この頃思うこと cellonon.exblog.jp

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

「今日はこもり日」

今日は 真面目に主婦業に専念…
午前中だけだけど。
衣料の入れ替え&整理
予想通り 処分品は たったの一枚しか出てこなかったけれど
でも何があるかは確認できたし(手持ち服を すぐ忘れるので)
少しだけ 片付いた感があるし~(あくまで自分の主観ですけど)

何年も着ていなかった 淡いピンクのブレザー
着てみると いい感じだったので
この秋冬はこれを活用することにしようと思う。
スーツのジャケットも 真冬になるまでは 着れそうね。


庭の草を一眼レフで~
自分の目でみると みすぼらしい草花も
マクロレンズで撮ると とっても魅力的に見えるから 不思議。


f0322282_13162465.jpg

                                                                                                                                                              
f0322282_13164124.jpg










# by nonkonogoro | 2014-11-08 13:18 | Comments(2)

「紀州街道を歩く」

今日も良いお天気で 暖か~
なので 街道ウォーキングに出かけてきました。

前々から気になっていた 奈良県五條市の古い街並みを歩いてきました。
我が家からは JRと南海電車を乗り継いで 2時間ちょっとです。
JRの駅は「五条駅」ですが 市の名前は 「五條市」

ほとんど観光地化されていなくて静かです。
とりあえず 一番端の方まで歩くことにしました。
すると明治時代から続いている旅館がありました。
そこの店先に なにやら書いてあります。
「「小判草」ありますので お尋ねください」と言う内容が書かれてあります。
一旦通り過ぎましたが 引き返したときに 見せてもらいました。
f0322282_17403105.jpg
何か 訳がわからぬ・・・( ̄▽ ̄)V
お店(旅館)のおばさんが 色々説明してくださいましたが
これは コバンソウのドライフラワーで
でも 花ではなくて 葉っぱを 剥いであるようです。
コバンソウといえば 良く見かける イネ科の雑草と同じですが
でも 同じ植物なのかどうか? なま物がないので わかりません(笑)
段々色が変わってくる~とのことなので
面白いから 購入しました。

映画「花影」2008年 の撮影では この旅館が舞台になったそうで
その撮影時の写真も たくさん飾ってありました。

さて ずっと こんな街並みが続いています。
f0322282_17440407.jpg
f0322282_17435256.jpg
そろそろ お昼です~
あまり選択肢がなかったので おうどんやさんに入りました。
ここも 100年以上も続いているそうです。
家族だけでされていて 温かい雰囲気のお店です。
私は「かやくうどん」を食べましたが 薄味で 「京都で食べたおうどんに似てますね」と
言うと なんと! 先代は京都出身だったそうです。
やわらかくて細めのおうどんでした。ボリュームはなかったけれど 上品でおいしい味でした。
ここでも しばらく歓談。。。

帰りに駅で 柿の葉寿司を買いました。

マイブーム (街道ウォーキングシリーズ)も
そろそろ寒くなってくるから 今年は もうおしまいかな~




# by nonkonogoro | 2014-11-06 17:54 | Comments(9)

「今日は邦楽」

三連休最後の日
とは言っても 主婦の私にはあまり関係ないのだけれど…
何も予定はないなあ~と思っていたら…
昨日ケーナレッスンの時 生徒仲間に尋ねられた。
「明日 行く?」
すっかり 忘れてました。~( ̄▽ ̄)V

同じ生徒仲間のお一人が 尺八もされていて
その方が出演される 「三曲協会演奏会」というのが
私の住む町のホールで開催されるのでした。

というわけで
さわやかな連休最後日の予定は埋まりました。

会場前から並んでいると思ったので
早めに行きましたが 皆さんの出足は遅かったようで
一番前の真ん中の席を確保。

さて 生徒仲間の男性(ちょっとだけ年上)の出演されるのは 8番目です。
一曲10分~15分かなと予想していましたが…
結構長い曲も多かったので 出番まで2時間くらいかかりました。

三曲というのは 三弦(三味線) 尺八 筝(琴)のようです。
時々 地歌も入ります。
歌も曲も 同じような感じの繰り返しが延々と続くので…
私は次第に 夢うつつ状態…
でも最前列なので 寝込まないように 努力しました。

地歌の歌詞は
私にははっきり聞き取れなかったのですが
以前お琴を習っていたという友人には ちゃんと理解できたようです。

尺八は やっぱり男性ばかりかなあ~と思っていたら
女性も登場していました。
小学生~高校生の若いグループもありました。

椅子に座ったり 洋装のグループもありましたが
見て聴いている方からしたら やっぱり和風で正座が
しっくりしました。

私は今 西洋音楽であるマンドリンと
南米音楽のケーナとをやっていますが
明治より前には こういう邦楽しかなかったのですねえ。
お琴も 尺八も 三味線も どれも味わい深い音色だと思いますが
延々と地味に同じフレーズが続いていくのは
やっぱりちょっと退屈です。
もっと現代風の曲・演奏も色々あるのでしょうね。

