この頃思うこと cellonon.exblog.jp

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧

「ミュシャ展」

チェコ出身の画家・ミュシャの作品展に行ってきました。
京都駅にある 美術館「えき」で 26日まで開催されています。

私は 特にミュシャの作品のファンではないのですが
今回の展覧会のテーマ曲を「マリオネット」が担当しているというので
行くことにしたのです。
JRの伊勢丹デパート内にあるので とっても便利です。

入るとすぐに 解説映像が流れていたので(8分)先にそのビデオを見ることにしました。でも音楽ばかりに集中しているので 解説は半分位しか耳に入ってきません(笑)

ミュシャは
フランス アメリカでも活躍し
有名な女優のポスターなどで有名になったそうです。

これまでにも ミュシャの作品は見たことがあったのですが
ずっと女性だと思っていました。 なんとなく 女性っぽい名前のような~
でも これは名字なんですよね(笑)

今日は平日なので 京都駅も そう混雑はしていませんでした。
神社仏閣は 混んでいるだろうから すぐ帰ろうと思っていたのですが
あまりにもお天気が良いので やっぱり ちょっとだけ。。。

歩いてすぐの 渉成園という東本願寺の別邸に行くことにしました。
以前にも何度か訪れたことがあるのですが 以前に比べて
園内がすっきりしたように感じました。あちこち整備されたのでしょうね。



この変わった建物は 「傍花閣」で なかなか凝った造りです。
階上の部屋から花見をしたのでしょうね。


f0322282_17130051.jpg


f0322282_17124288.jpg

橋の上のカップルは着物姿です。
結婚式の前取り写真撮影をされていたようです。
これだけ遠景だと 写しても大丈夫でしょう。















[PR]
# by nonkonogoro | 2017-11-13 17:23 | Comments(7)
母が80歳を迎えた頃から
母と姉と私+姪 とで 母の誕生日の頃に
小さな旅をしてきました。
毎年 これが最後の旅になるかも~と思いつつ
今年も 無事終了することができました。

母はまあ 一応元気に暮らしてはいますが
あまり遠くへ行くと疲れるし
たくさん歩いて観光~などというのも無理なので
あれこれ行き先を検討しましたが
今回は同じ兵庫県内にある 有名な温泉 「城崎温泉」へと
出かけてきました。
意外なことに 城崎温泉は 姉以外は 初めてだったのです。

三ノ宮(神戸市)から昼過ぎに「特急はまかぜ」に乗ると 
二時間半ほどで城崎に到着します。乗り換えのないのが とても楽です。

駅前から旅館までは たくさんのお店が続いています。
カニの店が一番多いです。
水槽の中では 松葉ガニが 元気に動いています。
そして 温泉客で とても賑わっていました。


f0322282_16422605.jpg


お土産を買って 温泉に浸かるだけの のんびり旅で
外湯めぐりもしませんでしたが 城崎にて 楽しいひとときを
過ごすことができました。

旅館に飾ってあった 白い花に
姉が異常な興味を示したので(笑)
仲居さんにお尋ねしたら 「みやびフローラ」という品種だそうで
ネットで検索しても あまり詳しい説明は見つかりませんでした。

こんな花です。

姉が 何故 格別の興味を示したのかは謎ですが
どうやら 珍しい花のようです。



f0322282_16443003.jpg


大好きな蟹をお腹いっぱい食べることができて しあわせでした。(^^)
娘のいない私には 姪との会話も とっても楽しいです。























[PR]
# by nonkonogoro | 2017-11-11 16:50 | Comments(5)

「詰まっちゃった」

昨日は 父の命日で実家へ。
お坊さんが帰られ

姉がトイレに行き
次に私が行き
そして母が入ったら~
ぎゃ~~~( ̄□ ̄;) という叫び声が!

どうやらトイレが詰まったようで
あっという間に トイレの床は水浸し
まだまだ どんどん 水位は上がってくるようだ。
とりあえず 水道栓を閉める。

しばらくして
水が引いたので また流してみる~~(>_<。)~
何度かやっても無駄なので
あきらめて ランチタイム (笑)


食後 作業を再開したが 変わりなし。
床の水は 新聞紙で吸い取った。

道具がないことには どうしようもないので
近くのショッピングエリアへ 3人で行くことにした。
母の住んでいるのは 山をくずして造られた小さな町なので
高台には スーパーと 少々の小売店しかない。
昔あった市場は消滅してしまった。

トイレ詰まりを直す あの スッポンスッポンする道具は
どうも見つかりそうもないよね~と姉と話していたら
「スーパーの横に 何でも売っている店があるから
そこには あると思う」と母が言うので
半信半疑で その店を覗いてみると
一番奥の隅にあったのです。
正式名称はなんていうかわからなかったのですが
ちゃんとわかってくれたようで
ゴム製のおわんのような物に棒のついた道具を
ゲットすることができました。

その店のオジサンが 登場してきて
使い方のこつを教えてくれました。
水が飛び散るので 大きなビニール袋をかぶせれば良いとのこと。

やってみました。
何故か 私が作業員になってしまったようです。
オジサンの言うとおり ビニール袋をかぶせて
腰に力を入れて すっぽん すっぽん~ スッポンスッポンと
やり続けてみたら 。。。。、成功。(^^)/

