この頃思うこと cellonon.exblog.jp

主婦の何気ない日常のつぶやきです。


by non
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

「小磯良平展へ」

母を連れて お出かけしようと思ったけれど
長く歩くと疲れるようなので
できるだけ 駅近の場所を探して~

神戸の六甲アイランドにある 「神戸市立小磯記念美術館」へ
行くことにしました。
小磯良平さんは 神戸出身の画家なので
この辺りでは有名な方ですが
全国的には どうなんでしょうねえ。。。

優しいタッチの婦人像が多く
母も好きな作家さんなのです。

以前一度来た時は
そんなに作品数も多くなく これまでも知っているような絵が
ひっそりと 展示されていたように記憶していますが
今回は 没後30年の企画で この美術館の所蔵作品だけではなくて
全国から 集められた作品も多かったようで 盛りだくさんの内容と
なっていました。

展示は
三部屋ありましたが 一部屋見終わるごとに
そこに置かれてある椅子にすわって 休憩しました。
美術展というのは 高齢者には 結構疲れるものですよね。

小磯さんは 戦地に赴かれたそうで
兵隊さんを描いた作品も多かったです。
戦闘風景ではなく 兵隊さんたち歩いている姿などが 戦地の風景を背景に
描かれていました。

「踊り子」と題して バレリーナの少女たちも たくさん描かれています。


事前にチェックしたら
美術館と六甲ライナー(モノレール)のセット料金が
とても割安だったので それを購入。 ちょっと得した気分になれました。



f0322282_14442415.jpg












# by nonkonogoro | 2018-11-02 14:44 | Comments(2)

「鴨の泳ぐ池」

昨日は 徒歩30分ちょいの 安売りスーパーまで出かけました。
二年前まで 義母の入所していた施設の近くなので
あの頃は よく通った道ですが
今では たまに ふと 気が向いた時だけです。

スーパーに寄る前に
いつも近くの公園も覗いていきます。

ここには 小さな池があり
鴨が泳いでいるのです。

今日は買い物がメインなので
一眼レフは重くて 持ってこれませんでした。

鴨さんたちは(親子かなあ) 元気良く泳いでいました。
水紋が とてもきれいでした。
水は よどんでましたけれど(笑)


f0322282_17433517.jpg


買い物で重くなったカートを引きずりながらの帰り道
六甲山を見上げると
秋が深まっていく~ 素敵な色合いの風景でした。

f0322282_17443687.jpg


桜と同じく 紅葉も なかなか上手く写せませんが
やはり カラフルな桜の葉っぱを見ると
パチリっと したくなります。


f0322282_17435107.jpg


今日は マンドリンの練習に出かけた先の駅で
小学生の集団に出会いました。
駅の通路に 座り込んで 整列していました。
100人位いたかも~
とても賑やかでした。

練習帰りにも 同じ集団と出会いました。
生徒達は 赤・青・黄色の バンダナを頭に巻いています。
グループか何かで色分けしているのでしょうね。

どこへ出かけていったのかな~
楽しい風景でした。












# by nonkonogoro | 2018-10-30 17:52 | Comments(4)

「明石へ」

昨日は 
明石駅前でマンドリンのコンサートがあったので
出かけてきました。

とっても良いお天気だったので
早めに出て 明石城公園を散歩してもよいかも~とか
思っていたのに 何故か ギリギリになってしまって断念。

コンサート前に歩き過ぎて疲れてしまうと
演奏中に寝てしまうので まあ これで良し!と
納得していたけれど
それでも しばし 夢うつつ状態になったりもしました。

明石までは JRの新快速だと
私の最寄駅から 20数分~とても近いですが
用事がないと 訪れることもないので
久しぶりに明石駅に降り立ちました。

以前来た時より 賑わっているような感じを受けました。
駅前に大きなビルが出来ていたので 会場はここかな~と
思ったら 違っていて もう少し先の古いビルでした。

一階に入ると とても寂れた雰囲気で 階段しか見当たりません。
え~ 5階のホールまで 歩いて上るのはイヤだなあ~と
ひっそりと奥まったお店の方にお尋ねしたら
ちゃんと 別の入り口から エレベーターがあり ほっ! (^-^)

