人気ブログランキング |

「もっと近こう寄れ…」

新しいパソコンになり 無線ランの親機も子機も買い替えたけれど
どうも邪魔物があるのか 電波状態がイマイチで
仕方なく 親機をドアの外の廊下に出して
ドアにぶつかりそうな危うい状態で接続していたのだけれど
夫が なんとか配線をやり直してくれ
パソコンの真後ろに 親機を置いてくれたので
私の背後から 電波直撃~( ̄▽ ̄)V
接続速度は 抜群に速くなった~
真後ろとは言っても 何メートルか離れてはいるのだけれど
別に有線でもいいような気も…(笑)

今までは アンテナ 3/5 位だったのが 5/5になった。
これで ひと安心。

一昨日のほかほか陽気とは 打って変わって
今日は涼しかったので 着る物に困ってしまった。
日本画の作品展の受付をしたのだけれど…
これじゃ 寒いかも~
あれじゃ 冬っぽすぎる?などなど迷ったけれど
お客さんは皆さん絵を見に来てるのでして
誰も私の服装など見ていなかった~(笑)

f0322282_21481579.jpg







# by nonkonogoro | 2014-04-19 21:48 | Comments(4)
紅葉や桜の時分には 京都には行かないようにしているのだけれど
今日は 5月上旬までの 絵画展のチケットを頂いたので 
お天気も良いし 決行することにしました。

あまりメジャーな美術館ではないので 混むことはないだろうけれど
バスが混んでいたらいやだなあと思っていたら
意外とすいていて ちゃんと座れました。
目指すは 「京都府立堂本印象美術館」です。
阪急烏丸駅前から バスで立命館大学前で降ります。
バスの後部座席にすわりましたが 隣も前も 外国の方ばかり~
東欧系のような感じ~
ふと… 「どこでもドア」で海外へ行ってしまったのか~と錯覚するくらい。

たしかに美術館は ガラすきで ゆっくり優しいタッチの日本画を鑑賞することができたのですが そこに着くまでに 外国からの観光客に一番人気のありそうな 金閣寺があったのです。
その東欧系と思われる一団は 金閣寺のひとつ手前で ぞろぞろと降りて行かれました。あ~間違って早く降りてしまったのでは?と心配していましたが・・・
次の停留所に行くまで 突然渋滞モードになり 彼らの正しいことが証明されました。バスでとろとろ進んでいる間に もう金閣寺まで歩いて到着していたことでしょう。

さて 第一の目的は終わったので ここから歩いて御室の仁和寺まで行こうと計画していました。一本道でわかりやすいのです。
道路の両側は緑も多く心地よい風景なのですが 車がビュンビュン通るので排気ガスにやられそうでした。
さて 途中にある龍安寺はパスすることに決めていたので 「仁和寺」という看板が見えたので たくさんの観光客と一緒に す~っと入っていきました。
ちゃんと500円は支払って~
でも あらっ 仁和寺には 何度か来たことがあるのだけれど
なんか感じが違う? 配置換えでもしたのかな?
案内板を見てみよう~と近づくと
ひえ~~~ ( ̄▽ ̄)V 龍安寺と書いてあります。

なんで なんで さっき看板には 仁和寺って書いてあったのに・・・
(後で確認したら 仁和寺の横には あっち~という矢印がちゃんとあったのです)
ま もう500円支払ってしまったので 返金はしてくれないだろうし
仕方がないので 石庭を眺めることにしました。
修学旅行生と外国人観光客ばかりです。
f0322282_19302350.jpg
塀の向こう側には しだれ桜も咲いていて 静かで美しい風景です。が…
全景を お見せすると~
f0322282_19295906.jpg
こ~んな 感じで にぎわっておりました。

その後 ちゃんと仁和寺にも行きましたが
御室桜のエリアに入るには 入場料500円がいるのだけれど
「落下はじまる」と書かれていたので 迷うこと数分 (ё_ё)
ついに! 鑑賞をすませて出てこられた方に尋ねることに…
やっぱり かなり見ごろは過ぎているようです。
以前見た 美しい風景の記憶を汚さないように 今日はパスすることにしました。

まだ つづく…
もうひとつ 京都文化博物館で開催中の「光の賛歌 印象派展」にも行くことにしました。御室から京福電鉄で 四条大宮まで出て 後は テクテク歩き~
これは ホント 私好みの優しい印象派の作品が多く 素敵でした。
混み具合も まあ たいしたことはなく じっくり鑑賞できましたし~
ルノワールの男女がダンスしている絵は かなり大きくて 女性の表情がとてもいい感じに描かれていて やっぱり本物はいいなあ~と思いました。

14000歩以上歩いて 疲れた~ ( ̄▽ ̄)V




# by nonkonogoro | 2014-04-17 19:46 | Comments(8)

「作品展」

日本画の生徒さんによる作品展は毎年4月に開催されていて
今日午前中に搬入し午後から スタートしました。

このブログを見てくださる方は遠方の方が多いので
あまり宣伝効果はありませんが 一応お知らせしますね。

「第24回 朗朋会展」
4月15日~20日まで 兵庫県民会館 1回特別展示室(最寄り駅はJR元町駅)
10:00~6:00 (最終日のみ4時まで)


