「飲みたいのに 飲めな~い」

昨日 三木市からの帰りの駅で時間待ちしたので
ドリンクを買って 小さな構内の椅子に座って
飲もうとしました。

ナタデココの入ったメロンソーダです。
正式名称は 「ふたつの食感ソーダゼリー ナタデココ入り

よく振ってからお飲み下さい~と書いてあったので
私なりによく振って(数回) プルトップを開けて
さあ 飲もうとしましたが
ナタデココゼリーが邪魔をして
液体が出てきません。
あせって 何度もやってみましたが ダメ。
缶をよく眺めてみると
「10回以上」と横に書いてありました。( ̄□ ̄;)
そっそんなあ~ もっと大きく書いてほしかったなあ。

仕方がないので 何度も 振り振り
でも どばっと飛び出してもこわいので
おそるおそるなので なかなかはかどらず。
つっついて ゼリーを落としたかったけれど
先の尖った物がみつからず

なんとか ゼリーの氷山をくずしながら
ようやく飲み終えたときには 汗ばんでいました。
結構時間が経っていて
時間待ちの30分は とても短く感じました。
ちょっとぬるくなったけれど
美味しかったです。


さて 今日は おとなしく家にいようかなと思っていたのですが
出癖がついてしまったようで~
神戸市立博物館で開催されている美術展に行くことにしました。

タイトルは長いです。
遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア

16世紀に宣教師に連れられて 意気揚々とはるかな異国に渡り
大歓迎を受け 8年後に帰国してみれば~
キリスト教が禁止されていて。。。
本当に可哀想な運命をたどった 彼ら4名の少年達のことには
以前から とても興味がありました。

今回の展覧会の見所は イタリアで 2014年に再発見された
「伊東マンショ」の肖像です。
その他にも 彼が書いた書簡など イタリアで大切に保管されていて
それらが展示されていました。
また 同じ時代に花開いた ルネサンスの絵画なども展示されていて
楽しく鑑賞することができました。
肖像画では 顔だけでなく 当時の服装が まるで写真のように
精密に布地の感触まで伝わってくるような素晴らしい技巧です。

この展覧会は 神戸の後 青森と東京でも開催されるそうです。













[PR]
# by nonkonogoro | 2017-06-01 17:14 | Comments(5)

「検査も無事終えて~」

気が進まないけれど
2年ごとの乳がん検診(マンモ)に行ってきました。
義姉の病気が発覚してから クリニックに飛んでいって~
あれから 何度目かの検診ですが
やはりドキドキしますね。
私は痛みに鈍いので 検査自体はちっともこわくないのですが~

異常は見られなかったそうなので ほっとしました。(^^)

その後
以前から行こうと思っていた 「三木市」を訪れることにしました。
三木は刃物で有名ですが 城下町でもあります。
古くは有馬温泉に通じる「湯の山街道」があり
その道は今も残っているそうなので
そこを歩いてみようと思ったのです。

近場城下町散策は
数年前からのマイブームでしたが
しばらく中断していました(忘れていたかも?笑)

私の町からは 阪急電車と神戸電鉄を乗り継いで 
1時間20分かかりました。
神戸の町を北へと抜ける神戸電鉄は
このエリアは1時間に1本しかなく
のんびり ごとごと走っていきます。

「上の丸駅」に到着。

f0322282_17244021.jpg
このひなびた感じは 結構好きです。(^^)/
駅でマップを貰おうと思ったけれど
無人だし 観光マップは置いてなかったです。
仕方がないので 駅前の肉屋のおばさんに
三木城址までの道を尋ねました。

城址は丘の上にありますが
駅からすぐの所に階段があります。
こんなに駅近のお城は 初めてです。(笑)


f0322282_17262376.jpg


大きな敷地だったようですが
今は 本丸跡だけ残されています。
今は もう何もないですが
ここから 街並を見下ろして しばらく佇んでいました。

秀吉に攻められて自害した城主の別所長治の辞世の歌碑が
置かれていて それを読むと 遠い昔の武士の哀しみが
伝わってくるようで しんみりしました。

「今はただうらみもあらじ諸人のいのちにかはる我身とおもへば」


f0322282_17280516.jpg


お城の側には 金物神社と金物資料館がありました。
刃物はこわいし 靴を脱ぐのが面倒なので 
あまり見る気はなかったのですが
入り口で観光マップを物色していたら~
館長さん(1人しかいなかったけれど)が
どうぞどうぞ~と扉を開けて下さったので
しかたなく。。。

