人気ブログランキング |

「ニッポン号」

原田マハさんの小説「翼をください」を読みました。

ここには 昭和14年(1939年)に
日本の飛行機が 世界一周の旅に成功した話が描かれています。

事実を基にして描かれているようです。


現在の毎日新聞社が企画して
三菱重工の製作した飛行機で
ニッポン号」は 5大陸 2大洋を制覇した。
55日間 飛行時間 194時間 飛行距離 5万2860km。


乗組員は7名。
作品では ほぼ実名で書かれている。

現在では 飛行機で世界一周の旅なんて
お金さえあれば 誰でも可能だけれど
当時としては すごい出来事だったのだと推測される。

なにしろ ヨーロッパでは すでに戦争が始まり
日本とアメリカの間も微妙な関係だったのだろう。

この飛行では 世界各地で一旦降りて
給油などもしているので 相手の国とのやり取りも
大変だったのだと思う。

この作品では
アメリカの伝説の女性飛行士も
乗り込んでいたという設定なので
とても面白い読み物になっていると思う。

今は 飛行機コワイ~オバおばあさんになってしまったが
若い頃は 空を自由に飛べたらいいなあ~
飛行機の操縦ができたらいいなあ~
などと夢想したこともあります。
(車の運転もできないくせにねっ)

眠っている時に見る夢の中では
今でも 空を単独低空飛行しています。
飛行機ではなくて 自分で飛んでいます。(^-^)

今は 飛行士になりたいなどとは思わないけれど
こんな風に自分が体験していないことでも 描ける
作家さんが とてもうらやましいです。



土曜日も含めると 3連休ですね。
皆様は どんな風に過ごされてますか?
私は 病院の見舞いができないので
昨日は 1日 こたつごもり。
今日は 久しぶりに ゆったり近場買い物の予定です。
暖かければ ウオーキングを楽しめたのに 残念。









Commented by milletti_naoko at 2019-02-10 23:49
日本から戦争がすでにヨーロッパで始まっていた頃に、
飛行機で世界一周をした人たちがいたんですね!
先日ブログのお友達の記事で、ヨーロッパから本当に命がけで
19世紀に飛行機で飛んできた人たちの記事を読み、そういう
当時の人々の勇気と度胸(向こう見ず?)に驚いていたところです。
そういう飛行機にかける夢や冒険を聞くと、宮崎駿監督の映画が
思い浮かぶわたしです。

今ちょうどわたしも原田マハさんの別の作品を読んでいるところです。
日本は三連休なんですね! 
Commented by nonkonogoro at 2019-02-11 08:11
***
naokoさん

空を飛びたい
宇宙へ出たい
月へ行きたい

どれも実現できてきて~
さて 次は どんな夢が実現するのでしょうね。

宮崎アニメには詳しくないのですが
飛行機が登場するのは
「紅の豚」かな~?

原田マハさんの作品は
本当にたくさんありますね。
これからが 楽しみです。

今日は祝日なのですが
夫は出勤していきました。
前日までちゃんと覚えていましたが
今朝は すっかり忘れて 寝過ごしました(笑)

Commented by akr24mtat at 2019-02-11 09:43
☆彡nonさん☆彡
夢や希望は持てるけど、実際実践するということは
何でも大変ですよね。「翼をください」面白そうですね。
Commented by blue-robin2 at 2019-02-11 12:55
こんにちは
読んでみたいとおっしゃってましたが早速読まれたのですね。
この作家は、この作品といい、「楽園のカンヴァス」といい、史実を生かしつつ、読み物としてちょっとミステリアスな部分もくわえつつ、楽しませてくれますね。
アインシュタインが登場するあたりちょっと飛躍かなとは思いましたが、実際にそうだったらおもしろいという遊びも入ってましたよね。想像の翼でしょうか(^-^)
操縦士は一人でも、技術者、通信士、スポンサー、カメラマン、多くのスタッフがかかわって成し遂げられたんですね。
画家を取り上げたものを中心にこの作家を読みだしたのは最近ですが、nonさんはたくさん読まれていますね。また印象に残ったもの教えてください。
Commented by nonkonogoro at 2019-02-11 13:54
***
☆彡異邦人さん

今は 遠方入院中の母の見舞いの為に
電車通院をしているので
読書時間がたっぷりあり
すぐ本が品切れになってしまうほどです。

原田マハさんの作品は
全部が自分にぴったりというのではないですが
この作品は 面白かったです。



***
blue-robin2さん

blue-robin2さんのブログで拝見して
すぐ図書館に予約しておきました。
この作品名は 知っていましたが
空を飛ぶ話ではなくって
不幸な人が 自由な世界に憧れる~というような内容かなと
勝手に思っていて 読んでいませんでした。

数年前に 60代で亡くなった義姉が
最後にとても気にいっていた曲なので
どうしても マイナーな主人公を想像していたのです。

原田マハさんの作品では

楽園のカンバス
風のマジム
旅屋おかえり などが好きです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonkonogoro | 2019-02-10 09:00 | Comments(5)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non