「秋田新幹線こまち号は在来線ホームから」   

長らく東北旅の記録を読んでくださってありがとうございます。
書くのも  だいぶくたびれてきましたが それ以上に読んでくださる方も
飽きてこられたことと思いますので 今回でおしまいです。。。
ので もう少しお付き合いくださいね~(^^)/


角館から 秋田新幹線「こまち」で仙台へと向かったのですが
角館駅で新幹線のホームを探しましたが 見つかりません。
駅の方は 目の前のホームだと言われます。
でも ここは 在来線ホームです。
新幹線特有のあの仕切り塀もないのです。

?????? 頭の中は はてなマークが渦巻いています。
でも ちゃんとやってきましたよ。こまち号が~
これは厳密に言えば 「新幹線」の定義からはずれるようです。
ミニ新幹線方式により走行する新幹線車両だそうです。

仙台駅では ちゃんと新幹線ホームに到着しました。

仙台からは 旅館の送迎バスで 秋保温泉(あきうおんせん)へ。

近くには 磊々峡と呼ばれる 自然の作り出した見事な風景がありました。


f0322282_16044974.jpg

翌日は 栃木県へ移動
「鬼怒川温泉」へ 

栃木県は父の故郷でもあります。
一度だけ 日光へ父娘二人旅をしたことを
懐かしく思い出しました。(中学入学祝いに)
無口な父と その頃はとても無口だった私は 何も話すことが思いつかず
とても静かな旅でした(笑)





宿の部屋から見下ろした 鬼怒川と新緑の木々


f0322282_16050045.jpg





 角館で実演販売していた 布草履。
 草履を形作る芯 および 布を巻きつける本体すべてに
 熊本県八代産の「イグサ」を使用していて 安定した履き心地を
 生み出しているそうです。

 そこで実際に履いてみたら とっても いい感じだったので
 夫と二人購入しました。
 この手の草履にしては かなり割高でしたが
 旅から帰って 愛用しています。
 土踏まず部分の盛り上がりも 心地良いです。
 



f0322282_16155224.jpg



最後まで 旅の記録を読んで下さって ありがとうございました。(^^)/











[PR]

by nonkonogoro | 2018-05-08 16:21 | Comments(4)

Commented by akr24mtat at 2018-05-09 11:18
☆彡nonさん☆彡
新幹線といえば東海道や山陽新幹線など思い浮かべますが
東北新幹線などは在来線と連結し走っているんですよね。
我がシティを通るのでよくわかりますが、初めて見る人は変に思いますよね。
日光や鬼怒川温泉などは我がシティから近いのでよく知ってます。
日帰りのところです。いい旅しましたね。

Commented by nonkonogoro at 2018-05-09 18:50
***
☆彡異邦人さん

☆彡異邦人さんちからは
日光は近場になるのですよね~

関東の方が 近畿・中国地方と疎遠なように
関西人も関東・東北には滅多に行く機会がないので
今回も何度も地図で確認しながら 旅しました。
Commented by milletti_naoko at 2018-05-10 22:42
こまちという名前の新幹線もあるんですね! 新幹線の名前が、ひかり・のぞみ・こだまとやまとことばであるのが、なんとなくうれしいです。新幹線がちゃんとホームに到着してよかったですね。鬼怒川や日光はわたしも一度、東京に暮らしていた頃、兵庫から来た祖母とともに家族で訪ねた記憶がぼんやりとあります。こんなに美しい場所だったんですね。草履は香りもいいでしょうし、色も味があってすてきですね♪
Commented by nonkonogoro at 2018-05-11 08:22
***
naokoさん

新幹線の名前は 公募されることが多いです。
私も東北新幹線のときだったか~応募した覚えがあります。
自分の考えた名前に決まるとうれしいでしょうねえ。。。
在来線の特急電車の名前も それぞれに興味深いものがあります。

日光・鬼怒川は東京からは近いですよね。
帰りは東武線で 東京・北千住まで二時間ほどで着きました。

草履は 本当に心地よいです~(^^)
寿命は短いようなのが残念です。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 「たんぽぽの綿毛」 「秋田縦貫内陸鉄道で角館へ」 >>