人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「立杭へ」

知人に招待券を頂いたので
篠山市今田町にある 「兵庫陶芸美術館」に行ってきました。
この美術館は 立杭焼(たちくいやき)の里にあります。

私は馴染んでいるので 立杭焼と書きましたが
いつの間にか 立杭ではなくて 「丹波焼」という名前に
変っていたようです。

これまで 篠山市街地には 何度も訪れたことがあるのですが
この里には行ったことがありませんでした。
備前焼とか 立杭焼など 黒っぽい焼き物は
あまり好みではなかったせいもあります。

その美術館では 「瀬戸ノベルティの魅力」という催しが開かれています。
「瀬戸ノベルティ」って何? こちらを見てね。

ノベルティというのは 陶磁器製の人形・置物のことで
愛知県の瀬戸で作られた製品は 主にアメリカなどに輸出されていたようで
日本では あまり知られていません。
私も この度 初めて知りました。

展示の中で 特に私の目を引いたのは。。。
マンドリンを持つ人形たちです。


f0322282_20574837.jpg

f0322282_20580418.jpg


丹波焼の窯元を訪ねる時間はなかったのですが
たくさんの窯元さんたちの製品が集まっている
「立杭 陶の郷」というお店で 小ぶりの器を購入しました。
お手軽価格の物が多いので 若いカップルなどで 賑わっていました。

左の白っぽいのは 私 右側のは 夫が選びました。


f0322282_21010021.jpg












by nonkonogoro | 2019-04-30 21:03 | Comments(6)
「連休はどこもいっぱいで
旅館も取れへんやろなあ。。。」と
夫が言うので 検索名人の私が 探してあげました。
ネットで 残りあと一室という表示で あせって
仕事中の夫に連絡。
滅多に仕事中にメールなどしないので 夫は なにかあったのか?と
ひやっとしたようですが 即予約してくれました。

それは 28年前に家族で訪れたことのある 兵庫県の湯村温泉の宿です。

当時 ギリギリ30代だった私は 下手なのにスキーに行きたがり
小学生だった息子達と一緒に 何度か信州へスキーに行っていました。
ただ 一度だけ 暖冬で スキー場には全く雪が積もっていなくて
出発日ギリギリまで 何度も電話して積雪状態を尋ねたりしましたが
ようやくあきらめて それでは どこかに泊まりに行こう~と
探し当てたのが 今回行った湯村温泉の宿でした。

皮肉なことに 車で出発して しばらくすると
雪が降り始め。。。 スキーはできなかったけれど
雪景色を楽しむことができました。
でも 道中 タイヤにチェーンを巻くのに 四苦八苦したのでした。
(私は手伝わず 応援するだけでしたが・笑)

今回は 「こうのとり号」というナイスなネーミングの列車で行きました。

湯村温泉は 98度という高温の温泉が湧き出ています。
その源泉で ゆで卵を作りました。
3個150円の生卵(良く考えると高いかも)を ネットに入れて
お湯の中に吊るしておきます。

向こう側に見えている コンクリートの仕切りの一つに
自分の玉子入りネットを吊るして 適当な時間を見計らって
引き上げるのです。
どこの温泉地でも 同じような仕組みになっているのでしょうが
ここは 硫黄のニオイがしないので いいです。

f0322282_19052787.jpg

向こうの方には 屋根付き橋が見えていました。
あれは 何? 日本版マディソン郡の橋?
f0322282_19285451.jpg

渡ってみたいなと思ったのですけれど
どこにも入り口は なさそうです。

ネットで調べたら~
これは 右側にある旅館専用の渡り廊下なのだそうです。
屋根だけではなく 壁もあるので立派な廊下ですね。


私達の泊まった宿のお庭には

水芭蕉の花が咲いていました。 (^^)/
尾瀬沼などの 自生地には行ったことがないので
予期せぬ遭遇で うれしかったです。


f0322282_19074390.jpg


さて 今日は
浜坂という日本海側の町に行き
遊覧船に乗る予定でしたが~
お天気だけれど 高波なので 船は景勝地の方まで 回れないし
かなり揺れるとのことで断念しました。

それで 海岸沿いや 街並を ゆっくり 散策しました。
私達は 何もない町を歩くのも好きです。

観光案内所で教えて頂いた お店でランチしました。
この辺りでとれる 甘エビ モサエビ のたっぷり入った
チラシ寿司と 甘エビのフライ 甘エビ入りの大きな玉子焼き
甘エビの味噌汁~と エビ図櫛の豪華な献立で 満腹~(^^)/
本当に どれもおいしかったのですが 写真撮るのは 忘れてました。
普段生のエビは敬遠しているのですが
とっても美味しく頂けました。

