<   2015年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

「気をつけましょう」

今日 ヨガのおけいこに行く途中で
高齢の女性が向こうから歩いてきたので
私は歩みを止めて待っていたら~

あらっら~ ころんでしまいました。
阪急電車の高架の下で ちょっと危ない場所だったので
彼女が起き上がって歩き始めるまで しばらく そこで待機。
靴が両方とも脱げてしまっていたし
痛い~と言われていたけれど
なんとか立ち上がり 自力で歩いて行かれたので ほっとしました。

横断歩道などでも
ヨボヨボ歩いておられる高齢者を見かけると
気になって 安全かどうか見てあげますが
それより 自分の方の安全にも気配りしないといけませんねえ。

高齢者の多い町なので
運転しているのが高齢者だとわかると
緊張します(笑)

今日も ほかほか暑かったですねえ。
朝目覚めて 汗ばんでほてった身体に
シャワーしようと思ったけれど
残り湯があったので ざぶんっと浸かったら
全然冷たくなかったです。
冷たく感じないということは 体温より高いのですよねえ。










[PR]
by nonkonogoro | 2015-07-31 18:02 | Comments(2)

「新作ができました」

昨年訪れた 沖縄の 西表島~由布島を結ぶ「水牛車」の絵です。

たった400mなので 歩いてもすぐですが
この遠浅の海の潮が引いたときに
のんびりと水牛車にゆられていくのは
とても情緒があって楽しいです。

18年前にも一度訪れたことがありますが
その頃とちっとも変わっていない風景に
再会できました。

f0322282_20390857.jpg






[PR]
by nonkonogoro | 2015-07-30 20:39 | Comments(2)

「図書館のトイレ その後」

さわやかなスイスの山の話から
突然 現実的な話になりますが~(笑)

昨年8月に このブログにこんな記事を書きました。
「トイレットペーパーを持ち帰ってはいけません」

近くの図書館のトイレに
「トイレットペーパーを持ち帰らないでください」
「手拭代わりに使わないでください」~と書かれていたのです。

その後 「持ち帰らないでください」という貼紙は消えましたが
まだ手拭代わりに使っている人はいたようで…

今日久しぶりに行ったら
まだ その貼紙は残っていましたが
何と! 手を乾かす機械が取り付けられていました。
そう これで 問題は解決したのよね~
お役所仕事にしては 前向きな取り組みで好感が持てます。

でも それならなんで まだ貼紙をはずさないのでしょう?
これでもまだ トイレットペーパーを手拭に使う人がいるのでしょうか?
あも機械の前で じっと手を乾かすという行為が苦手なのでしょうか?
そして
そんなにたくさんの人が ペーパーを手拭に使うのでしょうか?
でも 手拭に使ったと なぜわかるのでしょう?
予備のロールを取り出してきて 洗面所に ど~んと置いて買えるのでしょうか?

どうでもいいことなのだけれど
妙に気になるのです。こんど受付の方にでも お尋ねしてみましょう。。。

究極の解決法の提案

*カメラを取り付けて 現場を撮影する~
(でも カメラの盲点に移動して 手を拭くかもしれない(笑))
*じゃあ いっそのこと 洗面台を封鎖する!
*洗面台を受付の前に移動する。
子供の頃 ハンカチ・ハナカミを持ちましょう~と教えられなかったのねえ。
*我が家の不要なハンカチを寄付してあげましょうか Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

さて 次回トイレを利用したときは
どんな風に貼紙が変化しているか 楽しみです。









[PR]
by nonkonogoro | 2015-07-29 17:38 | Comments(4)

「ヨガとケーナ」

旅をする時には
たいていケーナを持参するようになりました。
人のあまり通らない 景色の良い場所で
ケーナを吹くと
いつもよりは少しうまく吹けるような気がして楽しいです。
ケーナは 南米アンデスの山々に囲まれて
お祭りや 葬送のときに皆で吹くのだと聞きました。
だから自然の中で吹くのが 合うのかもしれません。

f0322282_12411252.jpg
帰国してから ケーナを吹いたら
ケーナが乾燥したせいか
いつもより クリアな音色になったようです。
ケーナもリフレッシュしたのかなあ。(^-^)


そして
新鮮な空気の中では
ヨガのポーズもしたりします。

f0322282_12412392.jpg








[PR]
by nonkonogoro | 2015-07-28 12:44 | Comments(10)

「高山植物」

私達が歩いたエリアは
冬にはスキーゲレンデとなる所です。

ゆるやかな斜面には 色とりどりの花が咲き乱れています。
観光客の目をたのしませる効果はもちろんですが
本来の目的は 牛の飼料なので
早々と刈り取られている箇所もあり 残念~(・_・ゞ-☆

