人気ブログランキング |
明日から30日まで旅に出ます。
タブレットは持参しますので 皆様のブログは拝見できますが
タブレットの文字打ちが苦手なので コメントはあまりできないと思います。
ブログもアップできれば良いのですが~どうなりますことやら。





f0322282_08473451.jpg








# by nonkonogoro | 2019-07-16 08:48 | Comments(10)
夫は 時々 近所の整体に 行っています。
身体が硬いし 腰痛持ちでもあるので
そこで施術してもらうと 調子が良いようです。

昨日は いつもの受付や助手をされている女性がお休みだったので
先生一人で お忙しくて しばらく待たされたそうで
その間に 「あまから手帖」という 食べ物やさん特集の本を
見ていたようです。

そこに掲載されていた 隣町の洋食屋さんの ビーフシチューが
とても美味しそうに見えたそうで~
急に ランチに行くことになりました。
予約不可の店です。

外観からして レトロな雰囲気です。
そして・・・
カウンターだけのお店です。
12名ほど座れます。

3つ席が開いていたので 座れました。
ビフテキ エビフライ オムライス コロッケ ミートスパゲッティ
などなど たくさんのメニューが並んでいますが
夫は迷わず ビーフシチューにしたので
私も右にならえ。。。

70代位のご夫婦がカウンターの中にいて
ご主人は 後ろ向いて せっせと調理中。
奥さんは 手際よく注文を聞いて
カウンターの向こうから 手を伸ばして
出来上がった料理を 次々と置いていきます。

とっても愛想が良いです。
かなりの裏声ですが~ 変った抑揚をつけて
歌うように 注文を復唱しています。

息子さんらしき若い男性が
出前から帰ってきました。
そして これまた 絶妙な連係プレイで
揚げ物を手伝ったり あれこれ 色々~

丸見えの厨房です。
決して 清潔感に溢れてるとは言えない状態です。
向こうの方で 大きな火が見え
湯沸かし器は 小型で とても古びています。

でもね
不思議と居心地は良いのです。
お客さんは せかされるのでもなく
ゆったり談笑しながらも
うまく 入れ替わっていきます。
待合の椅子もないのですが
不思議と 席が空くと すぐ詰まっていくのです。

グツグツ煮えたぎった 野菜も肉もたっぷりのシチューが
ど~んと置かれました。
サラダも ポテトとキャベツとレタス・きゅうり~いっぱい。
女性は 私と 家族連れの方だけの二人です。
ここは 男性向きの店なのかもしれません。

窓際には 古びたコミックの棚と
何故か 大きな水槽に 大きな鯉が二匹 ギューギュー詰め(笑)

私は今度行くなら オムライスが食べてみたいなあ~





六甲山で見かけた花です。


f0322282_21111058.jpg















# by nonkonogoro | 2019-07-14 21:13 | Comments(4)

「あらっら~」

昨日夕方 帰宅すると
固定電話に 不在着信記録が2件入っていました。
登録していない見知らぬ番号です。

すでに帰宅していた夫は
自分の携帯から その番号にかけてみたそうです。
「なんか輸入衣類雑貨の会社みたい」
「ふ~ん きっと何かの押し売りでしょ」

見知らぬ番号は たいてい押し売り販売か 不動産関連なので
私は いつもネットの番号検索で 迷惑電話かどうかチェックします。
マトモな会社だと ちゃんと登録されているので 会社名が判明します。

そして しばらく経過。。。

今日は 隣町にヘアーカットに行って
いつも購入する フェアートレイド商品のお店で ブラウスとキュロットと
ブローチを購入しました。 どれもバーゲン価格でお買い得でした。

家計簿に記録しようとして 気づきました。
キュロットの価格が違うのです。

たいていは 購入してしまうと 価格詳細は忘れてしまうのですが
今回は 何回も安いことを確認したので(大きく表示されていた)
ちゃんと覚えていたのです。
これは~ やっぱり 店員さんのレジ打ち間違いだと思い
お店に電話しました。(自分の携帯から)
でも 番号を入れながら なんか 見たことのある番号のような~?

それは 先ほど 夫が携帯から確認したという店の番号なのでした。
やっぱり そうでした。
お店の方が すぐレジ打ち間違いに気づき 電話連絡してくれたようです。
でも 私が 間違いに気づかなかったら
どうなったのでしょう?

