この頃思うこと cellonon.exblog.jp

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ここ数日
心がもやもや状態で
午前中の買い物帰りも 堂々巡りの思考迷路に
入り込んでしまっていたのだけれど。。。

なぜか
昼食を食べたら
突然 そんなことは ささいな問題に思えて
どうってことないわ~と
目の前の霧が晴れたように
さわやかな気分になりました。

これは 自分でもびっくりするくらい~(^^)/

あれから2時間経過していますが
まだ その良好状態は持続しています。

これって どういうことなのでしょう??
気分がふさぐのは セロトニンが不足するからと言われています。

お気楽主婦の私でも
寄る年波のせいか~ これまで どうでもよかったことが
とても気になったり 友人知人の言葉が
ぐさっと胸にささったり~
そういうことが多くなってきて
困ったなあと思っています。

それが ただ食べただけで
こんなに気分転換ができるのなら~
ずっと食べ続けていないといけない?(笑)

私の場合は 普段高血圧なので
食後1時間半くらいは 血圧がかなり下がってしまうので
それで 活動すると しんどいことがあります。

では 血圧が下がると 気分は上向きになるの?
いや そんなことはないような気がします。
血圧がやや高めの方が 活動的で元気になると思ってきたのですが。。。

何がなにやら わからなくなってきました。
気分が上向きになったのは 食事のせいではなくて
他の要因があったのかもしれません。

とりあえず 今は気分が良くなったので ◎としましょう。



庭のびわが とっても甘くなりました。
袋掛けをしたので 鳥につつかれませんでした。(^^)/

 
f0322282_15353581.jpg












[PR]
by nonkonogoro | 2017-06-12 15:36 | Comments(7)

「仙洞御所」

今日は 日本画の作品展へ~
土曜日だし 京都の町は混んでいるだろうから
見た後はすぐ帰ろうと思っていました。
河原町を下りていこうと思ったのですが
御所のそばなのだし 車の通る道より 緑の多い御苑を歩こう~と
歩き始めたら~ なにやら テントがあり 受付しているようです。

どうやら 仙洞御所の見学の当日受付のようです。
ずっと以前から 一度見学したいなあと思っていたのですが
予約するのが面倒なので なかなか実行できなかったのです。
最近当日予約もできるようになったようで~

でも 見学スタートは 1時間半後なので
どうしようかなあ~と迷っていたら
美しいお庭だから 是非見て行ってください!と
勧誘されたので(笑) 時間待ちすることにしました。

お庭の写真は写しても良いと言われたのですが
今日はちゃんとデジカメ持参できたのに
SDカードを入れ忘れ デジカメは ただの箱状態。
ああ どうしよう せっかくの美しい庭が写真に撮れないなんて~
私の携帯では 碌な写真が撮れません。

そうだ! SDカードを買えばよいのだ。
でも どこで?
そこで 受付に引き返し 電気やさんはないか尋ねました。
SDカードを買いたいのだと話すと
いいことを教えてくれました。
近くの病院の一階には ローソンがありますと。(^^)/

そこは さっき作品展に行った場所のそばですが
仕方がないので また てくてく逆戻り。
ありましたよ~ SDカード。

SDカードを買っても まだ 時間がたっぷりあるので
涼しい道を散策しました。
御苑の北の方には 街中とは思えない 森の小道があるのです。
山の中を歩いているような気分になれます。

f0322282_21050056.jpg


こ~んな大木もあるのです。
自然のままのように見えますが
じっくり眺めると 実に丁寧に管理されているようです。



f0322282_21052900.jpg



やっと予定時間になりました。
 4~50人ほどの団体で 1時間ほど 説明を聞きながら散策します。

「仙洞御所」と言っても ご存知ない方もいらっしゃると思います。
仙洞御所は 上皇・院などと呼ばれる 皇位を退かれた天皇の御所です。
後水尾天皇のころ1630年完成し その後何度も焼失・再建を繰り返し
1854年の大火で京都御所と共に焼失し その後は造営されてません。
だから 今では 大きな池のある庭園が残るだけです。(茶室は残っています)

大宮御所とは 皇太后の御所のことで 今の建物は 1867年に英照皇太后
(孝明天皇の女御)のために建てられたもので 今では 両陛下や皇太子ご夫妻が
京都に来られたときにお泊りになるそうです。 迎賓館ができるまでは 諸外国からの賓客も泊まられました。




f0322282_21171219.jpg

この二つの御所のお庭は 一体化しています。
元は二つの池でしたが 掘割でつながれ 北池と南池と呼ばれています。

小堀遠州作の回遊式庭園。
見えにくいですが 向こう岸には サギが3羽 彫刻のように
並んでいます。


f0322282_21175202.jpg



お庭も池も すっきりと美しかったですが
秋のもみじの紅葉や 桜の頃は もっと素敵でしょうね。
5月の連休の頃は 藤が見ごろだったそうです。
でも今は 何もなし(笑)



