演奏中に後ろの座席の方の携帯が 
軽やかなメロディを奏でていましたが~
すぐ止めることができなかったようで…
開演前に 「携帯をマナーモードに~」と言うのは
やはり必要なことなんだなあと思いました。


帰り道 近くのマンションで見かけたバラ
あんまり可愛い色だったので~パチリ


f0322282_17501958.jpg


# by nonkonogoro | 2014-11-03 17:51 | Comments(8)
今日は
神戸の老舗ライブハウス「チキン・ジョージ」のライブに行ってきました。
「神戸バイブルカフェ10周年記念ライブ」です。
バイブルとは
聖書のことで 今日のライブはキリスト教会のイベントなのです~
面白い取り合わせでしょう。。。

私たち世代なら 誰もが知っている~
「異邦人」の久保田早紀さんは 結婚を機に久保田早紀としての音楽活動はやめて
今では「久米小百合」さんとして 音楽宣教師という肩書きを持たれています。
彼女はキリスト教会やミッションスクールで 教会音楽家として 音・言葉・絵画を
組み合わせた新しいスタイルのチャペルコンサートをされているのです。

今日のこのライブを主催されている教会でも年に二度 
久米さんによる「神戸バイブルカフェ」が開催されているので
以前もお誘いを受けたことがありましたが やはり教会へはちょっとお気軽に行きにくく…
今日は ライブハウスなので わくわくして やってきました。

この教会と私のご縁は 話せばとても長くなるのですが…

私はクリスチャンではありませんが
昔この教会付属の幼稚園に通っていて 日曜学校にも通っていたのです。
そして 十数年前に知り合った女性も ここの教会員だったし
姪もこの幼稚園に通っていたし・・・
その他にも色々 不思議な糸で結ばれているようで。

さて
ライブに話を戻すことにしましょう。

久米さんは もう50代半ばになったそうですが
話し方も姿も とっても可愛いイメージが残っています。
賛美歌や唱歌だけでなく 久保田早紀時代の曲も歌ってくれました~(^-^)/
もちろん 「異邦人」もね。
ご主人である 久米大作さんのピアノと小原直子さんのバイオリンの伴奏です。
それから 素直な楽しい子供の詩の朗読もありました。

前座には
教会牧師と教会員によるミニライブもありました。
牧師さんとは面識がないのですが
その昔 私が高校生だった頃に 教会のクリスマス会で一緒に演奏した高校生(今はオジサンだけど)も
ギター演奏されていました。
実に 46年ぶりのご対面であります。

会場には 教会の方ばかりではなく
久保田早紀時代からのファンの方もたくさん来られていたようです。
会場は満員でした。

盛りだくさんの内容のライブで
なんと 3時間も…
ラスト曲は アメージンググレース
アンコールは グリーンスリーブスでした。

帰り道駅へ向かう途中で
不思議な格好をした若い女性たちに遭遇しました。
そう 今日はハローウンだったのですね~





# by nonkonogoro | 2014-10-31 23:06 | Comments(10)
私と母は同じ女学校出身ですが(姉も伯母もいとこたちも)
私の知る限りでは その学校卒の文学者はほとんどいません。
ま 有名な芸能人も 科学者も… (元アイドルと宝塚歌劇の人はいます)

でも今 
神戸市にある「神戸文学館」で企画展が開催されている「久坂葉子(くさかようこ)」は
その貴重な作家さんなのです。
と言っても この作家さんを知っている人も数少ないと思います。
19歳で発表した「ドミノのお告げ」が芥川賞候補となり 次々と作品を生み出しますが
21歳の大晦日に自死しました。
私は 彼女が私の大先輩であることを学校の冊子で知ってから
彼女の作品や 彼女のことを書いた作品を読みましたし
今も キンドルに一作入れてあります。
当時としては斬新な感覚の恋愛小説です。

母は 彼女の在校当時を知っているので (母が少し先輩)
この企画展に行きたいというので
今日は 一緒に行くことにしました。
神戸文学館の場所は 王子動物園の西隣です。

私は前に一度だけ 訪れたことがあります。
神戸文学館の存在を全く知らなかったのですが
ちょうど その前のクレープ屋さんで クレープを食べながら
風景を眺めていたら…
あらっ あの赤いレンガ造りの素敵な建物は何?
…と 行ってみたのでした。

この建物は 元は関西学院のチャペルだったそうです。
関西学院の建物は あのボーリズの建てたことで有名なのですが
この建物も同じ時代の 同じような様式だと思います。
(この建物はM・ウイグノールが設計)
画像は 神戸文学館のサイトで見てくださいね~
建物全体を写すのが難しかったので…

この文学館には
神戸ゆかりの作家さんたちの展示もされています。
今日は中学生か高校生の生徒が二人ほど来館して
熱心に資料を書き写していました。

懐かしい昔の神戸の風景写真もたくさん展示されていたので
母はとっても楽しそうに見学していました。

とても小さいスペースですが 無料なのもうれしいです。


帰り道に咲いていた たぶん さざんか~
あんまり可愛いので パチリ。。。


f0322282_16251706.jpg





# by nonkonogoro | 2014-10-30 16:27 | Comments(6)