<   2015年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

「ワールドフェスタ」

今日は 私の住む町の「国際交流会」主催の
ワールドフェスタというイベントに行ってきました。
先日出会った
ラトビアという北欧の国の楽器「クアクレ」の演奏があるので
楽しみでした。 以前の記事はコチラ

演奏されたのは 先のイベントで司会をされた女性です。
ラトビアグッズのお店のオーナーでもあります。

このイベントは市報で紹介されていたので
会場には たくさんの方が来られていました。
子連れの家族も 老夫婦も そして
私のように1人の方も。

9カ国の料理が少量ずつ 定価100円で売られています。
私は イタリアの「とうもろこしのフリテッレ」
インドの「サモサ」
中国の「焼きビーフン」を食べました。
どれも おいしかったです。(^-^)





f0322282_22474549.jpg
楽器がよく見えるように~

f0322282_22480088.jpg
彼女が優しく両手を動かすと
まるで 木が歌っているような
心地よい響きが流れてきました。

いいなあ
弾いてみたいなあ。。。(∪_∪)








[PR]
by nonkonogoro | 2015-11-14 22:54 | Comments(7)

「せせらぎの小道 つづき」

翌日はお天気にも恵まれ
予想していたよりも暖かくて
絶好のウオーキング日和でした。

ゆすはら町からは
マイクロバスでセラピーロードの入り口まで向かいます。
すごく揺れる~と地元の方におどされていたので
今日は 酔い止め薬を飲むことにしましたが
飲んですぐに もう眠くなりました(笑)
ちゃんと歩けるのでしょうか?
細い吊り橋とか ないでしょうねえ。。。

あまり高低差のない穏やかな道ばかりが続いています。
ここは 100年ほど前にの灌漑用水の水路があり
この水路に沿って 歩道がつけられているのです。
1人しか通れない細い幅の部分も多かったです。
でも 転げ落ちても まあ 大丈夫そうな地形だったので
安心して歩くことができました。

f0322282_14354433.jpg
もみじは すっかり散ってしまって
ふかふかのじゅうたんみたいになっています。

地元のガイドさんが丁寧に 周辺の草木の説明をしてくださるので
興味深く色々質問もしながら 楽しく進んでいきます。

下の方には 久保谷川が流れているので
その せせらぎの音も心地よく聴こえてきます。
夏場は マムシも出没するとか~
その他にも 鹿 イノシシ なども。。。

f0322282_14365078.jpg


f0322282_14353260.jpg

ここは昔国有林だったそうなので
今でも杉の木がたくさん生えています。

f0322282_14360110.jpg
途中で休憩して
ビニールシートを敷いて
皆でランチタイム。
ここの入り口には おいしいパンやさんがあるのです。


音楽と森林浴と
盛りだくさんの ゆすはら旅
とっても楽しかったです。
帰りのバスでは ぐっすり爆睡したので
あっという間に岡山に到着。

瀬戸大橋から眺めた夕暮れどきの風景
「瀬戸は 日暮れて 夕波小波~♪」
f0322282_14365977.jpg

梼原町は兵庫県の西宮市と姉妹都市なので
こちらの役場へも 西宮市や他の町の方が 何人か所属されています。
「ゆすはら応援隊」と呼ばれているそうです。
子供達も 夏休みなどは お互いの町へと交換学習(?)されてるそうです。
いい試みですね。






More
[PR]
by nonkonogoro | 2015-11-13 15:29 | Comments(6)

「せせらぎの小道」

「セラピーロード」という言葉を耳にされたことはありませんか?

セラピーロードとは、フィールド生理心理実験に基づき、専門家による科学的効果の検証がなされて認定された散策路を指します

このセラピーロードに認定された道が二本以上あると
「セラピー基地」というものに認定されるそうです。

そのセラピーロードの一つである
高知県 梼原町(ゆすはらちょう)の (久保谷セラピーロード)
行ってきました。

このセラピーロードをイメージして
マリオネットの吉田剛士さんが 「せせらぎの小道」という曲を作曲され
そのご縁で 私の所属する 「マリオネットマンドリンオーケストラ」の有志が
ゆすはら学園の生徒たちと それぞれの「せせらぎの小道」を演奏することに
なったのです。

私はこれまで結構全国各地を旅してきましたが
まだ高知県を訪れたことがなかったのです。
だから とっても楽しみにしていました。
ここは高知県とは言っても
愛媛県に近いエリアで 関西からの交通はとても不便です。