ホールは とても古そうだけれど
しっかりした造りで 天井も高く
いい雰囲気で  ゆったりと
マンドリン演奏を楽しむことができました。

帰りに 「魚の棚」に寄りましたが
日曜だし もう夕方だったので
店じまいしている所も多く

結局 買ったのは かまぼこ と 野菜(安かったのです)だけ。
魚の棚で 野菜を買うとは これいかに(笑)

かまぼこは 明石産で 固めでおいしそうでしたが
夫が全部食べてしまったので
さて どんな味だったのでしょう?





f0322282_08065198.jpg













# by nonkonogoro | 2018-10-29 08:07 | Comments(4)

「レースにご用心」

駅前のドトールで 軽くランチした後
水を飲もうと カウンターの隅に行ったところで

「あっ」という声がして
気がつくと 私のショールのレース部分が 
中年男性のバッグかリュックのボタンに からみついてしまっていた。

そこは狭い通路になっていて
その男性は 食べ終えたトレイを返却に来たようだ。

なんとか からみあった ボタンとレースを はずそうとしたけれど
なかなか無理なようで~
レースも ボタンも 黒かった~( ̄▽ ̄)V
その男性も私も 老眼世代。


老眼鏡を取り出そうかなと思った時
店員さんの救いの手が~
(通路をさえぎっている二人を 早くなんとかしたかったのだろう)

私は ショールをはずし
店員さんは 明るい場所で ボタンとレースを
ちゃんと はずしてくれました。

これが 若い二人なら 素敵な出会いになったかもしれないし
短気な二人なら ケンカになったかも。
相手が ×さんだと コワイ思いをしたかもしれない。

相手も私同様に 穏やかな性格で 本当に良かった~(^^)
自分のボタンの取り付け糸を切ってもらって良いからと 言ってくれたしね。
私はレースを切るのは 絶対イヤだったけど(笑)




原因となった ショールのレース部分

f0322282_15311119.jpg

手編みでざっくりした編み目のセーターや
レースのベストなどは
自分でも バッグなどに 引っかかって困ることがあるので
これからは もっと注意しないとね~

でも 今日の場合は
私は静止状態だったので 相手のせいだよねえ。

こんなショールをした方が 悪いのだろうか?










# by nonkonogoro | 2018-10-26 15:35 | Comments(4)
何年かぶりに マッタケを購入した(夫が)

先日 夕暮れ時 電車を降りて 駅前を通りかかると
懐かしい あの香りが 漂っている(ように思えた)
そのあたりの飲食店から 漂ってきたのか
幻聴ならぬ 幻臭だったのかもしれぬ(笑)

スーパーやデパ地下では
例年より マッタケの存在感が感じられる。
どうやら 今年は マッタケが豊作らしい。

わたしは 「マッタケ」 と書いているが
これは うちのパソコンでは 漢字変換できない。
何故かというと これは 関西弁らしい。
まつたけ とすると ちゃんと松茸と変換される。

ま それは どうでもよいのだけれど。。。


その駅前での マッタケの香りの話を 夫にしていたら~

先日 買ってきてくれた。
国産ではなくて アメリカ産だったけれど
ホイルに包んで 上部だけ開けて
蒸し焼き風にしたら
ちゃんと マッタケの香りがして おいしかった。

国産では 長野産だけ目に付く。
昔ながらの形状だけれど 安くなったとはいえ
やはり こんな少量なのに この値段は~という程に
高価なものだ。

私が子供の頃は
近くの八百屋さんから
小ぶりのカゴに詰めて 関東の親戚に送っていたのになあ。
スキヤキにも 結構思い切りよく入れてたのになあ。

少し前(10年以上?)は
丹波篠山に進物用に買いに行って
その おこぼれを味わったりもしていたものだけれど
最近は ずっと ご無沙汰だったので
久しぶりに 我が家で食べられて ちょっぴり 幸せ感が漂った。



 マッタケは あっという間に食べてしまったので 画像はなし。

 庭の片隅に咲いていた つわぶきの花です。

f0322282_08522798.jpg



 
これは その横に ひょっこり顔を出していた 桜の葉です。
  
こんな季節に 新芽が出てきたのねえ~
他の仲間は すでに紅葉しかけているというのにねえ。
ガンバレ! マイペースの葉っぱくん。



f0322282_08521489.jpg













# by nonkonogoro | 2018-10-25 09:13 | Comments(9)