この頃思うこと cellonon.exblog.jp

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧

「ふたりの旅路」

久しぶりに映画を観にいってきました。
ブログ仲間の「てぶくろさん」の影響で
にわかラトビアファンになっていますが
この映画は ラトビア(リガ市)と その姉妹都市である神戸市との合作です。

今日は おけいこが先生の都合で取りやめとなり
夫の夕食も要らないというので それでは~と映画鑑賞の日に決定。

駅前のシネコンで早めにチケットを購入しようと
窓口に並びましたが。。。
え~っと
映画のタイトルが思い出せないので(笑)
壁に貼ってあるポスターをチェックしましたが
見当たりません。次が私の番というときになって
気づきました。
別のシネコンでした~( ̄▽ ̄)V


駅前には 二つのシネコンがあり
私がよく行くのは ここだったのです。
慌てて飛び出し~
本物のシネコンへ。
今度は間違いないようです。
シニア割引なので ちょっとうれしいです。
でも 受付の人は 持参した健康保険証を見てなかったような(笑)


映画のタイトルは 「ふたりの旅路」です。
もっとラトビアや神戸の風景が登場するのかなと思ったけれど
そうではなくて 主に 桃井かおりさん演ずる「ケイコ」の心模様が
描かれていきます。
桃井さんは好きな俳優さんだし その表情など
やはりすごい俳優さんだなあと思わせてくれました。
それでいて 自然な感じがするのです。
夫の亡霊役のイッセー尾形さんも いい味を出していましたが
最初は 設定がわかりにくかったので ??だらけでした。

ラトビアで着物ショーが開催され
ケイコも留袖姿で舞台に登場するのですが
物語は唐突に始まるし 過去や神戸にも飛んだりするので
ついていくのに大変。

神戸の震災前に娘さんを事故で失くし
主人も震災で亡くなり ひとりぼっちで寂しい20年間を
過ごしてきたという設定でした。

主人公がたたずむ公園は
神戸の街を見下ろせる高台にある公園で
近頃の神戸を舞台にした映画にもよく登場していますが
私はまだ行ったことがないのです。
涼しくなったら 行ってみようと思います。


今日は映画鑑賞だけで
何も買い物はしなかったですが
映画の前後で飲食してしまいました。(笑)

映画の時間が 12時から2時前までと 
ちょうどランチタイムだったのです。
前には 映画館の前のカフェで ケーキセットを。
後には 野菜てんぷらと 冷やしうどんのセット。

私の右隣も左隣も 中年女性一人鑑賞でした。
館内は冷えるだろうと カーディガンもひざ掛けも持参しましたが
入り口でもっと暖かそうなひざ掛けを貸してくださいました。
ひざ掛けを必要とするほど 冷房しなくても ええのんちゃう?(笑)

あっそうそう。ひとついい忘れ。
桃井さん
できたら 神戸弁で 話してほしかったなあ。。。


↓は 畳の「へり」で作ったバッグです。
軽くて使い心地が良いです。
今日はこれを持ってお出かけしました。


f0322282_17362788.jpg
















[PR]
Commented by milletti_naoko at 2017-07-27 22:59
畳のヘリは、売っているのでしょうか、それとも再利用ですか。色の微妙なグラデュエーションや色合いがすてきなバッグですね。

膝掛けを貸し出してくれる心遣いはありがたいですが、確かにそこまで冷房をかけずともという気もしますよね。なんだか毛布を貸してくださいと頼まなければいけないほど寒い、長距離の飛行機の旅が思い出されます。映画は、物語もだけれども、舞台となる場所について知ることができるのも興味深いなと、最近私も思い始めました。監督や脚本家がはりきり過ぎるからか、どう物語が展開するのか分かりづらく、ついて行きにくい映画、わたしも時々出会います。結果的には映画を楽しまれたようで、よかったですね♪
Commented by wood-land at 2017-07-28 07:28
おはようございます。
映画に行かれたんですね〜ラトビアと神戸は姉妹都市なんですね。
神戸の街を見下ろせる公園ですか?私も行ってみたいです^^
ところで冷房ですけど・・
私も色々な場所が寒すぎるので羽織りものが欠かせません。
今年は無印の紺色のカーディアンを愛用しています。
昨日も駅前で用事があったので出がけにサッと手提げに入れたのですが・・
銀行で羽織ろうとしたら、なんと夫の紺のTシャツでした^^;羽織れずもう寒くて〜
次に行った本屋さんでは我慢できなくて羽織ってしまいました^^;
ちゃんと確かめなかった私が悪いのですが(笑)
世の中、冷房を効かせすぎですよね〜
Commented by nonkonogoro at 2017-07-28 08:35
***
naokoさん