新幹線で岡山に出て
そこから チャーターしたバスで現地に向かいました。
勢い込んでこの演奏ツアーに参加希望したとは言うものの
実は私は かなり車酔いする方なのです。
さて 困りました~(・_・ゞ-☆
4時間以上もバスに乗るので 酔い止めの薬を飲めばいいようなものですが
薬を飲むと 即眠くなるので
午後からの演奏中に寝てしまいそうです(笑)

何度も深呼吸を繰り返しながら なんとか無事到着しました。

ゆすはら町の家並みです。

f0322282_14352030.jpg


私達が訪問したのは梼原学園という町立の学校です。

平成23年度に開校した梼原学園は 1年生(小1)から9年生(中3)までが一つの施設で学ぶ小中一貫教育校だそうです。
小学生による器楽演奏と 中学生による フルートとお琴の演奏でした。
広い体育館に全児童が座り込んで 私達の演奏を聞いてくれました。
とても広い会場だったので 後ろの方まで ちゃんと音が聴こえたのかなあと
心配でした。

夜には
町の施設で 地元婦人会の手料理を味わいながら
色々な方の演奏も楽しむことができました。
高知県と言えば 「皿鉢料理(さわちりょうり)」が有名ですよね。
私ははじめてだったので わくわくしながら 眺めて 味わいました。

本当にたくさんの種類のお料理が大皿に盛られていました。
(写真撮るのは忘れてました・笑)

さば寿司 鶏の唐揚げ 薄焼き卵で巻いたお寿司 タルトも~
「リュウキュウ」と呼ばれる 「ハスイモ」の茎も初めて食べましたが
とってもおいしかったです。
もちろん タタキも大皿にどっさり。
それから びっくりしたのは 
大皿に お汁ごと おうどんが盛られていたのです。

中華料理みたいに 「これ何だろう?」と賑やかに頂きました。



この町のキャッチフレーズは
「雲の上の町」だそうです。
残念ながら 今回は雲の上には乗れませんでしたが
朝 ホテルの窓から眺めた風景は
こんなに幻想的でしたよ。

f0322282_15363980.jpg

長くなったので
セラピーロードの散策は 別枠にて 書きますね~(^-^)





[PR]
by nonkonogoro | 2015-11-13 14:59 | Comments(0)

「父の27回忌」

父の亡くなったのは平成元年なので
何回忌というのが 計算しやすい(笑)

父は
脳梗塞で入院して 一月くらいで
あっけなくこの世を去ってしまった。
あれから27年の歳月が流れていった。

自分の年齢が限りなく
父の亡くなった年に近づいてきた。
ちょっとこわい。。。

前回の23回忌の折には
畳を替え ふすまも張り替えた。
いつも会っている家族しか集まらないというのに
母は法事となると なぜかとても張り切る。
今回も早くから 粗供養の品や食事の場所をどこにするかで
あれこれ悩んでいたが それらが決まってからも
あれこれ 気になることばかりだったようで
これで ようやくほっと一息つけたことと思う。

母は還暦を迎えてすぐに 1人暮らしとなって
まだなんとか 1人で頑張っていてくれている。
でも さすがに次回の33回忌には どんな状態かわからないだろう。
姉と私が近場に嫁いでいて 本当に良かったなと思う。
ま 私は母の電話の話し相手しかしてないけれど
姉は なんでも てきぱき処理してくれるので 本当に助かっている。

法事の後は
久しぶりに神戸の街で中華料理を食べた。
法事のときは 和食の方が似合いそうだけれど
やっぱり神戸に住んでいるせいか
人が集まると 中華料理~というパターンが多い。

今日は久しぶりの雨。
この雨があがると 秋が深まっていくのでしょうねえ。(∪_∪)











[PR]
by nonkonogoro | 2015-11-08 17:35 | Comments(10)

「つるの利用法」

先日植木屋さんが来たときに
「かずらやつる草が異常発生していて 樹木を痛めるので除草剤をまいた方がいいのでは」と言われたが 私は除草剤というのは ちょっと抵抗があるなあ。
一応庭の雑草はきれいにしてくれているので
今は ほとんどつる草もかずらも 見えてないが
じっと眺めてみると 
隅っこの方には まだ 枯れたつる草だけ残っているようです。
(かずらも つる草の一種ですが 一応 植木屋さんは区別していました)

根っこがしぶといので 春になれば また復活して益々増殖していくのでしょう。
可愛い実もなるので ちょっとくらいは風情があって 除去するほどではないと
思っていたけれど 樹木に巻きついて木の生命力を弱めてしまうのかもしれないね。

