人気ブログランキング |

「ほっとしました」

大阪府吹田市で起きた「交番の警官を刺し 拳銃を強奪した事件」の犯人と思しき男性が逮捕されて ほっとしました。

吹田市は 私がマンドリン練習に行く場所であり
メンバーの多くは この事件の起きた周辺に住んでいます。

私だって 現場からは離れてはいますが
犯人が移動することもあるので
昨夜は不安でしたし 変な夢を見てしまい夜中に目覚めたり~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

防犯カメラの映像を素早く情報開示し
今日 学校や仕事が始まる前に確保できたことは
とてもうれしいと同時に 大阪府警の方々の念入りな捜査に
感謝しています。

これから 益々こういう犯罪は起こりうると思うので
科学を駆使して 市民の協力も得て 事件解決にいどんでほしいと
思います。

さて
今日アップする画像がないし
我が家には たいした花が咲いてないし~

そうだ! ヤマモモを撮影しよう~と
玄関先へ出ました。

写真はちゃんと撮れましたが。。。
でも このヤマモモ すっぱいのだけれど
このまま放置しておくのも なんだかなあ~と思い
手近な枝だけ カットしましたが
こんなにたくさん実っているのだから
やっぱり ジャムでも作ろうかな~
でも 手が届かないなあ~

長い剪定ばさみを持ち出して
おそるおそる 枝を切り落としました。

私は不器用なので 日頃は こんな長いハサミは使いません。
本当は もっと高い位置のも採りたかったのだけれど
踏み台に上ったりして ひっくり返っても大変なので
あきらめました。
採ったヤマモモを計ったら 560gほどありました。
これなら ジャムができるでしょう。。。


f0322282_11034402.jpg




f0322282_11035922.jpg

さあ 今から ジャム作りに挑戦。。。(^^)/












# by nonkonogoro | 2019-06-17 11:07 | Comments(9)

「時間つぶし対策」

今日は ヨガレッスンの後で 母の施設に行きましたが
いつも3時過ぎに訪問するようにしています。
それまでは 食事だ おやつだ 体操や歌など
結構忙しいスケージュールなので
母は夕方が ヒマなのです。
その夕方に ぼ~っとしてしまうことが多いので
(すでに夜だと思ってしまったり~ うつらうつら寝てしまったり)
できるだけ 夕方を活性化する為に そういう時間設定にしています。

今日の私のレッスンは昼間でなので
ランチして その後も時間をつぶさないといけません。
できるだけ有意義に お金を使わず過ごさなくては~(^^)/

ということで
今日は 持参の簡単弁当を コープのレストスペースで食べました。
ここは 自由に持参した食事をしても良いのです。
2掛けテーブルが2つと 4人掛けテーブルが4っつ
それに 長椅子が4っつもあります。

私のように 一人ランチしている中高年女性や
一人でコーヒー飲んでいるオジイサン
おしゃべりに熱中している高齢女性達。。。

自動販売機も3台設置されていて 憩いの場所となっています。
ここでずっと読書でもしていればいいのですけれど
雨も降りそうだったし 
一応「長時間の使用はお断り」と書かれてあることだし
もう少し 母の施設寄りにある 公民館図書室に立ち寄ることにしました。

小説を読み出したら 途中でやめにくくなるので
画集でも眺めていようと 探していたら
いいものを見つけました。

それは 「NHK ルーブル美術館」の特集本です。
とても分厚くて重いので ここで読むのに限ります。
今日は そのⅠの 「古代エジプト/オリエント」を読むことにしました。
日仏共同制作と書かれていて 昭和60年に出版されています。

それは 私にとっては 予想を上回る楽しい内容でした。
本当にじっくり写真を眺め 説明文も丁寧に読んだので
ほんの少しのページしか進めませんでしたが~

最初に登場していたのは
「書記坐像」と呼ばれる 石の彫刻です。
目は水晶でできています。
当時のヒエログリフと呼ばれる文字は とても難しかったので
それを読み書きできる「書記」の存在は 官史のエリートだったそうです。

壁画には その書記が パピルスに字を書いている姿が描かれていて
葦ペンを1本は耳にはさみ もう1本で描いています。

日本で使われているような 陶器のコップも残されています。
器やパレットなどにも 全て持ち主の名が記されています。
それは 死後によみがえったときに 自分の名前がわかるようにとのことです。

この書記の守護神である知恵の神様は「トト」というのですが
これは イビス(鳥のトキ)の頭を持った神で 時にはマントヒヒの姿で
現れるそうで トキの姿と マントヒヒの姿の両方の像があります。

木製のパレットや 陶製の 顔料入れの画像もありました。

自分の記録の為に 詳しく書いてしまって 長文となってしまいました。
今度 また 図書室で続きを読むのが楽しみです。


マントヒヒの彫刻画像が 楽しかったので
模写してきました。
下方のは 陶器のコップです。



f0322282_21034182.jpg












# by nonkonogoro | 2019-06-14 21:05 | Comments(1)
我が家の昨夜の食卓の話題は~
G20サミットの参加国名でした。(真面目な夫婦でしょ・笑)

G7の参加国は 以前チェックして わかっていたので
残り13カ国を 二人で相談して メモしてみました。

結果 半分弱正解。
でも 私の意見を通していれば あの二カ国は合っていたはず(笑)
どちらにしても 半分位は間違っていました。

正解を書きますね。
いや でも 自分で考えたい方もいらっしゃるかもしれないので
リンクしておきますね。 「G20とは」

開催されるのは 6月28日と29日です。
開催地は大阪なので その日大阪では 交通規制 公立小中高校などが休校。
開催の週初めから JRの駅ではゴミ箱とロッカーが使えません。