でも とてもいい感じの方だったし
丁寧に説明してもらえて 
結構楽しめました。

見てくださ~い。
この大きな のこぎりを。
これは「大鋸」と書いて 「おが」と読みます。
それで これを使って出る木屑を「おがくず」と呼ぶのだそうです。


f0322282_17353049.jpg

「湯ノ山街道」の造り酒屋さん


f0322282_17400868.jpg
ずっと こういう街並ではないけれど
静かな道で のんびり歩けました。

途中でこんな花たちと出会いましたよ。

テンジクアオイと モモイロヒルザキツキミソウ だと
思います。 天竺葵 桃色昼咲き月見草 と 漢字で書いた方が
わかりやすいですよね。
名前間違っていたら スミマセン~


f0322282_17423640.jpg


f0322282_17431380.jpg




















[PR]
# by nonkonogoro | 2017-05-31 17:48 | Comments(2)

「遅ればせながら」

5月もあっという間に終わっていきますが
今日は 遅くなったけれど 母の為の母の日ランチに集合しました。

数日前に
母が自宅ベランダでころんで おでこに少し怪我をしました。
怪我はたいしたことなかったのですが
打ち身が 色変化して 黒くなってきたというので
どうかなあと思ったのですが
ま 体調は良いようなので 決行しました。
本人が思うほど 不気味は姿ではなかったです(笑)

高齢になると どうしても転倒は避けられないようですね。
私だって 転びそうになって おっとっと~ ( ̄□ ̄;)という
場面が増えてきていますもん。
いかにして 踏ん張れるかが勝負どころのようです。

姉が すご~くお買い得だったから~と
音符模様のTシャツをプレゼントしてくれました。
値段が言えないほど安かったようです。

ただ 首ぐりが 小さいので
私のでか頭が入るかなあと 危ぶまれましたが
なんとか入りました。

これを着ていると
楽しい気分になれそうです。


f0322282_17555901.jpg



姉は 私同様 学生時代はマンドリンクラブに入っていましたが
今は全く楽器とは無縁で 俳句をやっています。
さて お返しに 俳句の模様のグッズを探してあげようか~??














[PR]
# by nonkonogoro | 2017-05-29 18:00 | Comments(3)

「公民館コンサート」

今日は私達のマンドリンアンサンブルの
練習場所の地元の公民館で 一時間ほどのコンサートがありました。

若い世代は ほとんど来られませんが
デイサービスなどの老人施設よりも若く
70代後半位の方が多かったようです。

それで お年寄り向け定番の
「青い山脈」「旅の夜風」などはやめて
「加山雄三メドレー」「可愛いベイビー」「川の流れのように」や
マリオネットの曲を弾きました。

コンサート終了後にも
何人かの方が話しかけてくださり
今度は「月の砂漠」を弾いてね~という
リクエストもありました。
私達にとっても 楽しいひとときです。

今日はデジカメを持って行き
スタッフの方に写してもらおうと思ったのですが~
SDカードを入れ忘れ~( ̄□ ̄;)
それで いつもように 他の人のスマホで撮って頂きました。
録音の方は ちゃんとできていました。ほっ (^^)













[PR]
# by nonkonogoro | 2017-05-27 18:21 | Comments(5)

「図書館を描きました」


市内にある図書館分室です。
この建物は 明治後期に銀行として建てられましたが
その後 この場に移築され 今では市立図書館分室となっています。

窓から内部を覗いた光景が
懐かしいような 温かい様な
好ましい感じがしたので 描くことにしました。
窓の向こうの窓も描く~という
二重構造が 平面的にならないよう
先生のご指導を仰ぎ
ようやく描き終えました。



f0322282_17042806.jpg









[PR]
# by nonkonogoro | 2017-05-25 17:05 | Comments(4)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