畳のヘリ作品は 何年か前からブーム(あまりメジャーではなかったかも)になり
私は7年ほど前にこのバッグを購入しました。
手芸用にカラフルなヘリも売られています。
安価なのもあるのですが 縫うのが大変かなと思って
作ったことはないのです。

省エネブームになってから
JRなどの冷房の温度は上がったので
冷房に弱い私にはうれしいですが
まだ レストランや映画館・ホールなどでは
冷房効きすぎ~の所も多いです。

映画
あらすじを読まないとわかりにくいですが
桃井さんの魅力で いい映画になっていると思います。


***
wood-landさん

神戸の街を見下ろせる公園
まあ近場なので 今度行って 撮影してきますね~

私も羽織物を いっぱい持ってます。
夏場のお出かけ必須アイテムですよね。

ふっふっふ
ご主人のTシャツ 肩から掛けたり
首に巻いたらOKですよね。
たしかに銀行は 省エネしてませんよね~
何故なんでしょう?


Commented by れんげ at 2017-07-28 16:12 x
ご無沙汰しています。
久し振りにお邪魔しましたら、畳のヘリのバッグがアップしてあり、
私も還暦の時に赤いバッグを妹がプレゼントしてくれたんですよ。
畳のへリのバッグは雨に濡らしたらいけないと言われ、
お天気のいい日だけ使うようにしていました。
nonさんのバッグは、作られた方のセンスがいいですね。
素敵な色とデザインです。

私は忙しくしていますが、何とか元気です。
またゆっくりお便りしますね。
Commented by nonkonogoro at 2017-07-28 22:53
***
れんげさん

れんげさんも 畳へりのバッグを
お持ちなのですね~(^^)
そうですね やはり雨には弱いのでしょうね。
軽くて いいですよね。

畳のヘリが 小物やバッグに変身するなんて
思ってもみない斬新な発想ですよね。

Commented by ☆彡異邦人 at 2017-07-30 12:03 x
☆彡 nonさん☆彡
日本人にとってラトビアは印象が薄い国ですよね。
バルト三国の一つでロシアより占領された国!
あまり知らない国なので映画を通してみるのもいいですね。
畳の「へり」で作ったバッグ。素敵に変身するんですね。
Commented by nonkonogoro at 2017-07-30 17:29
***
☆彡異邦人さん

そうですね~
わたしも 最近まで ほとんど知りませんでした。
でも神戸市と姉妹都市だと知ってからは
ラトビア紹介のイベントにも行って
とても親しみを感じるようになりました。

畳へりのバッグを発案された方は
えらいなあ~と感心しています。(^^)/

Commented by uransuzu at 2017-08-01 14:49
nonさん、ありがとうございます。
映画のこと、nonさんにお知らせしようかなぁ、でも私が行けないしなぁ、
と思っていたのです。
リガ市の美しさが映画の中でふんだんに出てくるのだそうですね。
来年あたり、ラトビア訪問いかがでしょう?
私も再訪問したいし!!
Commented by nonkonogoro at 2017-08-01 15:29
***
てぶくろさん

リガの夏の宮殿内部が紹介されていました。
とてもきらびやかですね。
街並はあまり登場してこなかったのが 少し残念です。
ラトビア 行ってみたいです~(^-^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2017-07-27 17:37 | Comments(9)