まだ 所々に桜の花も残っていたし
何より 淡い緑色の 新緑の山々が 美しいので
列車から 車窓の風景を楽しむことができました。
低い山々と 田畑のある 昔ながらの のんびりした景色です。

もうすぐしたら 田んぼに 水が張られ 
そして 整然とした田植えされた 美しい風景が見られますね~

連休の予定は もう何もないのですが
近場で 空いていそうな場所が見つかればいいなと
探してみることにしましょう。。。



















by nonkonogoro | 2019-04-28 19:40 | Comments(7)
最近 自動車やバスでの悲惨な事故が相次いでいるので
誰しも不安がいっぱいだと思います。
特に市バスの事故は 私には身近な場所だけに ぞっとしました。

今日 駅前の横断歩道で 信号待ちをしていて
青になったので 渡ろうとしたら
横断歩道ギリギリに停車していた車が
動く気配が~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

私より先に 横断歩道を渡り始めた男性が
びくっと身体を動かしたのが目にとまりました。
私だって どきっとしましたが
動作が鈍いので まだ 横断歩道には足を踏み入れていなかったのです。

その車は 確かに動いたのです。
何故か Uターンしていきました。

私も 横断歩道を渡る時や 歩道を歩いている時でも
いつもより 慎重にまわりの気配を感じながら歩いています。



今日は母の施設に行く途中の公園で
ランチしてから 行きました。

最近見つけた 小さな公園ですが
「ビオトープ」という表示がありました。
「ビオトープ」とは? こちら

日本語に訳すと 「生物空間」と言うらしいです。
この細長い公園には 小さな池と流れがあり
水生植物が植えられ 鯉やアメンボも泳いでいました。

大きな黒い鯉が たくさん泳いでいるのですが
時折 岸の方へ近づいていっては ブシュッ ボシュッというような
大きな音を立てているのです。 しばらく観察してみましたが
どうやら 何か 食べているようです。
水草か タニシのような生物なのか?

こんな小さな写真しか ありませんが~
雰囲気だけでも わかってくださいね。

f0322282_18072493.jpg








by nonkonogoro | 2019-04-24 18:08 | Comments(6)

「京都へ行こう」

今朝 突然 夫が言いました。
「いいお天気やから 京都へ行こう」

実は 今日は 何も予定がないので
近場で のんびり買い物をしよう
冬物も少しは片付けよう。。。
などと計画していたのですが

日頃は 夫のお休みの日でも
夫婦別の行動をしているので
たまには 一緒に行動しなくてはね。 (^^)/

ということで
混雑を覚悟の上で 出かけて行きました。
阪急電車は 意外と空いていました。

目的地は 嵐山。
到着したのが お昼だったので
まず 食事するお店を決めなくてはね。

京都行きは 急に決まったので
事前チェックする暇があまりなく
夫が 以前通りがかった時 いいなと目をつけていた店に
しようかなと思っていたのですが~

中州の辺りを 散策していたら
老舗旅館のバイキングがあるようです。
お手軽価格だし 何しろ 「おばんざい」と呼ばれる
胃に優しいお料理のようなので ここに決定。

拍子抜けするほど 空いていました。
桜の時期は 満席だったし 連休も混むようですが
今は ちょうど その谷間の空いている時期だそうです。

川が眺められる特等席。
f0322282_20480663.jpg

おや あそこに見えるのは?
屋形船のようです。

嵐山には 何度も来たことがありますが
まだ この船には乗ったことがないし
お天気も上々~なので 乗ることにしました。 

f0322282_20491919.jpg

嵐山にかかる渡月橋は有名ですが
この橋から上流は 大堰川(おおいがわ)
この橋から下流は 桂川
そして 大堰川からもひとつ上は 保津川なんだそうです。
私達を乗せた 屋形船は 保津川の手前まで行ってくれました。
30分ほどの船旅です。
向こうに見えるのが 「小倉山」だと 船頭さんが教えてくれました。

職業的ではなくて 自然体の船頭さんで
楽しくお話できました。

この船をこぐのは 櫂 ではなくて 棹(さお)という長い棒で
川底を押しながら 船を進めていくのです。

カップルや 女性同士の乗った 手漕ぎのボートも たくさんいて
時々 制御不能となり ぶつかってきますが
船頭さんは 笑いながら うまく かわしてくれます。 


f0322282_21234002.jpg


川から眺める 渡月橋。。。

f0322282_21035383.jpg

美味しいランチと 楽しいミニ船旅をしたので もう満足。
人がいっぱいの 通りは 少し歩いただけです。

人通りのない裏道に ひっそりとある和物のお店で
布製のブックカバーと 可愛いブローチを購入。












by nonkonogoro | 2019-04-20 21:24 | Comments(9)