[PR]
by nonkonogoro | 2017-06-10 21:28 | Comments(2)

「TAKEFU」

[TAKEFU]とは 竹布 とも書きます。
竹原料100%で作られた 再生セルロース(レーヨン)だそうです。

以前も 駅前デパートに短期出店していて
そのときは マスクを購入して 愛用しています。
少し柔らかすぎるのですが 肌ざわりが良く 心地よいです。

今回ご案内を頂いたので
色々 購入しました。

ヨガに使えそうな リラックスパンツ
夏のワンピースのときに はけそうな レギンス
とれとれ優しい感じの ドルマン七部袖Tシャツ
足首長さがほどよい 5本指靴下


たくさん買ってしまいました~(・_・ゞ-☆

下着とか カーディガンとかも まだ色々あったのですが
今回のを使ってから また考えることにしましょう。

今日購入した製品は レーヨン70% 綿30%

 
「たけふ」という響きは 私には とても馴染み深いものなのです。
この竹布とは 関係ないのですが
伯父が福井県の「武生市」出身だったので
子供の頃から よく耳にしていた地名です。



f0322282_18090375.jpg





* 今日 図書館で~

  図書館は静かなので 受付の方の電話の声もよく聞こえてきます。
  どうやら 近くのコンビニからの電話のようです。
  漏れ聞いた(笑)情報では。。。
  コンビニに落し物として 図書館の利用券があり
  お名前は書いてありますが もちろん電話も住所もないので
  尋ねてこられたようです。でも 図書館としては 
  個人情報をお教えできないのでして~
  
  結局 受付の方が 近くのコンビニに受け取りに行かれました。
  素早い行動で 私がいる間に すぐ戻ってこられました。
  2枚もあったそうです。
  ああ~ こんなことも図書館の方の業務になるのですねえ。。。








  

[PR]
by nonkonogoro | 2017-06-09 18:18 | Comments(2)

「アンケートは疲れる」

ずいぶん前から情報紙やコープのアンケート回答のモニターに
登録して たくさんのアンケートに答えてきました。

選択肢が少なくて 意外と迷ってしまったり
「どちらでもない」が続くと 不真面目な回答に思われないかと
心配したり~ でも ちゃんとポイントが溜まると 便利な商品などと
交換できるので 無収入の私には うれしいお仕事です。

昨日 回答したのは 美容液のちらしを添削するというもので
いつも ちらしに あれやこれやと つっこみをして楽しんでいる私には
ぴったりの アンケートだと ほくほく引き受けましたが。。。

大変 疲れました。

A4サイズのちらしに書かれた文章などについて
これは良い とか ここが変~とか 思ったままに
自由に書けるので 楽勝~だと始めましたが
根が真面目なので 真剣に読み 真剣に添削していると
結構時間がかかりました。

それも 一枚に付き4枚以上の添削メモをつけないとダメだそうで
2枚のチラシの裏表 全部で4枚分を添削したら
ど~っと疲れてしまったのですが。。。
じっくり説明を読み返したら
「赤ペンで」と 但し書きされていました。 
全部 黒ペンで書いてしまいましたあぁぁああ。。。( ̄□ ̄;)

眠かったけれど 気を取り直して
また 赤ペンでやり直し。


すると そのせいか
今朝明け方に へんてこな夢を見ました。
私が殺されそうになるのですが なぜか 明るく対応していて
でも ちゃんと最後まで 生きていましたから
冗談の夢?だったのかもしれません。

当分アンケートはパス~と思っていたら
さきほど又 生協のアンケートが届いていて
また 頑張ってやりました。
これは 食事に関することで 楽しく回答できました。
でも このポイントって 溜まったら どうなるのか?
割合最近始めたので そこのところが不明です。
気になるので メールしておきました。



先日読んだ本の表紙ですが

これは なんと古代の埴輪の写真なのですよ~
こういうのを見ると なぜだか わくわくしてきます。





f0322282_17073653.jpg













[PR]
by nonkonogoro | 2017-06-08 17:11 | Comments(0)
3月頃 コープの小冊子で
エコプロジェクトのキャラクターの募集をしていたので 応募しました。
これまでデザイン関係の応募で選ばれたことは一度もないのに
懲りずに応募しました。応援したいプロジェクトだったし。
葉書もいっぱいあったし~


