「能代のんびり滞在」   

翌日の列車の便の都合で選んだ「能代」ですが
この町の情報は ネットでもあまり出てこなくて~
ようやく駅近くのホテルが予約できたのですが
さて午後からずっと何をしましょう?
地図で見ても なんにもなさそうです。

あっでも 一つだけ見つかりました。
金勇」という旧料亭で 見学もできるようです。
そこで この古い料亭を見学して お部屋を貸しきって
仕出し弁当をお願いすることにしました。
ここは能代市の管理になっています。
最近「つるべに乾杯」に登場したとかで
観光客は一気に増えたようです。


↓これは一階にある広間で 二階には もっと大きな広間もあります。
ガイドさんをお願いしたので 詳しい説明があり 楽しく見学できました。
好奇心の強い私は つい 説明のさらに詳しい情報をお尋ねしてしまい
ガイドさんの説明範疇になかったこともあり 本当に申し訳なかったです。
なんでも知りたがりのオバサンなものでして。。。(・_・ゞ-☆



f0322282_08041818.jpg




この長い天井板は1本の木から採られています。
秋田杉は白っぽいはずなのですが
いくら年月が経ったとはいえ 黒すぎます。
それはですねえ。。。
昔の宴会では タバコが当たり前の時代だったので
そのヤニで黒くなってしまったそうです。
この料亭は 杉材の商売の会合などで使われたのです。

ふすまの幅も とても大きいです。


さて お昼ご飯も食べたし~
夕食まで どうして時間を過ごしましょうか?
地図を眺めると 左(西)の方に 広い場所があります。
「風の松原」と書かれています。
ただの砂浜だと 行っても仕方ないかなあ。。。
でも 他に行くところもないし。
ということで やってきましたよ。



f0322282_08042543.jpg

なんと ここは 幅1kmにも渡り びっしり松の木が生えています。
まるで森林のようで びっくり!
そして きちんと整備されたウオーキングコースになっているのです。

旅行前に ちゃんと能代市のパンフレットを送ってもらっていたのに
ちゃんと読んでいませんでした。(・_・ゞ-☆
14kmも続いているようです。
これらの松は江戸時代から植樹されたとか~
砂防林なのですね。


夕食も事前にネットであれこれ探しましたが
日曜が休みの店が多く ようやく一軒見つかりました。
お寿司やさんです。

散歩の途中で 下見をしましたが
駅から離れた場所に ポツンと小さなお店があり
夫は不安そうでしたが
私のネット検索探知機(自分の判断)では OKサインが出ていたので
決行することにしました。


。。。
結果
夫は とてもとても気にいりました。
エッヘン!( ̄▽ ̄)V 私の検索力を信じて良かったね。
ネタも好かったですが
お店のご主人とその息子さんの雰囲気がいいので
とても居心地が良かったのです。

ということで
何もないはずの 能代の町では
とてもゆったりと 楽しいひとときが過ごせました。
それから もう一つ サプライズが~

駅近くのシティホテルの普通のツインルームを予約していましたが
手違いができたとかで スイートルームに変更して貰えたのです。
ここは部屋風呂なのですが とっても大きい浴槽だったし~


翌日は 東能代~鷹巣~そして 秋田内陸縦貫鉄道で
「角館」へ参ります~(^^)/











[PR]

by nonkonogoro | 2018-05-06 08:28 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 「秋田縦貫内陸鉄道で角館へ」 「五能線・リゾートしらかみに乗る」 >>