私は すばやく その番号を 着信拒否に登録してしまっていたのです。
住所は知らせてないので お店も困った! ことと思われます。

で ちゃんと差額料金は 現金書留で送って頂けることになりました。

レシートを貰った時に 金額を確認すれば良かったのですが
つい うっかり 忘れてしまいました。
これからは ちゃんと 確認しよう。。。
(でもね たまに 自分の思っている価格と違っていて 申し出ることがあるのですが たいてい 私の思い違いが多いのですよ)

1件落着
そして なんだか ちょっぴり得した気分~ (^^)/



庭に咲いた アガパンサスの花です。

「アガパンサス」という名前は 覚えにくそうなのに
何故か ちゃんと覚えている不思議な名前です。

これは この花の学名で
ギリシャ語の アガベ(愛)と アンサス(花)で 「愛の花」という
素敵なネーミングです。
原産地は南アフリカで 英語では
African lily Lily-of-the-Nile  などと呼ばれているそうです。



f0322282_09025895.jpg













# by nonkonogoro | 2019-07-10 09:09 | Comments(9)

「古い写真を発掘」

実家にあった昔の写真を 母のところに持って行きました。
母は三人姉妹の末っ子だったのですが
その写真には 三人姉妹が写っていました。
母は 40代半ばくらいかな~
母達と一緒に 高齢の女性も写っていました。

「これは 誰?」と聞くと
何と 母の祖母だと言います。
母の母は母が幼い頃亡くなったと聞いています。
その後祖父は後妻さんを貰ったので
私の知っている祖母とは 母も私も血の繋がりはありません。
でも幼い母は 継母である祖母に すぐ懐いたそうで
私にも優しいおばあちゃんでした。

でも その母の母の母が 長生きしていたとは知りませんでした。
たぶん 私は会ったことがないと思われます。
写真で見る曾祖母は 80歳位かと思われますが
ちゃっきりして素敵な女性に見えます。

この写真は おそらく以前にも 母に見せられて
ちゃんと説明もしてもらったのだと思うのですが
全然覚えていません。
母の母(祖母)と幼い母が写っている写真は
何度も見たことがありますが なにし昭和初期の白黒写真なので
ぼやけていていました。
でも この曾祖母の写っている写真は カラーだし
はっきりしています。



f0322282_21180318.jpg

# by nonkonogoro | 2019-07-08 21:27 | Comments(8)
生まれてからずっと
私が暮らしているエリアの背後には
いつも 六甲山脈があります。
六甲山は一つの山ではなくて
たくさんの山が連なっています。

いつも 出かける時は 坂道を下り
帰路は 山を見上げながら 坂道を上ってきます。
(しんどいときは 下ばかり向いてますが・笑)

それで 私はいつも 六甲山に見守られているような気がしています。

昨日は その六甲山のメインの山で泊まってきました。

近場なので これまでに何度も六甲山には行ったことがありますが
泊まったのは 20歳の時 大学のゼミで~
それから 家族と 30年位前に~
その2回だけです。

今回は お友だち二人と一緒です。
かなりの悪天候になる予報でしたが
ケーブルカーで山頂について ホテル近くのカンツリーハウスを
散策して 戻ってきたら 雨が降り始めました。
夜は かなりの雨風の荒れ模様でしたが
今朝からは 雨にも降られず 散策できました。


六甲山は 紫陽花の花盛りでした。
ケーブルカー沿いの谷間にも
高山植物園にも
様々な紫陽花が しっとりと咲いています。

紫陽花は 神戸市の市花です。

f0322282_15383431.jpg



木々も私達も すっぽり霧に包まれて
なんだか やすらぐような 心地よさでした。
お肌が潤ったかも(笑)

f0322282_15385717.jpg


昨年6月には
ヒマラヤの青いケシを描く為に
六甲高山植物園に 写真撮影に行き
可愛い ササユリとも出会えて こちらも絵に描きましたが
今年も 一段と可憐な ササユリに出会えました。


f0322282_15384670.jpg



山の上から見下ろすと
本当なら 神戸の市街地が見渡せるはずですが
あいにくの霧の為
霧の切れ間から 少しだけ 神戸ポートアイランドが
顔を見せてくれました。

f0322282_15391001.jpg















# by nonkonogoro | 2019-07-04 15:51 | Comments(8)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non