昨日 自力で抜けそうな草は抜いてみたが~
うん これは 何かに利用できるかも~(^^)/
小さいリースや カゴなら 私でも作れるかも。
ということで 今は 引っこ抜いた草を乾かしてます。

でも 明日は雨のようだし
このまま置いておいても
きっと何か作る気はなくなりそうだし
すでに乾燥しているようだから
即席作品を作ってみました。
丸めただけだけれど
残っている葉も それなりに いい感じ~(^^)/


f0322282_15120284.jpg







[PR]
by nonkonogoro | 2015-11-07 15:17 | Comments(5)

「つるの利用法」

先日植木屋さんが来たときに
「かずらやつる草が異常発生していて 樹木を痛めるので除草剤をまいた方がいいのでは」と言われたが 私は除草剤というのは ちょっと抵抗があるなあ。
一応庭の雑草はきれいにしてくれているので
今は ほとんどつる草もかずらも 見えてないが
じっと眺めてみると 
隅っこの方には まだ 枯れたつる草だけ残っているようです。
(かずらも つる草の一種ですが 一応 植木屋さんは区別していました)

根っこがしぶといので 春になれば また復活して益々増殖していくのでしょう。
可愛い実もなるので ちょっとくらいは風情があって 除去するほどではないと
思っていたけれど 樹木に巻きついて木の生命力を弱めてしまうのかもしれないね。

昨日 自力で抜けそうな草は抜いてみたが~
うん これは 何かに利用できるかも~(^^)/
小さいリースや カゴなら 私でも作れるかも。
ということで 今は 引っこ抜いた草を乾かしてます。

でも 明日は雨のようだし
このまま置いておいても
きっと何か作る気はなくなりそうだし
すでに乾燥しているようだから
即席作品を作ってみました。
丸めただけだけれど
残っている葉も それなりに いい感じ~(^^)/


f0322282_15120284.jpg







[PR]
by nonkonogoro | 2015-11-07 15:17 | Comments(0)

「美容院は大賑わい」

いつも行く隣町の美容室は
スタッフは二人で
お客も二人のことが多いのだけれど
なぜか今日は大繁盛~( ̄▽ ̄)V
5人位のお客さんが腰掛けていて
待合席にも人がいた。

私はカットだけなので
一時間くらいで終わるが
毛染めやパーマの人は もっと長くかかる。
隣の若い女性は トリートメントか毛染め中らしく
手には何かのリストを持ち
次々と電話している。
忙しい人なんですねえ。

私はだいたい3ヶ月おきに カットするのだけれど
今回は まだ2ヶ月ちょっと。
なんでも老化 退化していってるというのに
髪の毛と爪だけは 相変わらずどんどん伸びてくる。

帰りに立ち寄った店で
一旦は手に取って 買う気になっていた 白いブラウスも
雑貨やさんで レジまで持っていきかけた ミニボトル(花瓶)も
やっぱりや~めた とあきらめたけど
最後に寄ったお店で出会った インド製の刺繍のいっぱい入ったショールは
すごくいい すごく好き~とひきつけられてしまい
買っちゃった~(^^)/

f0322282_23443405.jpg






[PR]
by nonkonogoro | 2015-11-05 23:45 | Comments(4)

「メープルシロップ大好き」

ワッフルやパンケーキに メープルシロップをかけると
とても幸せな気分になれる。
あの 何ともいえない甘い香り。。。

でも 量の割りにお高いので
いつも買うのをためらってしまう。
カフェでコーヒーを2杯飲むくらいなのだから
たいしたことはないのだけれど~
貧乏性なので なかなか こういうものは買えなくて
蜂蜜入りで割安のを つい買ってしまうのだけれど
昨日は スーパーで安売りをしていたので
久しぶりに買うことにした。

甘くなさそうなワッフルも買ったので
早速 とろり~とかけてみた。
自然な甘さでおいしい。

100%自然の味。(虚偽の表示でなければね)
カエデの樹液を集めて 煮詰めて作られるそうだが
なんと 1㍑のシロップを作るのに 40リットルもの樹液が要るとのこと。
日本でも少し栽培されているようだ。
うちでも栽培できないかしらん(笑)

蜂蜜は せっかく蜂が集めた宝物を横取りしてしまうので
なんだか蜂に申し訳ないなあと心が痛むのだけれど
カエデの場合は どうなんだろう?
樹液を抜いてしまうと やはり木にもダメージがあるのだろうね。
でもそのために育てているのだから いいのかな?
その点羊の毛は 刈っても また生えてくるから 許せるかも(笑)


