアクリル系の
ロングカーディガンを愛用している。

この前の服の入れ替えのとき
これを見つけたので 処分しようか?と
夫に尋ねたら 又着るから~とのことだったので
今日は洗濯して 干しておいた。
地味な模様なので 今でも充分OK。
いつも入浴後 パジャマ姿で うつらうつらとテレビを見ているので
そのときにこれを着れば 温かでいいかもしれない。

私のは どうしたんだろう?
たぶん 思い切って処分したのだろう。
いや でも 何かに変身させようと まだ どこかで眠っているかもしれない。


f0322282_15535245.jpg





[PR]
by nonkonogoro | 2014-11-10 15:55 | Comments(7)

「苦しいときの親頼み」

うちには息子しかいないけれど…
娘さんだと 母親とは密に連絡を取り合ったりしているようで
別にそれがうらやましいとかは あまり思わないのだけれど…
うちの息子が連絡してくるときは 何か探し物 尋ねごとなどで
「今日こんないいことがあったよ~」などという連絡は ほとんどないような~

先日も 自転車のキーを紛失したので
我が家の自分の机の引き出しにあるかもしれない~というので
いくつか写メールしてあげたのだが…
どれも相当しなかったようだし 画像が大きすぎると文句まで言われたので
もうほっておこうと思っていたら~
また 電話があって 「おとうさん 金属を切るのこぎり持ってるかな?」とのこと。
「それはお父さんに聞かないとね~」と返事したが
結局 夫には言ってなかったようだ。

でも まあ夫は暇なようで 私が説明すると
金のこぎりを持っていってやる~と出かけたのだが
一応 息子の引き出しに入っていた鍵も念のため いくつか持っていった。
他のでも開くかもしれないし~ということで。

・・・
で 開いたらしい。(^-^)/
息子がどの鍵か忘れただけなのか 他のでもOKだったのかはわからない。
のこぎりで切って怪我でもしたらいやだなあと思っていたので 一件落着でほっとした。
前の自転車は マンションの駐輪場に置いておいたら
不法駐輪の取り締まりのとき しるしをつけておくのを忘れたとかで 持って行かれてしまい
うちに置いてあった古い自転車を持ち帰っていたのだった。
ほんとにまあ 一応ちゃんと社会人しているようではあるけれど
どじっ子ぶりは 変わってないのねえ。。。

今回の教訓
*念には念を入れよ
*息子②の言ったことは うのみにするな(笑)
*夫もたまには役に立つ。。。

でもまあ 息子②は
午後からは 義母の施設へ慰問に行ってくれたから 良しとしてあげよう。

夫は毎年 業者間の一泊旅があり
カラオケで歌わないといけないので
その選曲と練習のため 駅前カラオケへ~
私は 選曲と歌唱指導(笑)のため 同伴してあげた。

久しぶりに行ったら 選曲本は消えてしまい
ペンタブでセレクトするシステムになっていて
ちょっと扱いにくかった。
そして ジャンル別に フォークソングとかもなかった。
部屋によって 機械も違うようなので
今度からは 選ばなくてはね~
説明を聞こうにも 受付付近も ガンガン大音響で音楽が流れていて
何も聞き取れない。

でも 私も久しぶりに色々歌えて楽しかった~(^-^)/
夫は 特別にいい声はしていないし 声量があるのでもないけれど
私よりは ずっと まし。。。
ああ声の良い人がうらやましいけれど
二人だと 何も遠慮せずに 私でも歌えるのでいいよね~







[PR]
by nonkonogoro | 2014-11-09 17:46 | Comments(3)

「今日はこもり日」

今日は 真面目に主婦業に専念…
午前中だけだけど。
衣料の入れ替え&整理
予想通り 処分品は たったの一枚しか出てこなかったけれど
でも何があるかは確認できたし(手持ち服を すぐ忘れるので)
少しだけ 片付いた感があるし~(あくまで自分の主観ですけど)

何年も着ていなかった 淡いピンクのブレザー
着てみると いい感じだったので
この秋冬はこれを活用することにしようと思う。
スーツのジャケットも 真冬になるまでは 着れそうね。


庭の草を一眼レフで~
自分の目でみると みすぼらしい草花も
マクロレンズで撮ると とっても魅力的に見えるから 不思議。


f0322282_13162465.jpg

                                                                                                                                                              
f0322282_13164124.jpg










[PR]
by nonkonogoro | 2014-11-08 13:18 | Comments(2)