しばらくして 予選で通った8名の中に入っていると
電話連絡がありました。
とてもうれしかったです。(^^)/

この8つの作品を展示して 店に来たお客さんに
投票してもらうという企画だったのです。
でも。。。 それは うちの街ではなかったので
近所の知り合いに投票をお願いすることもできず
その地区に住んでいる数名に お願いしておきました。

投票したよ~と言って下さったのは 約2名。
その他の方は 忘れてしまったのか 投票したけれど
報告はしてくれなかったのか~


一月ほどの間は少し複雑な心境でした。

1/8 の確率だし 組織票も不可能だし(笑)
それでも 全く期待してなかったかというと そうでもなく。。。
ちょっと楽しい気分でもあったのですが
やはり ダメでした。
誰が見ても GOOD! と思われるキャラが選ばれていました。

これなら いっそのこと
途中の8名になど選ばれなかったほうが
何の期待もせずにすんで 心が平穏だったのではないだろうか?

いや それでも
電話を受けたときや 知人にお願いしたときは
たしかに楽しい気分でいられたので
トータルすれば 良い方に傾いているのかもしれませんね。

ということで
ハズレのキャラを アップします。
マイエコのキャラにすることにしましょう。
でも原画も置いてないので ぼやけた画像しかなくて スミマセン。

赤字で 「もったいないね!」と書いてあるのですよ。
    「も」は 鼻ですが(笑)

f0322282_17044632.jpg












[PR]
by nonkonogoro | 2017-06-07 17:08 | Comments(4)

「肥後守」

あれ~ せっかく打ったのが 突然消えちゃいました~( ̄□ ̄;)
気を取り直して 再度打ちます!

先日 三木の金物資料館で 「漢字表」なるものを頂きました。
大工道具関連のものです。

まずは 簡単な方から順に~いくつか抜粋しますね

鋸 小刀 鋏 錐 鎌 斧 剃刀 庖丁
鉋 鑿 鋤 鍬 鞴 鉈 鉞 曲尺 大鋸
肥後守


のこぎり こがたな はさみ きり かま おの かみそり ほうちょう
かんな のみ すき くわ ふいご なた まさかり かねじゃく おが
ひごのかみ

どれも ほとんど名前は知っていますが
さて 「肥後守 ひごのかみ」は なんだかわかりますか~?

私は 知っていましたが 夫は それ何??? でした。

こちらに詳しい説明が書かれています。
折りたたみ式ナイフ のことです。

明治時代に 三木の金物問屋さんが 鹿児島県より持ち帰ったナイフを
改良して 折りたたみ式にしたものだそうです。
私の子供の頃は 男の子は 皆これを持っていたような~
いや すでに プラスチックの柄だったのか?
記憶は錯乱状態(笑)
でも ま とにかく 私は この名前も姿も知っていたわけですが
同じエリア在住の夫が知らなかったのは不思議です。
忘れてしまっただけかもしれませんが(笑)












[PR]
by nonkonogoro | 2017-06-06 20:41 | Comments(2)

「この道は~」

今日は 以前 義母がお世話になっていた施設近くへ~
目的地は 野菜や魚の安いスーパーですが
その近くの公園の睡蓮が咲いているかも~と
訪れました。

義母は昨年7月末に亡くなるまで
9年も同じ施設に入っていました。
そして 週に一度 私はそこを訪れていました。

私にとっては 決して心はずむ予定ではなく
自分自身でノルマのように課した この週一の行事でしたが
イヤだという想いを封印して~

楽しい音楽を聞きながら
楽しいことを考えながら
川の流れや 山の姿を眺めながら
片道30分ほどの道を歩いたものでした。

でも いつも義母は 心からうれしそうに
私の伴奏で懐メロを歌っていました。
昨年の今頃は まだ施設で暮らしていたのだなあ~と
ちょっと しんみりしながら 歩きました。


公園に到着。
オジサンが1人 カメラをかまえています。

さて 睡蓮は咲いているのでしょうか?
パッと目には 花の姿はなく 元気いっぱいの睡蓮の葉だけが
池で目だっています。

あっ 咲いていましたよ~(^^)/
まだ ちらほらですが もう少ししたら たくさんの白い花で
埋め尽くされることでしょう。


f0322282_14325869.jpg

 

 水鳥より 水の模様の方が くっきり 美しく撮れてますねえ。


f0322282_14330902.jpg



帰り道 見上げた山々は
青空に映えて 美しかったです。


f0322282_14333045.jpg












[PR]
by nonkonogoro | 2017-06-05 14:39 | Comments(3)
今日も本当にいいお天気~(^^)/
出かける予定はなかったので
徒歩30分位にある 花の苗屋さんに
散歩がてら行くことにしました。