報道陣も含めて 本当にたくさんの方々が来日されるので
警備も大変でしょうね。
当日は 大阪には近寄らない方が良いかも。。。


前の記事でアップしたアジサイの花を 再び撮ってみましたが
あいにくと 強い風が吹いてきて~
風揺れ紫陽花となりました。

f0322282_17502973.jpg

こちらは きっぱりした赤色のゼラニウムです。

f0322282_17504162.jpg


今日は 先日ゲットした図書券で本を買おうと 書店に行きましたが
結局 文庫本と 地図も買ってしまったので 図書カードでは足りませんでした。

登山もしないのに 何故か 六甲山の地図を購入してしまいました。

毎日 見上げている六甲山の山並みですが
本当にたくさんの山が連なっていて
一体どこが どこなのか? いつも眺めている あの山の名は?と
疑問がわいてきたので 思い切って購入しました。
山だけではなくて その下に広がる街並 (私の住んでいるエリア)も
ちゃんと描かれています。

登山はしないとは言っても 車やバスやケーブルでは 山頂付近に
何度も行ったことがありますし 
息子の小学生の頃には せがまれて 途中の風吹岩まで
息切れしながらも登ったことがあるのです。(ロッククライミング地点も)
今チェックしたら その地点は 437m でした。
六甲山頂は 931mだそうですから 半分にも満ちませんねえ(笑)

私は 海と山にはさまれた地で 生まれ育っているというのに
山にも登れませんし 泳ぎも苦手です~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

でも 登山はできなくても 毎日急な坂道を上り続けて ウン十年。
先日 訪れた町に 「急な坂」という看板がありましたが 
私からすると それは なだらかな坂でありました。
うちの近所には あまりにも勾配が急なので 
そこを避けて 遠回りする坂があるのですが
そのエリアの人からすれば その坂は 一体なんと呼ばれるのでしょう~?













# by nonkonogoro | 2019-06-13 18:18 | Comments(0)

「おせいさん」

田辺聖子さんがお亡くなりになりましたね。
大阪弁のやわらかいタッチの ユーモアたっぷりの小説
私も若い頃 たくさん読みました。
若いOLと オジサンの恋物語が多かったですね。

また じっくり読み返してみたいと思います。
話し言葉が関西弁だけで書かれた小説は 意外と少ないと思います。
それも あまり下品でない関西弁だったと思います。



我が家の紫陽花
只今 変色中。。。

f0322282_16594552.jpg

先日 新聞の投稿が採用されて 図書カードを頂いた。(文庫本買える程度)
人間関係で少し悩んでいたけれど どうも思い過ごしだったようで ほっとした。
実家のケーブルテレビ解約の手続きをした。
今日は 夫の夕飯が要らない(笑)

ということで いつもより 少しだけ 上向き気分~(^^)/
一人晩ごはんは お好み焼きの予定。。。













# by nonkonogoro | 2019-06-11 17:13 | Comments(6)
琵琶湖は大きい! Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
・・・と 訪れる度に感動します。

今日は JR湖西線に乗って 近江今津という駅にやってきました。
琵琶湖の東側を走る路線は 私が生まれる前からありましたが
西側に線路ができたのは 1974年のことです。

でも意外と この路線を通ることは少ないのです。
琵琶湖周辺は 私の日帰り圏内なので
あちこち行きたいなあと思いながらも なかなか湖西線には行く機会が
なかったのですが 梅雨と猛暑がやってくるまでの 滑り込み ミニトリップです。

琵琶湖は 周囲が235kmもあるそうです。

近江今津からは 琵琶湖の真ん中にある 竹生島への船が出ています。
以前 東側の 長浜から渡ったことがあります。

家々の隙間から こんな風に琵琶湖がちょこっと顔を見せてくれます。


 
f0322282_19284159.jpg

f0322282_19282522.jpg

この町には ヴィーリズ通りと呼ばれる道路があり
三つの建物が 残されています。

元銀行だった建物で 今はヴォーリズ資料館になっています。
ここで のんびり ジュースを飲んでくつろぎました。


f0322282_19295522.jpg
次は 教会です。
今でも 教会・幼稚園として活用されているようです。


f0322282_19300878.jpg


最後のは 郵便局です。

f0322282_19302159.jpg




ここには 「九里半街道」が 日本海側の若狭の小浜まで通っていて
今もその道は 使われています。
今津から 小浜まで 九里半あったそうです。
近江側からは 「若狭街道」と呼び
若狭川からは 「今津街道」と呼んでいたというのは 楽しいですね。
小浜で採れた海産物を今津から 船で琵琶湖経由で 京や大阪へと
運んだそうです。


琵琶湖が 琵琶湖と呼ばれるようになったのは
江戸時代に測量技術が発達して 琵琶湖の全体の形がわかってから
「琵琶」の形に似ているから~と 琵琶湖と呼ぶようになったそうです。

そうそう 「急がばまわれ」という言葉も。。。 

湖を渡るには現在の草津大津の間を結ぶ「矢橋の渡し」という渡し舟があったものの運休が多かったらしい。「もののふの矢橋の船は速かれど急がば廻れ瀬田の長橋(急ぎなら瀬田の唐橋まで遠回りするほうが確実)」という、室町時代後期の連歌師、柴屋軒宗長歌が出典。


今日は 地理や 歴史や 建築の勉強もできて
盛り沢山な ミニトリップとなりました。














# by nonkonogoro | 2019-06-06 19:49 | Comments(6)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non