「紀州街道を歩く」

今日も良いお天気で 暖か~
なので 街道ウォーキングに出かけてきました。

前々から気になっていた 奈良県五條市の古い街並みを歩いてきました。
我が家からは JRと南海電車を乗り継いで 2時間ちょっとです。
JRの駅は「五条駅」ですが 市の名前は 「五條市」

ほとんど観光地化されていなくて静かです。
とりあえず 一番端の方まで歩くことにしました。
すると明治時代から続いている旅館がありました。
そこの店先に なにやら書いてあります。
「「小判草」ありますので お尋ねください」と言う内容が書かれてあります。
一旦通り過ぎましたが 引き返したときに 見せてもらいました。
f0322282_17403105.jpg
何か 訳がわからぬ・・・( ̄▽ ̄)V
お店(旅館)のおばさんが 色々説明してくださいましたが
これは コバンソウのドライフラワーで
でも 花ではなくて 葉っぱを 剥いであるようです。
コバンソウといえば 良く見かける イネ科の雑草と同じですが
でも 同じ植物なのかどうか? なま物がないので わかりません(笑)
段々色が変わってくる~とのことなので
面白いから 購入しました。

映画「花影」2008年 の撮影では この旅館が舞台になったそうで
その撮影時の写真も たくさん飾ってありました。

さて ずっと こんな街並みが続いています。
f0322282_17440407.jpg
f0322282_17435256.jpg
そろそろ お昼です~
あまり選択肢がなかったので おうどんやさんに入りました。
ここも 100年以上も続いているそうです。
家族だけでされていて 温かい雰囲気のお店です。
私は「かやくうどん」を食べましたが 薄味で 「京都で食べたおうどんに似てますね」と
言うと なんと! 先代は京都出身だったそうです。
やわらかくて細めのおうどんでした。ボリュームはなかったけれど 上品でおいしい味でした。
ここでも しばらく歓談。。。

帰りに駅で 柿の葉寿司を買いました。

マイブーム (街道ウォーキングシリーズ)も
そろそろ寒くなってくるから 今年は もうおしまいかな~




[PR]
by nonkonogoro | 2014-11-06 17:54 | Comments(9)

「今日は邦楽」

三連休最後の日
とは言っても 主婦の私にはあまり関係ないのだけれど…
何も予定はないなあ~と思っていたら…
昨日ケーナレッスンの時 生徒仲間に尋ねられた。
「明日 行く?」
すっかり 忘れてました。~( ̄▽ ̄)V

同じ生徒仲間のお一人が 尺八もされていて
その方が出演される 「三曲協会演奏会」というのが
私の住む町のホールで開催されるのでした。

というわけで
さわやかな連休最後日の予定は埋まりました。

会場前から並んでいると思ったので
早めに行きましたが 皆さんの出足は遅かったようで
一番前の真ん中の席を確保。

さて 生徒仲間の男性(ちょっとだけ年上)の出演されるのは 8番目です。
一曲10分~15分かなと予想していましたが…
結構長い曲も多かったので 出番まで2時間くらいかかりました。

三曲というのは 三弦(三味線) 尺八 筝(琴)のようです。
時々 地歌も入ります。
歌も曲も 同じような感じの繰り返しが延々と続くので…
私は次第に 夢うつつ状態…
でも最前列なので 寝込まないように 努力しました。

地歌の歌詞は
私にははっきり聞き取れなかったのですが
以前お琴を習っていたという友人には ちゃんと理解できたようです。

尺八は やっぱり男性ばかりかなあ~と思っていたら
女性も登場していました。
小学生~高校生の若いグループもありました。

椅子に座ったり 洋装のグループもありましたが
見て聴いている方からしたら やっぱり和風で正座が
しっくりしました。

私は今 西洋音楽であるマンドリンと
南米音楽のケーナとをやっていますが
明治より前には こういう邦楽しかなかったのですねえ。
お琴も 尺八も 三味線も どれも味わい深い音色だと思いますが
延々と地味に同じフレーズが続いていくのは
やっぱりちょっと退屈です。
もっと現代風の曲・演奏も色々あるのでしょうね。

演奏中に後ろの座席の方の携帯が 
軽やかなメロディを奏でていましたが~
すぐ止めることができなかったようで…
開演前に 「携帯をマナーモードに~」と言うのは
やはり必要なことなんだなあと思いました。


帰り道 近くのマンションで見かけたバラ
あんまり可愛い色だったので~パチリ


f0322282_17501958.jpg


[PR]
by nonkonogoro | 2014-11-03 17:51 | Comments(8)