並木の真っ赤な実
なんの木だろうねえ。。。
f0322282_19161686.jpg







[PR]
by nonkonogoro | 2015-11-04 19:17 | Comments(4)

「今さら気づくこと 思いつくこと」

今日はさわやかな暖かい休日だ。
夫が朝早くゴルフに出かけたので
今朝の朝食は自分の分だけの用意でいいから楽チン。

今日の買い物は いつものコープとは別のスーパーなので
配達はしてくれないから しっかりしたリュックを持参することにした。
ここからの帰りは急な坂道を通らないといけない。
あまり重いとリュックでもしんどくなるので
しばらくは カートを使っていたけれど
それはそれで 坂道を引っ張るのが大変。

それで
今日は山用の本格リュック(小型)を持っていくことにした。
今日はあまり野菜を買わなかったので
これにおさまった。
いつものチャチなリュックと違って
前面の胸とお腹のあたりに止め具がついていて
ぴったりと私の体に固定できる。
坂道も割合楽に登れたようだ。

長年同じような暮らしをしていても
合理的でない部分 もっとこうすれば楽になるのに~
それに気づかない部分が たくさんあるのだと思う。

これまで こうしなければ~と思い込んでいたことでも
そうじゃなくて 別のやり方の方が もっと具合がいいこともある。
なんでもない時に はっとアイデアが浮かんだときは とてもうれしい。
それは 何?と聞かれても
う~ん すぐには思い浮かばないけれど。。。

たとえばねえ
私は鉛筆愛用者だけれど
パソコンの側に とっても小さな鉛筆削りを常備している。
爪切りも~ 
室内の鉢植え植物の水遣りのためには
ミニペットボトルに穴のあいた口をセットしてじょうろ代わりに。
ベッドで読書するときには
使っていない枕をいっぱい背中に置いて 楽チン体勢で~

自分にとって 便利で心地よくなるように
もっと 色々改善してけたらいいなあ。(^-^)

皆さんも 快適に暮らす為の素敵な工夫などあれば 教えてくださいね~


近くの公園の桜
もうすぐ 全部散ってしまうんだろうねえ。
f0322282_13463007.jpg




[PR]
by nonkonogoro | 2015-11-03 13:45 | Comments(6)

「化石も好きなのよ~」

↓で 遺跡の話をしたけれど
実は もっと前の時代の遺物である化石も好きなんです。

今日はお天気悪いし
買い物にも行かなかったので
衣類の整理・発掘と本棚の点検をしました。
(整理ではなくて 何があったかなとチェックしただけ)
先日から探していたセーター類の袋も無事発掘できました。

私は毎日何かしら本を読んでいるほどの本好きだけれど
そのほとんどが図書館で借りているので
うちには ほとんど本は置いてないのですが
小説以外の本は 少しあります。

今日再発見したのは
街中にある化石発見の本と
サボテンの本 鉱石の本 世界の楽器など

街中の化石というのは
デパートやホールなどの大理石の中に見つけられます。
化石のある店名や場所なども詳しく書かれていて 楽しいです。
トイレや階段などにも よく使われているので
あの本を買った頃は トイレでも大理石を見かけると
じっと眺めていたものです。

今 もう一度見ようと本棚を探したのに
あれえ~ どこかへ隠れてしまいました。
おかしいなあ~ そんなにたくさんの本ではないのに…

十数年前までは 駅前に古書店があったので
書店では普段目に付かないような本も見つかり
よく買ったものです。
野鳥の本も 釣りの本も フランス語の辞書とかも~
古本屋さんで
乱雑に積み上げられた ホコリっぽい 湿っぽい本は
たまに 崩れてきたりして~
楽しい空間だったのになあ。

買う人にも
愛想のないオジイサン店主さんだったけれど
古本を売りに来た人には もっと愛想悪いのでした。
古本屋にぴったりのオジイサンでした。(∪_∪)

今日は1人夕食だったので
豚肉のしょうが焼きを作ったのですが
前に買ってあった 安納芋(あんのういも) 
もゆがいてから一緒に焼いたら
とっても美味しかったです。
安納芋は 種子島の安納地区発祥の芋です。
さつまいもの一種だけれど 風味は少し違うような。







[PR]
by nonkonogoro | 2015-11-02 22:18 | Comments(0)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