大きな牛たちが すごい傾斜面でも のんびりと草を食んでいます。
だから ここのミルクもヨーグルトもチーズも おいしいのでしょう。


ベルフラワー

f0322282_13462322.jpg

ワタスゲ

f0322282_13463346.jpg


アザミ

f0322282_13464467.jpg


アルプス・アスター



f0322282_13470191.jpg

f0322282_13471687.jpg

トラブル~(・_・ゞ-☆

病気も怪我もせず 無事過ごせましたが
私のトレッキングシューズの裏が ぱっくりとはがれてしまいました。
その日は 歩き終えた後で気づいたので よかったですが
ボンドではうまくひっつきそうもないし(前に夫も同じ目にあったので)
現地で購入することにしました。
あまり選択肢はなかったのですが なんとか合うのが見つかり ほっとしました。











[PR]
by nonkonogoro | 2015-07-27 13:56 | Comments(7)

「謎の写真リクエスト」

グリンデルワルトから電車に乗って
ロープウエイに乗って
また 電車に乗って
そして こんなケーブルカーに乗って
アルメントフーベルに到着します。
ここのハイキングコースは 家族連れが多いです。

f0322282_13052414.jpg

そして又同じコースを戻って
クライネシャイデックという駅で降りました。
ここは ユングフラウヨッホ展望台への電車の乗り継ぎ駅でもあるので
いつも たくさんの観光客で賑わっています。

この駅前にあるホテル~私の大好きな風景です。

f0322282_13101203.jpg

ここから ゆるやかなハイキングコースを歩きましたが
高校生だと思われる団体に出会いました。
楽しそうに 賑やかに 歩いているのを 微笑ましく眺めていましたが
コースの最後の地点で
その中の一人の男の子が話しかけてきました。

私達に一緒に写真に写ってほしいと言うのです。
写真を撮ってほしい~との聞き間違いかと思ったのですが
どうやら そうではないみたい。
自撮り棒もないのに デジカメをこちらに向けて
彼と我々夫婦を写していましたが
あれで ちゃんと写っているのかな~ どアップの顔は こわいなあ~
歩きつかれて よれよれだし・・・
なんで こんなくたびれた中年夫婦と一緒に写りたいと思ったのでしょう。
英語で話しかけてきたので 日本人ではないと思うのですが
髪の毛は黒く 顔も東洋系だったので 不思議です。

「何人の外国人と一緒に写真を写せるか~?」というゲームでも
やってるのではないか? と夫が推測しました。(笑)



一週間泊まったのは こんなアパートです。
自炊なので ペンションではなく ウイークリーマンションのような形態です。
オーナーご家族が同じ建物に住んでいます。
居心地良く 景色も良く 本当に素敵なアパートなのですが
ただ一つだけ難点があります。

ハエが いっぱ~いいるのです。
以前も ハエには悩まされたので ハエタタキとハエ取り紙も持参。
(100円ショップに売っていた)
一度テラスで食事をしかけたら ハエが数匹寄って来たので
追い払いながら食べていたが やはり落ち着かないので 室内に避難。
でも なぜか 室内にも たくさんのハエが入り込んでいる。。。

あっ! と 夫が言った。
窓が開いていたのだった。
ここのハエは動作が鈍いので (やっつけられることに慣れてない)
夫のハエ叩き作戦は次々と勝利をおさめていったが(笑)
私がやると なんとか一匹倒せたけれど
ハエ取り紙が アパートの備品の案内書に ひっついてしまい
糊だけがベタベタ残ってしまった。 ハエ取り紙作戦 失敗~(・_・ゞ-☆

でも 日本の蚊攻撃よりは ましかも。
スプレー缶は スーツケースに入れてもダメだと思うので
自分たちが ハエになれるしかないのかも。
f0322282_13184864.jpg








[PR]
by nonkonogoro | 2015-07-26 14:21 | Comments(7)

「グリンデルワルトへ移動」

一泊したホテル近くのオエリコン駅から 
アイガーのふもとの町 グリンデルワルトまでは
電車を二回乗り換えます。乗り換えも含めて4時間以上かかります。

ベルン経由と ルツェルン経由という二つのルートがありますが
行きは ルツェルン経由にしました。
そして ルツェルンで乗り換えてから 2時間余りの列車内で
意外な出会いがありました。

4人掛けシートに二人で座っていたら
向かい側に座ってきたのは 中国人の若いカップルでした。
彼らは 若い人ばかりのグループで旅しているようでしたが
私達に話しかけてきたのです。
とっても感じのよいお二人だったので
お互いの国の言葉を教えあったり 車窓風景について話したりして
楽しい時が過ごせました。
いい記念になるから~と 4人で一緒の写真を写しても良いですか~と
言われたので にっこりポーズ~(^-^)

