この頃思うこと

<   2015年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「奈良町へ」

今日は 買い物だけ行って 
後はゴロゴロしていよう~と思っていたのに
夫に誘われて 
この暑いのに奈良へいくはめになってしまった。Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

今朝は歯医者に行く予定だったので
夫とJR駅前で待ち合わせて大阪へ~
大阪からは環状線のホームから 大和路快速で奈良まで行ける。

奈良駅に着いたら ちょうどお昼時分となり
さて どこでランチしようか~とあれこれ迷う。
私は大してお腹が減ってないし あっさりしたものがいいのだけれど
夫の目に付いた店は~ うなぎ イタリアン カレーなど くどい物ばかり。
蕎麦も候補に挙がったが 汁蕎麦ならともかく ざるそばは苦手~
と文句ばかりの私なので なかなか店が決まらない。

ようやく妥協して
「和風ハンバーグ定食」と書かれている店に入ることにした。
本当はハンバーグも好みではないけれど 和風ならまあ許せるので。。。
でも この店が 見た目と違って
意外や意外に とっても感じの良い店で
和風ハンバーグ意外のメニューも豊富だったので
私はクリームコロッケ定食にした。
おいしかった~(^-^)

さて ここから 三条通りを経て
「もちいどの通り」と通り 奈良町へ~
私はずっと「もいちどの通り」だと思い込んでいた。
もういちど来てね~という意味だと。。。
もちいど は「餅飯殿」と書くらしい。

どんどん歩いていったのに
なぜか 奈良町には行き着かない。
夫は何度も来ているので 頼っていたら
どうやら別の通りを直進していたようだ。
地図をみながら ぶつぶつ言っている我々を見かけて
ご近所の住人と思われる中年女性が 声をかけてくださった。
そんなに込み入った道でもないので
以前一人で来たときは ちゃんと来れたのにねえ~

古都は 気候の良い時期に
のんびり一人で歩く方がいい。。。
というのが 今日の私の結論だ。(笑)
夫と歩くとなぜか せわしない。
暑いのも 歩くのには適さない。

なんだか ランチを食べに 一時間半もかけて遠出したようだ。
道路沿いの民家の前で 手作り木製グッズを売っていたので
こんな可愛い物を買いましたよ~
f0322282_21033503.jpg
「格子の家」という民家は無料で見学できたのだけれど
靴を脱ぐのが面倒だったので(紐付スニーカー)
入り口に座って 写真撮影だけ~(前に見学したはず)
この階段と引き出しが合体した物は 私のお気に入り。
昔の商家は たいていこういう造りになっていたのねえ。



f0322282_21062301.jpg


最後になりましたが
「奈良町」の説明です。
「ならまち」とはならの旧市街地、
特に元興寺の旧境内を中心とした一帯を
指します。

今日も東大寺や春日大社 興福寺などは
観光客で賑わっていたことでしょうが
奈良町あたりまでは やってこないようで
空いていました。










[PR]

「やっと使い切った~」

近頃の歯磨きチューブは
逆さに自立できるようになっているので
最後まで使いきれると思うのだけれど~

私の定義する 「空っぽ」と 
夫の「カラッポ」の定義にはずれがあるようで~
もう終わりだから捨てようとして 
念のためもう一度チューブを押してみると
あらっ まだ 出るわ~
数日経っても まだ出ている。
魔法のようなチューブだなあと思っていたら~
夫が 毎日チューブを振って振って振りまくって(笑)いるらしい。
それも昨日ようやくラストを迎え 無事捨てることができた。(^-^)

マヨネーズも同様に 夫に振りまくられている。(笑)

この頃では フッ素入りの歯磨きが多いのだけれど
軽めにゆすいで 口中にフッ素を残しておいた方が
虫歯予防になると書かれていた。ふ~ん そうなんだ~
ま 私の場合は ゆすぎもいい加減なので ちょうど良いのかもしれない。


昨日クローゼットを覗いていたら
ちょうど今の季節にぴったりの服を発見。

f0322282_08275419.jpg
これは もう十数年も前に
四国・徳島県にある脇町という古い街並にある
藍染のお店で購入した 厚手生地のブラウスで
買った頃は 藍色がちょっと濃すぎて
あまり似合わないと思っていたのだけれど
長年経つ間に 藍色もほどよく薄まり 私の加齢効果もあり
本当に着心地の良いお気に入りの衣料となった。

ただ 藤の花模様なので 秋口には どうも~と思うので
初夏に着て また1年経つと たいてい この存在を忘れてしまっていて
昨日のように無事再会できると ラッキーなのだ。(^-^)
だから ここにもちゃんと記録しておこうと思う。

今朝
鼻水がズルズルずるり~んとなったけれど
今はもう治まっている。
あれは何だったのだろう? 何かの植物に反応したのかな~





[PR]