長いこと続けていらっしゃる方が多いので
年々作品の出来がよくなっているように思います。
(私の場合は どうかわかりませんが…)

例年搬入の日はマンドリン練習日と重なるので パスしていましたが
今回は久しぶりに出席できました。
先生が それぞれの絵を批評されていくのです。
たいていは まあ 良し~という感じで こうしたら良いなどのアドバイスを
してくださいます。

私は 以前ここでもアップした倉敷の絵を出展したのですが
その絵は まあ時間をかけて丁寧に描いたのでいいのですが
いつも あまり丁寧に仕上げていないと言われました。
たしかに他の方は 一つ一つ丁寧にじっくりと取り組んでいるようです。

でもねえ 先生 これは私の性格の弱点でもあり
自覚はしているのだけれど これ以上どうしようもない部分もあるのですよ~
物事を突き詰めていく人や 完璧主義の人なら
自分の納得がいくまで描き続けるのでしょうが~
私の場合は もう これでいいわ~ うん 良し いい出来だ!と
お気楽に思ってしまうタチで ま 音楽にしても絵にしても
そういう了見だからあまり上達していかない。。。。。
それでも この性格で人生60年以上やってきたのですから
これでも 私としては長い時間をかけて 丁寧に描いているつもりなのに~
と ぶつぶつ ( ̄▽ ̄)V

帰りは久しぶりに 同じ教室の仲間と中華料理を食べて
近くにある 東急ハンズへ~ こちらもずいぶん久しぶり。
ちょこちょこ小物文具などを購入。
可愛いお弁当箱も~(^-^)/




# by nonkonogoro | 2014-04-15 16:16 | Comments(4)

「鉢植えの花集合」

のなさんのブログで
お庭の鉢植えのパンジーを空き瓶に挿してあるのを真似して~

わたしも 玄関先の鉢植えの小花を摘み取って 生けてみました。

たくさん集まると可愛いですね (^-^)/

f0322282_20343219.jpg
ところで 仏壇の花なんだけれど
母は お店で売っている仏花こそが 真正の仏壇の花だと信じているのだけれど
昔はそんなもの売ってなくて そこいら辺に咲いている花を生けたかもしれないし
もしかしたら 仏壇に花など入れてなかったのかもしれない?
うちは 小菊など適当に入れてあるのだけれど…

我が家の義父母の居間にも 実家の台所にも神棚はあるけれど
皆 仏壇ほどかまってあげていないような(笑)
いまどきの家には 神棚などないのだろうか?

仏壇と神棚がある日本の家は
宗教にシビアな国から見れば
かなり摩訶不思議な状態だけれど…

お正月には初詣に行き お宮参りも七五三も神社で
合格祈願も神社のお守りを貰い~
それでも 神徒さんでない限り どこかのお寺の檀家さんであり
亡くなるときは お寺さんのお世話になる…

花の話から どうしてこういう展開になるのか 自分でもわからないけれど(笑)

ようやく春が訪れて 花々が咲き始め
ほかほかと暖かく 気分は↑向きで…
暑くなるまでの しばしの間は この季節を楽しみましょう~(^-^)/


 

# by nonkonogoro | 2014-04-14 20:54 | Comments(4)
昨日は吹田市にあるメイシアターーで開催されている
[World Music Series 2014]というイベントの「東欧の旅~音楽紀行」という
コンサートに行ってきました。

今日は バイオリンの熊澤洋子さんがメインなので
私のケーナの先生 きしもとタローさんは ギリシャの弦楽器ブズーキや東欧の笛の演奏をされました。

東欧諸国: ルーマニア ブルガリア ハンガリー トルコ マケドニア など
地図で場所を確認しないとわからないような国の音楽を演奏されました。

ダンス音楽が多いので アップテンポの曲が多いですが 静かなバラード系の曲は
しんみりと 心の奥深くに染み入るようなメロディです。

熊澤さんの左指が 軽やかにスピーディに 目にも留まらぬ早業で動いていきます。
すごいですねえ~

ハンガリーのチャールダッシュは有名な曲で 私も大好きです。
そして 「ひばり」というルーマニアの曲は ひばりの鳴き声をバイオリンで表現するのですが 本当に鳥がないているような錯覚におちいるほどです。(^-^)/

波の音などの効果音や さまざまな打楽器を使っての演出はパーカッション担当の田中良太さんです。

タローさんのブズーキは とてもきれいな螺鈿細工がほどこされていて素敵です。
もちろん音も遠くギリシャから響いてくるような~(笑)魅力的な深い音です。
ああ ほしいなあ~ でもネックが長すぎるし マンドリンと形は似ていても
押さえる場所が違うだろうし~ 飾っておくだけならいいけれど・・・
弾くのは無理かもねえ ( ̄▽ ̄)V


f0322282_08541481.jpg







# by nonkonogoro | 2014-04-13 08:56 | Comments(3)

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non