実は私は この作業は これまでにも
何度かやったことがあるのです。
でも ビニール袋をかぶせなかったので
水浸しになったような遠い記憶が。。。

ネットで検索してみたら
あれは ラバーカップという名前のようで
他にも 少し形の違う 「パッコンバー」や
真空吸引ポンプなどもあるようです。


その貴重な道具をゲットできたお店は
昔市場にあった 荒物やさんだったようで
狭い店内には オモチャのような物から
食器 鍋 など 一応なんでも揃っているようでした。



庭の隅っこでは つたが静かに紅葉中。。。


f0322282_17412080.jpg











[PR]
# by nonkonogoro | 2017-11-09 17:42 | Comments(5)

「小銭の処理法」

いつの間にか
小銭ばかりが どんどん溜まっていきます。
500円玉は なかなか溜まらないけれど。

小銭を入れている引き出しが 溢れてきたので
募金箱にでも入れようかなと 袋詰めしたのですが…

やっぱり 惜しくなって(笑) 両替してもらおうと思い
ネットで調べていたら 
銀行の窓口で両替してもらうより
ATMで 小銭のまま入金すれば良い。というのを見つけ
ちょうど郵便局で振込みする用件があったので
ついでに 入金しました。
小銭をどんどん入れると 故障の原因になるとか
待っている人が多いと迷惑だとかも 書かれてありましたが
。。。決行。。。( ̄▽ ̄)V

でもあの穴に 10円玉を入れるのは 決行面倒なもので
一度に一枚しか入らないし ついあせって まわりに落としたり
途中で一度止まってしまうし~
でも なんとか 千円分 入金できました。
小銭処理プロジェクトは 無事終了。(^^)/

そういえば 前にも 実行したことがあるのに
すっかり忘れておりました。


さて ここしばらくは  ぽかぽか暖かい日が続いています。
洗濯物を干した後で 室内に戻ると
虫のブンブンという音が ひっきりなしに聞こえてきます。
てっきり窓の外だろうと思い ほっておきましたが
あまりにもしつこいので 室内を見渡すと
あらっまあ 天井辺りで ハエのような虫が ブンブン飛び回っています。
何度も天井や壁にぶつかっているようです。
へんなの~(笑)

こんなに自己主張したら コワイ人間どもに 殺虫剤を
シュ~っと吹き付けられて イチコロではありませんか?
心優しい私は ちゃんと窓を開けて 逃がしてあげました。
もしかして あれは 「窓を開けてくれ~」との体当たり演技だったので
しょうか。



庭の柿の葉が
朝日を浴びて なんだか楽しそうに見えました。


f0322282_13370507.jpg












[PR]
# by nonkonogoro | 2017-11-06 13:39 | Comments(9)

「古本買取り」

私はほぼ毎日 何か本を読んでいるけれど
たいていは近くの図書館で借りているので
手元には あまり本は溜まっていない。

それでも 旅に持って行く時は 書店で購入したものにしているし
たまには 図書カードを頂くこともあります。
図書館予約が半年位待ち~となると
我慢しきれず 買ってしまうこともありますしね。

今回の片付けイベントの際に出てきた
古いコミックや文庫本などを 買取業者さんに
出すことにしました。
家まで取りに来てもらえるので 楽チンです。
たいしか金額にしかならないことは承知ですが
それでも 本好きの私は 本を捨てるのは
できるだけ避けたいものですから。

古いコミックなどは やっぱり 持って帰ってもらえなかったので
廃棄処分することにします。

頂いたのは 830円です。
だいたい コミック 10円 文庫本 20円 単行本15円でした。
単行本の方が安いのは 人気のない本だったせいかもしれません。
文庫本は 最近出版された物が多かったのです。

この貴重な830円で また 文庫本でも買うことにしましょう。

以前は 古本屋さんに持ち込んで
嫌そうな顔をされながら 引き取ってもらったこともあるので
若いスタッフが 家まで来てくれて テキパキ作業してくれるのは
本当に うれしいことです。

今回の作業でも どうしても処分できなかったのは
「窓際のトットちゃん」黒柳徹子
「中原中也詩集」 学生時代の憧れの人が好きだと言ったので購入(笑)
「いとしのブリジット・ボルドー」 井上ひさし
  OL時代の友人が彼のファンで 一緒に講演会に行って
  この本にサインしてもらった。
あとは 阪神大震災関連の記録本 
画集 美しい風景写真集 絵本(大人になってから買ったもの)
カラフルな料理本
それから 息子達の聖書 (祟りがありそうで 処分できない)
二人共 ミッションスクールだったのです。

文庫本では アガサクリスティ 内田康夫 大好きなコミックなどは
まだまだ 取ってあります。

以前使っていた棚を処分し 今 収納棚を注文しているので
まだ そこいら辺に 山積みになっています。













[PR]
# by nonkonogoro | 2017-11-04 17:06 | Comments(4)