「古事記の朗読」

昨日 
古事記の朗読をされていらっしゃる女性と知り合いました。

ユーチューブにアップされているということで
早速覗いてきました。
誰でも良く知っている場面 アマテラスが天岩戸にお隠れになった場面を
原文で朗読されています。

撮影されているのが 奈良公園で
装束・雰囲気も 古事記っぽくて
とても楽しかったので 皆さんもどうぞ見てください~(^-^)/










[PR]

「ストラディヴァリウスを聴く」

今日は
大阪のレストランで ストラディヴァリウスを聴く機会に恵まれました。

マンドリンのコンサートは 数知れず行っていても
ヴァイオリンのコンサートは あまり行ったことがないですが
あの「ストラディヴァリウス」ということで 興味津々でやってきました。

クラシック愛好家でなくても知っている曲ばかりだったので
緊張せず聴くことができました。

中音の響きが特に深く感じられました。
300年以上前の楽器だそうです。

実は 今日はまだ腰痛の名残が残っているし
数日前からお腹にガスが溜まったようで 重痛いようで~
おまけに少し熱っぽいようでもありました。(暑いせいかも)
行きの電車でも お腹が痛いし
こんなんで コンサートや食事を楽しめるのかなあと
ずっと不安でしたが…

着席し
ウエルカムのシャンパンを一口飲んだら
あ~ら不思議 お腹の具合が急によくなりました~(^-^)
私の身体って 何て気まぐれ~
あれはストレス性だったのだろうか(笑)
帰宅したら 又少しお腹の具合が~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ


演奏の方ですが
一番印象に残っているのは アンコールの「川の流れのように」でした。
中年のお客さんが多かったので こういう選曲をされたのでしょうね。
それから ピアノ伴奏無しの ジュピター(ホルスト)も
心に響きました。

ヴァイオリンというのは ソロの時は立って弾くことが多いので
その立ち姿 演奏姿は とても美しく感じられます。
楽器自体も優雅で美しい形だし~
マンドリンの場合は座っているし
どうしてもうつむいてしか弾けないので
あまりかっこよくないのです。
でもいまさら 違う楽器は弾けませんし
ヴァイオリンは眺めるだけ 聴かせて頂くだけで満足です。











[PR]

「届きました」

昨日 ふと…
たしか 食卓椅子のカバーを注文したはずだ。。。
と思い出しました。
それともう一つ何か一緒に注文したはずですが
まだ届いていません。
はて どこに申し込んだのだっけ?
オットーか ベルメゾンか セシールか~
私の通販購入は そのどれかのはず。
注文したら カレンダーにしるしを入れるか
注文書の控えを置いておくようにしているのに~
見つからない。Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
注文したつもりで 忘れていたのかなあ

でも 昨日は 宅配便日和か
次々と色んな物が届いて
食卓椅子カバーも無事届きました。
あらっまあ
コープさんに注文していたのねえ(笑)
もうひとつの商品は
麻のサマーセーターでした。

ほんとに もう~
忘れっぽいったら ありゃしない。

これは 先日購入した花です。
名前書いてなかったのだけれど…


f0322282_17284779.jpg





[PR]

「ぎくっう~っ」

昨日の日曜日
心地よく目覚め
のんびりと朝食を食べ
パソコンのチェックをして
それでも 出かけるまで まだ間があったので
ヨガの体操をしていたら~

「ぎくっう~っ」となった。
やばい これは 大変です。
そ~っと立ち上がるが
腰の辺りは異様なモードに。。。

先日長時間腰掛けることがあって
こうならないように危惧して
できるだけ足を動かしたり 
きょろきょろ首を動かしていたのだけれど~
やはり 来たか~(・_・ゞ-☆
昨日 重いカートに安売り野菜をどっさり買い込んで
坂道を登ったのがこたえたのかなあ~

などと 原因を追究するよりも
なんとか対処しなくては。。。

とりあえず
ベッドで静かに読書でも~
じっとしていれば大丈夫だけれど
やはり身体の向きを変えたりすると ぎゅ~っと変な感じ。

マンドリンオケの練習を休もうかなとも思ったけれど
家にずっといて 気分がふさぐより
エイヤっと 出かけてみることにした。

腰痛ベルトは持っていないので
できるだけ深いタイプのしっかりしたガードルをはいてみる。
ちょっと マシかも~
でも。。。
靴下がはきにくい。
それなのに どうしても五本指ソックスがはきたくて
悪戦苦闘する。

さあ 出かける準備はOK
でも なんとなくお腹の調子もヘンみたい。
お腹を下してはいないけれど
なんとなく 腸のあたりが もやもやしている。
何か変な物食べたのだろうか?
先日来続けて飲んでいる 乳酸飲料が効果ありすぎ?