今日は食材は買わないので
ショッピングカートは お花専用です。

ベゴニア
ペチュニア
カランコエ
ラベンダー
ゴーヤの苗も~

ラベンダーは
いつもうまく育たないのだけれど
見るとやっぱり欲しくなります。

イングリッシュ ラベンダー

f0322282_14124773.jpg

八重のカランコエ
f0322282_14132725.jpg

とっても明るい色のペチュニア

f0322282_14175371.jpg



* あっぱれ女性たちのニュース 2件


先日幼稚園の送迎バスが 植え込みとポールに衝突した事故がありました。
園児たちには ほとんど被害がなかったようですが
その後の記事を読むと ドライバーの方がふらふら運転しているのに
気づいた 同乗の50代女性が 園の承諾を得た上で ハンドルを切って
植え込みにつっこんだのだそうです。


オレオレ詐欺にひっかかってしまった70代女性が
公園で お金(300万円)を手渡したとたん 詐欺だと気づき
息子に連絡して やはり詐欺だと判明。

その後の彼女の行動が スゴイです。
犯人はタクシーで逃走したので
自分もタクシーを拾い 追跡して
信号待ちのときに 取り返したそうです。

そんなに機転が利き 行動力もある女性でも
息子をかたる詐欺には ひっかかってしまうのですよね。
なんというか もう。。。(´-`).。oO

でも お金を取り戻したのは やはり スゴイと思います。










[PR]
by nonkonogoro | 2017-06-04 14:27 | Comments(2)

「手間がかかります」

先日 びわの実に 紙袋をかけておきましたが
やっぱり太陽光を当てないと 健康的な色にならないかも~と
今日は穴の開いたビニール袋にかけかえました。
色づいているのは 収穫しました。

世間一般の常識から言うと うちのビワの実は
とても小さいのですけれど
我が家の基準からすれば 例年よりは大きめです。
隣の大木が切られたので やや日当たりが良くなったからです。
花がたくさん咲いたのですが
鳥がついばんだりしたせいか
木に残っているのは 十数個しかないです。

明日ビワの種を埋めた息子がやってくる予定なので
食べてもらうことにしましょう。


f0322282_14400347.jpg


色白でかたそうですよね~(笑)


f0322282_14402517.jpg








[PR]
by nonkonogoro | 2017-06-02 14:42 | Comments(4)
昨日 三木市からの帰りの駅で時間待ちしたので
ドリンクを買って 小さな構内の椅子に座って
飲もうとしました。

ナタデココの入ったメロンソーダです。
正式名称は 「ふたつの食感ソーダゼリー ナタデココ入り

よく振ってからお飲み下さい~と書いてあったので
私なりによく振って(数回) プルトップを開けて
さあ 飲もうとしましたが
ナタデココゼリーが邪魔をして
液体が出てきません。
あせって 何度もやってみましたが ダメ。
缶をよく眺めてみると
「10回以上」と横に書いてありました。( ̄□ ̄;)
そっそんなあ~ もっと大きく書いてほしかったなあ。

仕方がないので 何度も 振り振り
でも どばっと飛び出してもこわいので
おそるおそるなので なかなかはかどらず。
つっついて ゼリーを落としたかったけれど
先の尖った物がみつからず

なんとか ゼリーの氷山をくずしながら
ようやく飲み終えたときには 汗ばんでいました。
結構時間が経っていて
時間待ちの30分は とても短く感じました。
ちょっとぬるくなったけれど
美味しかったです。


さて 今日は おとなしく家にいようかなと思っていたのですが
出癖がついてしまったようで~
神戸市立博物館で開催されている美術展に行くことにしました。

タイトルは長いです。
遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア

16世紀に宣教師に連れられて 意気揚々とはるかな異国に渡り
大歓迎を受け 8年後に帰国してみれば~
キリスト教が禁止されていて。。。
本当に可哀想な運命をたどった 彼ら4名の少年達のことには
以前から とても興味がありました。

今回の展覧会の見所は イタリアで 2014年に再発見された
「伊東マンショ」の肖像です。
その他にも 彼が書いた書簡など イタリアで大切に保管されていて
それらが展示されていました。
また 同じ時代に花開いた ルネサンスの絵画なども展示されていて
楽しく鑑賞することができました。
肖像画では 顔だけでなく 当時の服装が まるで写真のように
精密に布地の感触まで伝わってくるような素晴らしい技巧です。

この展覧会は 神戸の後 青森と東京でも開催されるそうです。













[PR]
by nonkonogoro | 2017-06-01 17:14 | Comments(5)