「あぁ 勘違い」

我が家の庭の片隅には
つぎはぎ状態の 棒状サボテンが 長年置かれています。
冬の間は いつも室内に避寒させているのですが
今年の冬は 大忙しだったので 外に出しっぱなしでした。
それでも枯れもせず 元気に越冬できました。

つぎはぎ状態なのは
一度 ポキッと折れたので また そこから生えてきた為です。

その古い馴染みのサボテンの先っぽに
ピンクの物がついています。

おぉ! これは サボテンの花! (^^)/
やっと 花が咲いてくれたのだわあ~と
デジカメを取りに行き 数枚 写した後で
気づきました。

しょぼい
花だとは 思いましたが
いくらなんでも これは。。。

それは 桜の花びらだったのです。 Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
我が家のソメイヨシノは まだ 咲いています。

気づいて良かった~
もうちょっとで 
「サボテンの花が咲いた!」とブログに偽情報をアップするところでした。

私の視力同様 画像もぼやけていて 何がなんかわかりませんが(笑)
せっかく写したので アップしておきます。

f0322282_14321662.jpg



では 気を取り直して
近くの公園で撮った 花画像をアップしますね。

f0322282_14341950.jpg

f0322282_14340561.jpg

友人達 姪に
私が一眼レフカメラを持っていて 撮影している~と言うと
何故か とても驚いていました。

そういえば 私の周りの人達は 旅先でも 皆スマホで
人物入りの景色しか写してないような気がします。

私はブログ仲間の方々の 美しい花や風景の画像に憧れて
自分でも カメラを抱えて 写真撮影が目的で出かけることもありますが
そういう人は 少数なのかなあ~

私は 皆が驚いたことに 驚きました。(笑)









by nonkonogoro | 2019-04-18 14:40 | Comments(6)

「母を実家へ。。。」

母が 昨年11月に骨折入院してから はや5ヶ月経ちました。
施設での生活にも なんとか馴染んできたので
昼間だけ 実家に連れて帰ることにしました。

私は車の運転ができないし
姉も免許は持っていても 実際に運転はできないし
タクシーだと 高額料金になるので。。。
夫に頼ることにしました。

施設では 歩行器と車椅子を使用していますが
実家では どのように移動すれば良いか
夫に相談に乗ってもらい あれこれ試行錯誤しました。

施設で使用している車椅子を持っていくつもりでしたが
我が家の車のトランクには 大きすぎて乗らないそうで~
歩行器だけにしました。

玄関の土間から廊下へは 段差があるので
母は それをまたいでは上れなくなりました。
一旦 腰を下ろしてから よいしょっと起き上がらせる?

介護の経験者に 抱きかかえ方を伝授してもらいましたが
それよりも 階段があれば良いとも 言われたので
何か適当な踏み台は無いかなと 考えて~
夫の提案で ブロックを二つ 持って行きました。

成功しました! (^^)/
母は ちゃんと 玄関に上れました。
屋内では 歩行器を使って移動し
椅子に座って 衣類の整理などしたり
いつものお寿司やさんから 出前を取って
ランチタイムとなりました。

春夏もの衣服を 紙袋にいっぱい詰め込んで
さあ 帰ろう~という時に
母が 椿の花を持って帰りたいというので
姉が 花を切りに行ってくれました。
もう盛りを過ぎていて なんとか3輪だけ 切り取り

さあ 今度こそ帰ろう~と 庭の奥を眺めたら
あら まあ 
可愛いチューリップが満開です。
そして その横には スノードロップも。

水やりもしないのに
たくさん キレイに咲いていました。
それで 施設の部屋に飾ろうと
それらの花も切り取って帰りました。

チューリップは
毎年球根を植えないとダメなのだと 思っていましたが
赤 黄色 ピンクの花が ちゃんと咲いていました。
写真を撮るのは 忘れていました。残念。










by nonkonogoro | 2019-04-17 18:27 | Comments(2)
今日は 中高の後輩たちの マンドリン演奏を聴きに行ってきました。
あいにくの雨模様でしたが
10代の彼女達の元気いっぱいの演奏を楽しむことができました。

母校にマンドリン・ギター部ができて 55周年だそうです。
私が入学する1年前に このクラブができました。
私は中学3年生の終わりに入部したのですが あれから なんと半世紀以上も
経っているのですね。自分でもびっくり!