でも 頑張って 外へ出る。
足が~ さっさと前へ行かない(笑)
でも 杖をついているお年寄りは 少し早く歩けたので安心する。
これでは 次の電車にしないとダメかなあ~と思っていると
慣れてきて 少しだけ早く歩けるようになった。

駅からはタクシー利用。
帰りの最寄り駅からタクシー。
高くついたけれど
なんとか 練習には参加できた。

これまでも 時々腰の具合が悪くなることがあったけれど
それは 年に一度くらいなので
今年はすでに3月に それが来たので
もう大丈夫だろうと思っていたのに。。。

もっと ウオーキングして鍛え
重いものを持たないようにしなくてはね~(これが難しい)








[PR]

「ソシャール?」

私は 「社交ダンス」のことを カタカナ表現では「ソシャールダンス」だと
思ってきた。だから 今流行りの[SNS]のことも 
「ソシャール・ネットワーキング・サービス」だと思っていた。
でも先日テレビで放映されている映画のタイトルは「ソーシャルネットワーク」と
いうタイトルだったので 今は言い方が変わったのねえ~と思っていた。

夫に聞くと 「社交ダンス」は(社交ダンス)としか言ってなかったそうな(笑)
そして 
英語だと sosial なんだから 「ソウシャル」と言っていたかも~とのこと。
ネットで検索しても 「ソシャール」は 勝手に「ソーシャル」と変換されてしまう。でも「ソシアルダンスクラブ」と言う名前は結構存在している。

じゃあ 私だけ そう思い込んでいたのか
はたまた これは神戸弁なのか~
それとも 中学か高校の先生が 社交ダンスを教えてくれるときに
「ソシャールダンス」と発音したのか?
先生は「ソシアル」と言っていたのを 聞き違えたのか?
(これが一番当たっているかも)

まだ 誰にも確認していない。
皆忘れていると思うし(笑)

ソシャールでも ソーシャルでも ソシアルでも
どうでもいいことのようだが…
もし 「ソシャール」仲間さんが いらっしゃったら
名乗り出てくださいね~(^-^)/








[PR]

「同じ店だと思ったのに~」

今日は 隣町の美容室へ~
ヨガのおけいこの後に ランチしようと
いつものパンやさんの2階のカフェレストランへ~
席に座って メニューを見ようとしたら
あらっ なんか いつもと違う。。。
サンドイッチも 定番ランチもない?

4月末に 別の店に変わってしまったようです。
一階でパン屋さんは前の通り営業しているので
気がつきませんでした。
ま 座ったことだし~
パンは同じ店のだというので ここのランチをお願いしました。
パンにディップをつけるそうで
ずらり 5種類のディップソースが並びました。

f0322282_18034666.jpg
なんだか 実験の材料みたいで~
あまりおいしそうに見えないんですけど~

「紅イモとハチミツ・木綿豆腐」と
「北海道スイートコーンとクリームチーズ」は おいしかったです。
「蓮根とわかめの和風」は フランスパンには合わないと思うのだけど~
「ハーブローストチキンとグレープフルーツ」
「ツナとドライトマトと黒オリーブ」は 私の好みではなかった。

パンのお替わりができると メニューに書いてあったような気がするのだけれど
運んできてくれた人は何も言わなかったし
すでにメニューは下げられている。
後ろのスペースに置いてあって 勝手に取りにいくのだろうか~
でもお隣の親子連れは そんな気配がない。
でも 気になるので 後ろを振り向いたら~
そこには店の男性が立っていて
「お替わりのパンをお持ちしましょうか?」と尋ねてくれたので
ひとつお替わりをした。それ以上振り向きはしなかった(笑)

美容師さんとは長年のお付き合いなので
話がはずむ。
彼女は10歳年下の旦那さまがいる50代の女性だが
夫婦で外食した時 話題がないのだと言う。
皆さんどうしてるのかなあ~と言うので
うちは家中での食事の際は
できるだけ 何か話そうとして お互いに話題を繋げて行っているような~
話すことがないときは 義母や母の話題とか~
ニュースや 今日出会った人のこととか~

でも彼女は仕事柄 ずっと何か話しているし
1日仕事場にいるので そんなに話題もないという。
そう毎日変わったお客が来るわけでもないようだ(笑)
私達専業主婦の方が あちこち出かけて 話題があるのかもしれないね~
でも おしゃべりの人は いつだって 何だって話の種になるので
話すことがない~などという心配は無用なのだと思う。
そういう人を 何人か知っている~( ̄▽ ̄)V












[PR]

「掘 文子 一所不在・旅展」

兵庫県立美術館で開催されている「掘 文子 一所不在・旅展」へ~

さわやかな五月晴れで JRの灘駅から美術館までの道も楽しく歩けました。

掘文子さんは 大正8年生まれ 96歳の今も現役の日本画家です。
私はこれまで彼女の名前も知らなかったし 作品も見たことがないと
思っていましたが 絵本の挿絵や雑誌の表紙なども描かれてきたので
いつかどこかで出会っていたのかもしれません。