これまで 中国と言えば トラブルの相手国という悪い印象しかなかったのですが
少し考えを改めました。
ご主人の方は ドラゴンボールなど 日本のコミックが好きだと言っていました。

列車内から撮った写真です。
氷河の溶けた水が流れ込んでいるので
こんな美しい色になるそうです。

 
f0322282_23150695.jpg

f0322282_23151939.jpg
これは 駅で開かれている 蚤の市なのでしょうか~

さて
グリンデルワルトに到着してからは 宿泊するアパートに行き
休む間もなく 登山鉄道に乗って 山の上へ~

アイガーグレッチャーという駅で降りて 下っていきます。
ここからは アイガー ユングフラウなどの山の氷河が一望できます。
手を伸ばせば届きそうに見えますが いえいえ 結構距離があるようです。
地球温暖化で 氷河の先っぽは 黒ずんでみえるので
望遠で 上の方のきれいな部分だけ写しました。

f0322282_23251374.jpg
飛行機に長時間乗ったせいで
お腹がごろごろしていたので
あまり楽しんで歩けませんでしたが
アパートにもどっって休憩していたら
おさまったので ほっとしました。

翌日からは ずっと山歩き =ε=ε=ε=┏( ̄ー ̄)┛








[PR]
by nonkonogoro | 2015-07-25 23:31 | Comments(2)

「帰国しました~」

16日(木)
スイスへは スイス航空を利用するので
当日に成田まで行くのは無理なので 空港内ホテルに前泊した。
台風11号が西日本を直撃という予報だったので
予約してあった 伊丹~成田の飛行機をキャンセルして 新幹線にしようかどうかと迷ったのだが 昼頃は大丈夫だったので 決行。
関西は 強い雨が降り続いたそうだけど 
東京は影響なくて 無事出発できました。

予定通り12時間半ほどのフライトで チューリッヒに到着。
日本時間では真夜中なのだけれど ここでは まだ夕方。
無理やり こちらの時間に合わせてしまう。

空港近くの オエリコン[Oerlikon]と言う町のホテルに宿泊。
ここは 以前ツアーで利用して以来 駅前で便利なので利用している。

ホテル近くのビル

f0322282_18112745.jpg
こんな古い建物が まだたくさん残っている。

近くのイタリアンレストランで ピザを食べ
できるだけ 遅くまで起きていようね~と言ったのに
二人共 耐え切れず8時に バタンキュー (・_・ゞ-☆

そして ホテルの部屋から眺めた朝焼け
いい感じに 飛行機が通過してくれた。(^-^)

f0322282_18130480.jpg
明日は 電車を乗り継いで 山の街 グリンデルワルトに向かいます~


我々の留守中に 息子①が出張で我が家に泊まっていたが
ひどい雨漏りだと 悲痛なメールが届く。
帰宅すると
あちこちに たくさん洗面器とタオルを置いてくれていた。
神戸に住む母からは 避難勧告が出た~とのメールあり。


長期留守の際には カラカラに干からびている 鉢植えの植物が
皆元気だったので たしかにすごい雨量だったのだろう。
先日購入した 「水やり当番」という器具は あまり活躍してくれてなかった。






[PR]
by nonkonogoro | 2015-07-24 18:23 | Comments(7)

こちらも暑いです

今日木曜日午後の飛行機で帰国します。

コメントありがとうございます。

異邦人さん
ずっとアイガーのふもとグリンデルワルトに滞在しました。
マッターホルンも眺めたかったのですが。。。

鈴音さん

こちらも例年より暑いので チョコも持ち歩いていると
すぐ溶けてしまいます。


photodeparadaiseさん

あっというまに 帰国日になってしまいました。
お天気だったので たくさん写真が撮れました。

それではまた
旅の記録をアップしますね。








[PR]
by nonkonogoro | 2015-07-23 12:44 | Comments(3)

無事到着しました

留守コメントありがとうございます。
れんげさん 異邦人さん blue-robinさん kobさん 加代子さん 。

台風11号の合間を抜けて 無事 スイスのグリンデルワルトに到着できました。
久し振りの山歩きで疲れて 昨夜は8時半に寝てしまったので 真夜中にこれを書いています。タブレットから打つのに慣れてないの パソコンの何倍も時間がかかります。一昨年と同じアパートに泊まっていますが 大家さんの家族1人増えて 飼っていウサギの数もいっぱい増えてました。
それでは また。。。








[PR]
by nonkonogoro | 2015-07-20 10:46 | Comments(3)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