実は 母校は来年 他校と合併するようです。
学校名は 残してもらえるそうですが
きっと色々体制も変るので クラブも存続するのかどうか~?

現役の部員数は 昔に比べると 減ってはいますが
OGの参加で 舞台いっぱいの人数となり 迫力ある演奏となりました。

自分と彼女達との年の差を いまさら うらやみもしませんが
染めてない自然な色の黒髪が ツヤツヤで ふさふさしていたのは
かなり うらやましくなりました(笑)
ショートヘアの人が少なくて ポニーテールの人が目立ちました。
私も あの頃は つやつやではなかったけれど ふさふさ だったなあ。。。


今日は 2年前に出来た 新しいJR駅で降りて
ホールまで 川沿いの桜を眺めながら歩きました。
晴れていたら もっと 心地よかっただろうなあ。


f0322282_22515263.jpg










by nonkonogoro | 2019-04-14 23:00 | Comments(2)

「今年はハズレ」

私の近場 紅枝垂れ桜のお気に入りスポットに行ってみました。
週の初めに訪れた時は まだ これから~の雰囲気だったので
今日は 楽しみにしていたのですが…

すでに咲いてしまったのか
まだこれから咲いてくれるのか?
それとも 花の付きが悪くなってしまったのか?

たしか昨年も ハズレでした。
一昨年までは 満開の紅枝垂れを眺めて
うっとり 至福のひとときを過ごせたのに
とても残念です。(・_・ゞ-☆

桜を眺められる 道路向かいの里山で
山ツツジを撮りました。

ツツジは毎年 可愛く咲いてくれます。
子供の頃の実家付近にも たくさん咲いていた ほっこりする可愛い花です。


f0322282_18220125.jpg


今日は 母の施設にも立ち寄ったので
なんと!14000歩も歩きましたよ~

夕暮れ時の 帰り道 桜の並木道を通ったら
ハラハラ~と 桜の花びらが たくさん舞い散ってきて
心地よかったです。

 








by nonkonogoro | 2019-04-13 18:27 | Comments(0)

「誰だっけ?」

コープですれ違った 白髪ショートヘアの高齢女性は
見覚えのあるお顔でした。
すっきりした美人顔です。

数歩進んで 思い出しました。( ̄▽ ̄)V

息子の幼稚園母仲間なので
これまでも よくばったり出会ったりしていましたが
何故 わからなかったかというと。。。

突然 白髪ショートヘアになったからです。
以前は 黒くて長い髪だったのです。

美人だし 白髪もつやがあって 
素敵なお姿ですが~
でも でも
見た目が これまでより
10歳位上乗せされて見えます。
実年齢は 私とあまり違いません。

私だって
今 髪の毛を 自然のままにしたら
やはり10歳位は老けて見えることでしょう。


反対に
以前は 自然のまま 白髪交じりの方が
急に染められたら とてもお若く見えるようになりました。

私は今 毛染めはしてなくて
カラーリンスと呼ばれるもので 軽く色をつけています。
だから 半透明のような薄い色合いになっています。

まだ 自然のままにする勇気が持てません。
染めることをやめたら どんなに楽になるだろうか~と
何度も思ってきましたが 決断は難しいですね。
それに まだ全部白いわけではないので
ごま塩頭になってしまうのでしょうねえ。。。


白い小さな花たち。。。


f0322282_20380655.jpg


f0322282_20382054.jpg













by nonkonogoro | 2019-04-11 20:42 | Comments(6)

「花見三昧」

午前中は
近場のお気に入りの桜の咲いている場所を
ぐるり~と 一巡りしてから スーパーに立ち寄りました。

桜の木がいっぱいある公園は まさに花盛り。
あまりに美しいので 午後に母を連れていくことにしました。

介護タクシーではない 普通のタクシーでの移動は 初めての経験です。
車椅子のたたみ方だけは マスターしましたが
か弱い私には 持ち上げてトランクに出し入れするのは無理なので
施設の方や 運転手さんにお願いしました。

公園へ行く途中にも
桜の美しい場所があるので 通って頂きました。
とても親切な運転手さんで 良かったです。


公園には 親子連れが多いですが
母と同じように 車椅子の方も いらっしゃいました。

桜餅を買っていって 桜の花の舞い散る下で 食べました。


f0322282_19081374.jpg

それにしても
日本人は皆 富士山と桜の花が大好きですよね~(^^)/










by nonkonogoro | 2019-04-08 19:15 | Comments(5)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non