日本画家の作品展は
西洋の有名な画家に比べて すいていることが多いのですが
今日はチケット売り場でも並んでいました。
でも 高齢の方が多いので 半額になる証明書を出したり
探したり~に手間取っていたように思います。
私はまだ 半額にならないので
ネットで100円割引券をプリントしていきました。

長い期間描いて来られたので
展示作品の数がとても多く見ごたえのある作品展でした。
写真や映像で彼女の姿を拝見しましたが
女優さんみたいに美しく素敵な方です~

ご主人と死別されてからは
世界各地(ヨーロッパ・南米)
日本内では軽井沢など あちこちを旅し 暮らし
その旅に画風が変わっていきます。

絵本の挿絵のような 本当に可愛い絵もあれば
大胆な風景があり そして病に倒れて復帰してからは
顕微鏡で覗いた世界・微生物なども描いています。

60才を過ぎてからも 益々磨きがかかり
今も意欲的な作品を描かれているのは
まだまだ60ちょこっとの私にはとても励みになります。
体力的に楽器は弾けなくなっても
気力さえあれば絵は描いていけるかも~

帰り道 近くのビルのカフェでランチしようと入ったら~
あら そこにいるのは お嫁ちゃん②では?
でも 先日はそっくりな人を電車で見かけたことだし
間違っていては大変なので
そばまで行って じっと眺めました。本人のようです。
せっかくの昼休みに 姑となど遭遇したくないだろうとは
思いましたが まあしらんふりもできず・・・声をかけ
相席しました。

お嫁ちゃんのオススメの洋風冷麺みたいなのは おいしかったです。
なりゆき上二人分払いましたが
彼女はこのビルで働いているので 割引があったので
とっても安くなりました。(^-^)/

 
よそのお宅の「ブラシの花」真っ赤です。

f0322282_15580962.jpg







[PR]

「資格更新の講習会」

私は運転免許は持ってないけれど
「宅地建物取引士証」というのは持っているのですよ~
以前は 「宅地建物主任者」でしたが 今は「取引士」に変わりました。

息子たちが ようやく幼稚園に行ってくれるようになった頃
何か資格が取りたくて 「宅建」の免許を取ることを思いつきました。
でも通学はとても高いし時間もないので
通信教育を受けることにしました。
久しぶりの勉強で なんだかワクワクして
幼稚園のお迎えの合い間に 喫茶店で勉強したり
息子達が幼稚園友達と ぎゃ~ぎゃ~遊んでいる横で
テキストを広げていました。

試験当日は 夫が 二人を預かってくれました。

でも 落ちました。 (・_・ゞ-☆
あと一問か二問で 合格だったのになあ~

とここで 普段の私なら いさぎよくあきらめてしまうのですが
60代半ばで脳梗塞で倒れた父が
まだ元気なときに 私の試験の結果を気にしていてくれた~というのを
聞いて~もう一度だけ挑戦してみることにしました。
母を介して聞いたその言葉がなかったら 
きっとあきらめていたことだと思います。

2度目で無事合格したときには すでに父は彼岸へ~
そして
結局 実務には一度も携わったことのないまま
ずっと更新だけし続けています。
無駄な行為ではあると思うのだけれど
専業主婦の私にとっては 唯一社会とつながっている糸のようなものなので
やっぱり次回も更新するだろうなあ。

朝の9時半から5時前まで 80分~95分の講義を4回受けます。
眠っているのを二度注意されたら 退室~とおどされているので
頑張って 寝ないように キョロキョロしたり 机の下で足を動かしたりして
挙動不審なおばさんです。(笑)

いつもクーラーが効き過ぎて寒いので
今日はお尻に敷くキルティング布とカーディガンと
レッグウオーマーまで用意してきましたが
フリースのひざ掛けも貸してもらいました。
130人位の講習者のうち 女性は33名。
女性ばかり席をかためてくれていました。
3人席なので オジサンに囲まれたら息苦しいなあと思っていましたが
ほっと安心しました。
(オニイサンならいいのか?笑)

講義の内容は
宅建業ではない人でも興味のあるような
契約時のトラブルなど わかりやすい話が多いです。
建物や土地に関する法律もしょっちゅう変わっていくので
対応が大変だろうなと思います。

時々 係りの男性が座席の間を回って
眠っている人に注意されていました。

エコノミー症候群になりそうなくらい
じっと我慢の半日でしたが
なんとか乗り切れました。

帰宅後は きっと疲れて気力がないのを予想して
今日は カレー(以前購入した夫のお気に入りカレー屋さんのカレー)
楽チン 楽チン。。。(^-^)/










[PR]